おしゃれで機能的なカメラストラップのおすすめ20選

一眼レフやミラーレスにおすすめのデザインと機能性重視のおすすめストラップを紹介一眼レフやミラーレスにおすすめのデザインと機能性重視のおすすめストラップを紹介





カメラメーカーの純正ストラップはどこへ行っても他の人とかぶってしまうことが多いですよね。

私は人とかぶるのがあまり好きではないので、カメラを買った時に付いていたストラップは未開封のまま使っていません。

市販されているストラップはおしゃれなだけでなく、機能性の高いものもあります。

特に純正ストラップは長さが短いので、首からかけるスタイルになってしまい、首や肩の痛みが出ることも少なくありません。

おしゃれでかっこいい人気ストラップを20種類セレクトしました。

スポンサーリンク

一眼レフ用ストラップの選び方

まず、最初に一眼レフ用にストラップを選ぶときの目安と選び方をざっくり解説します。

使用する一眼レフのサイズや重さによって、ストラップの幅を変えます。

ストラップの幅の広さによって、つりさげる一眼レフの許容荷重が決められています。

細い幅のストラップにEOS80Dのようなミドルクラス一眼レフをつけると、許容荷重を超えてしまい、最悪の場合ストラップが切れてしまうこともあります。

ストラップ幅の目安

  • ミラーレス →  幅2cm以上のもの
  • 一眼レフ  →  幅3cm以上のもの

ストラップ幅と合わせて、耐荷重も見ておくと間違いありません。

お使いのカメラの重量と使用しているレンズの合計重量が、ストラップの許容荷重以内に入っていれば大丈夫です。

かっこいいデザイン重視で選ぶカメラストラップ 

素材別にかっこよくておしゃれなデザイン重視のストラップを厳選して紹介します。

男性でも女性でもどちらでも使えるおしゃれでかっこいいカメラストラップを厳選しました。

革・レザー素材のストラップ

一眼レフの存在に『高級感』を与えてくれる本革性のストラップを集めました。

スーツ姿でもカジュアルな服装にも合いやすく、ユニセックスの定番の革は長く使えば使うほどなじんでくるところが人気です。

TtsHaim Vintage 本革ストラップ

  • 素材:牛革
  • 幅:30mm
  • 長さ:1590mm

牛革素材でミドルクラスの一眼レフまで幅広く使えるタイプのストラップ。

革製でヴィンテージ加工されているので、長年使っていると徐々になじみが出てきて柔らかくなってくレザーならではの雰囲気を味わうのがたまりません。

どんな服にもなじむようなオールド系の茶色もいい感じです。

 

CANPIS レザーストラップ

  • 素材:革の上層
  • 幅:28mm
  • 長さ:1570mm

濃い目のブラウンが大人の雰囲気を醸し出す本革製ストラップ。

レザーのロゴラベルがついており、見た目の高級感も文句なしですが、ストラップとカメラの接合部に金属のリングを止めるため、カメラの傷に慎重な方は向いていません。

カメラボディが金属の作りでないタイプなら問題ありませんが、上位モデルのように金属ボディのカメラには使用に注意が必要です。

レトロな本革ヴィンテージストラップ

  • 素材:本革
  • 幅:33mm
  • 長さ:1050〜1300(調整可能)

ストラップ部分の幅は33mmとなっていますが、首の部分のみなので、重量のある一眼レフで使うよりはミラーレス一眼の方が向いているかもしれません。

アメ茶色の色合いはファッション性も高く、誰もが好む色合いです。

他に計7色あり、カラーバリエーションが多い点も嬉しいですね。

ベルトがついており、そこでストラップ自体の長さを調節することも可能です。

布・キャンバス素材のストラップ

布製やキャンバスで作られているストラップは、作り手の愛情が伝わってくるところがいいですね。

色味によってはシックなイメージにもなり、明るい色を選べばアウトドア系のファッションにも使いやすいので、個性を出しやすいことが布製ストラップの良い点です。

ミーナ 帆布カメラストラップ

  • 素材:帆布
  • 幅:35mm
  • 長さ:650〜1100mm(調整可能)

カメラストラップでは有名なミーナの布製ストラップ。

色は3色展開で、シックな黒、ネイビー、赤となっています。

ストラップにアジャスターがついているため、長さの調節ができ、ストラップの裏側はスウェード風の合成皮革を使っています。

そのため、滑ったりしにくく、長時間つけていても肩に負担がかかりにくい設計となっています。

ステッチ部分やロゴで色がプラスされていて、単なる布製ストラップではなく、センスの良さがにじみ出ていますね。

6号帆布 生成り色ストラップ

  • 素材:帆布
  • 幅:30mm
  • 長さ:1440mm

カメラストラップには珍しい生成り色がおしゃれな布製ストラップ。

ストラップ幅も30mmで安定しており、ストラップ真ん中あたりについているロゴがワンポイントのアクセントになっていておしゃれです。

人と違ったストラップがいいという人は、このストラップならそうかぶることはありません。

今までこの手の色のストラップを使っている人を私は見たことがないです。

私個人的には、かなりおすすめのストラップです。

エスニック・和風柄のストラップ

ちょっと個性を出したい人に特におすすめしたいのが、エスニック系・和風柄のストラップです。

そうそう人とかぶることもなく、私的に個性のかたまりではないかと思っています。

普段シンプルな服を着ている人でも、カメラと強い柄のストラップをかけていればワンポイントになって、おしゃれにも役立つストラップです。

ノーブランド エスニックカメラストラップ

  • 素材:記載なし
  • 幅:35mm
  • 長さ:700mm

エスニック柄のデザイン製の高いカメラストラップです。

ストラップ内側は撥水製のある素材を使用しており、汗をかいても染み込むことがなく季節を問わず安心して使うことができます。

一見、男性には似合わなさそうなイメージがありますが、白シャツなんかに合わせるとストラップだけでも色味を持たせることができるので、実はファッション製の高いストラップだと私は思います。

きれいめ系の服ばかり着る人には特におすすめのデザインストラップです。

Beaspire エスニック柄カメラストラップ

  • 素材:コットン
  • 幅:38mm
  • 長さ:700mm

同系色で7色のカラーバリエーションがあって、エスニック系からシンプルなストライプまで幅広いラインナップがウリです。

アジャスターはついていませんが、ストラップ先端で長さを調整することもできます。

1000円ちょっとで買える安いストラップにしては、なかなかの出来でとりあえずの1本として試すのにはおすすめです。

TP-STRAPS 和柄カメラストラップ

  • 素材:金襴生地
  • 幅:38mm
  • 長さ:650〜1350mm(調整可能)

和柄で有名な京都産のカメラストラップ。

金襴と呼ばれる着物でよく使われる有名な錦織りの素材を使用しており、正統な和柄ストラップです。

柄や素材だけではなく、ストラップも厚みがあり、一眼レフでもミラーレスでも使用可能。

絶対に他人とかぶりたくないという方には特におすすめな個性の強いデザインストラップですね。

n43×継渋 和柄カメラストラップ

  • 素材:アンティーク着物&古布
  • 幅:30mm
  • 長さ:960mm〜1310mm

本物の着物の生地を使用したカメラストラップ。

アンティーク着物の生地を使った他にはない強烈な個性を打ち出したコンセプトの和柄ストラップで、おそらく誰ともかぶることはありません。

肩からかけているだけで注目を浴びること間違いなしの一品です。

ストラップの長さも調節できるので、デザインだけでなく機能性も考えられたおもしろストラップです。

手編み・ハンドメイドのストラップ

ハンドメイドならではの質感を重視した手作り感あふれるストラップを集めました。

値段は少し高めですが、手作りにしか出せない独特の雰囲気を味わいたい方はぜひチェックしてみてください。

TP Original ハンドメイド本革+ナイロンストラップ

  • 素材:牛皮、ナイロン、金属
  • 幅:39mm
  • 長さ:1000〜1300mm(調整可能)

ハンドメイドでナイロン生地のストライプ柄ベースに牛皮と金属のアクセントを取り入れたデザイン製の高いストラップ。

イタリアを彷彿とさせるデザインがファッション性も高く、つけているだけでおしゃれな雰囲気になります。

金属部のアクセントがまたおしゃれで、カメラを持ち運ぶことが楽しくなること間違いなしです。

首や肩に負担の少ない機能性重視のカメラストラップ 

メーカー純正のカメラストラップは、首からかけるタイプのものがほとんどで、どうしても長時間になってくると首が痛くなったり肩こりになりやすくなります。

そんな悩みをバッチリ解決してくれる機能性重視のストラップを紹介します。

斜めがけができる速写ストラップ

首からかけるタイプではなく、肩からかけることで、首や肩の負担を最小限に抑えてくれるストラップを厳選しました。

ストラップの長さを瞬時に調節することができ、さっと撮影に入れることから速写ストラップと呼ばれている種類のものをセレクトしました。

C-Loop 回転ストラップマウント 速写グライドストラップ

  • 素材:メッシュ素材
  • 幅:25mm
  • 長さ:600〜1700mm(調整可能)

ストラップの幅は25mmとコンパクトですが、C-Loopと呼ばれる三脚穴に取り付けるコネクタの強度がものすごく強いため、耐荷重は82kgと強烈なスペックを誇ります。

海外製ですが、プロのカメラマンも愛用する人が多く、その信頼性は群を抜いています。

メッシュ素材を使っているため、夏場なども汗ばむシーンでも使いやすく、C-Loopは取り外しも数秒でできてしまうのでかなり便利です。

ストラップをつけた状態でカメラが下向きになるので、レンズがどこかにぶつかることもなく、傷の心配もありません。

私も使っていますが、もう他のストラップに目移りすることがなくなりました。

BLACKRAPID 速写ストラップ

  • 素材:ラバーモルド
  • 幅:25mm
  • 長さ:最大1600mm(調整可能)

ラバー素材のパッドで滑りにくく、通気性に優れた元祖速写ストラップ。

こちらもストラップをつけた状態だとカメラが下向きになるため、レンズの傷や損傷の心配がありません。

レンズフードをいちいち閉めなくてもそのままでも接触することがなくなるので、利便性第一に考え抜かれたストラップです。

三脚穴につけるところの金属部分がワンポイントになっておしゃれな点も嬉しいですね。

Ninja Strap 速写ストラップ

  • 素材:記載なし
  • 幅:38mm
  • 長さ:記載なし

公式ページに記載はありませんが、素材はナイロン系の生地になります。

ストラップ幅も38mmとかなり厚く、フルサイズの一眼レフはもちろん望遠レンズをつけても対荷重は問題ありません。

商品ページに記載はありませんが、素材は通気性も良く、年中通して使いやすいです。

速写ストラップの中でも7色のカラーバリエーションがあるのはNinja Strapだけなんですね。

機能性とデザイン性をどちらも欲しいという方にはおすすめのストラップです。

ちなみに先ほど紹介したC-Loopとの合わせ技で使うこともできます。

レンズの傷防止や人混みで活躍するおすすめアイテム

C-Loopと呼ばれる三脚穴に取り付けるタイプのアタッチメントなんですが、実はこれすごい優秀なやつなんです。

何がすごいかと言うと、三脚穴からカメラを下向きにぶら下げることができ、カメラが前に出っ張ることを防ぎます。

また、レンズも下向きにぶら下げることができるため、人混みの中でもそれほど邪魔にならずコンパクトに持ち運びができるところも嬉しい点です。

C-Loopは一眼レフを下づりできるマウント

取り付けイメージ

回転マウントC-Loopの取り付け方

取り付け方

取り付けと取り外しも三脚穴に数回まわすだけでつけられるので、とっさに三脚を使いたいときに外すのもそれほど手間になりません。

値段がちょっと高いのがキズですが、耐荷重80kgを超えるプロユース品なので、1つ持っていればいろんなストラップに付け替えることもできる万能アイテムです。

ミラーレス一眼レフユーザーにおすすめのカメラストラップ

ミラーレス一眼レフユーザーにおすすめしたいストラップをまとめて紹介します。

カメラ女子でも使える見た目がかわいい系のストラップを中心にセレクトしました。

ナイロン素材のストラップ

通気性も良くコスパもいいナイロン素材のストラップは、純正ストラップからのステップアップには最適です。

見た目もおしゃれで使いやすいストラップを集めてみました。

カムイン ナイロンストラップ

素材:ナイロン、牛革

幅:25mm

長さ:調整可能

耐久性の高いナイロン素材で、アウトドアにも最適なカラーも魅力的です。

カラーバリエーションはなんと16種類もあり、個性を出したいときはビビッド系の色、シンプルに行きたいときはモノトーン系などいろんな色が選べます。

ワンポイントに牛革素材を使っているので、ナイロンなのに安っぽさもありません。

CHUMS ナイロンストラップ

素材:スウェット、コーデュラナイロン、合皮

幅:38mm

長さ:560〜1080mm

ナイロンの7倍近い強度を持つと言われるコーデュラナイロンとスウェット素材をミックスさせて作られた一風変わったデザインストラップ。

スウェットなのでカジュアルな服装にはもちろん合いますが、セレクト系のきれい目な服装でもゆるい雰囲気をプラスすることができておしゃれに使えます。

色も7色展開となっており、服のコーディネートの幅が広がるのでおしゃれ好きなあなたにはぴったりかもしれません。

ヘンプ(麻)素材のストラップ

ヘンプ(麻)を使用したカメラストラップも見つけました。

ここで紹介するストラップはデザインが女性向けのものなので、カメラ好きの女子の方々向けになります。

tricote 生成りヘンプストラップ

素材:麻

幅:記載なし

長さ:1150mm前後(調整可能)

生成り色の麻素材のカメラストラップ。

夏場でも麻なので通気性が抜群で、汗をかいた時でもむれてジメジメすることもありません。

麻独自のチクチクした感じもないと言う口コミが多いので、肌の弱い方でも安心して使えます。

レース&スパイラルフリンジ ヘンプストラップ

素材:麻

幅:13mm

長さ:1120〜1118mm(調整可能)

手編み感むき出しの麻素材のフリンジストラップ。

ふんわりとしたイメージで、女性らしさを出せるガーリーな雰囲気のストラップです。

ストラップ幅は細身なので、オリンパスPENやルミックス、EOS Kiss Mなどの小ぶりなミラーレスにぴったりです。

迷彩柄のストラップ

ファッション性も高く、個性的な迷彩柄のストラップを集めました。

カジュアルなイメージはもちろん、服のワンポイントとしても使いやすい迷彩柄は男女問わず人気のアイテムです。

CIESTA ミリタリーカメラストラップ

素材:アクリル、牛革

幅:38mm

長さ:1600mm

シンプルに迷彩柄がプリントされたストラップですが、縫製部分は牛革を使用しており、耐久性は高くなっています。

首掛けはもちろん斜めがけもできるので、肩への負担を軽くすることもできます。

迷彩の色味が明るめの色なので、白色ボディのミラーレスには特にぴったりでおしゃれ間違いなしです。

ノーブランド カモフラ柄ストラップ

素材:記載なし

幅:38mm

長さ:720〜1050mm(調整可能)

素材は商品ページに記載がありませんでしたが、拡大写真を見た限りはアクリルだと思われます。

迷彩柄ですが、ポップで明るめの色使いがされており、どちらかと言うとリアルな迷彩柄というイメージになります。

飾り気なしのシンプルさで攻めたい方は値段も安いので、おすすめです。

MOUTH 迷彩カメラストラップ

素材:コーデュラナイロン、レザー

幅:40mm

長さ:1635mm

高級素材のコーデュラナイロンをふんだんに使っている迷彩柄の本格カメラストラップ。

肩ひもとの接合部分は、レザーを使用しており、色味のワンポイントにもなっていておしゃれです。

4色展開で迷彩柄以外のシックな色もあるので、好みに合わせて選べます。

人気商品なので、品切れが多いので再入荷の場合はマメにチェックする必要があります。

カメラストラップの付け方

カメラストラップはストラップによって、取り付け方が簡単なものもありますが、最もメジャーで信頼性の高い付け方を紹介しておきます。

報道結びやニコン巻きと呼ばれる付け方です。

迷彩柄ストラップを紹介したMOUTHさんが付け方の動画を配信されていたので、お借りしてきました。

一度だけしかストラップに通さないやり方もありますが、万が一落ちたり切れたりすると怖いので、こちらの付け方が一番安心です。

この付け方は、付けてしまうと取れることはありませんが、別のストラップに付け替えたいときは正直大変です。

そんなときは先ほども紹介した回転型マウントのC-Loopをかまして使うと、別のストラップにつけかえるのも楽々です。

こちら↓

おすすめカメラストラップ【まとめ】

デザイン、機能性別におすすめストラップをずらっと紹介してきました。

純正ストラップに数千円プラスするだけで、見た目の満足感はもちろん、体への負担も軽くすることができるのでストラップの買い替えはおすすめです。

いつも持ち歩きたくなるようなカメラにするためには、見た目の愛着は大切です。

持ち運ぶ回数が増えれば、写真を撮る機会も増えますし、自然と写真の上達も早くなります。

ぜひお気に入りのストラップを手に入れてくださいね。

 

カメラを買うと、ついついいろんなアクセサリーが欲しくなってしまいがちですが、アクセサリーを買い足してもカメラの上達は望めません。

基礎知識が付いてくると、今まで撮れなかったような写真が撮れるようになります。

カメラ教室に通うよりも安い講座を見つけたので当サイトで絶賛シェア中です。騙されたと思って見てみてください。

>>一眼レフを最短で使いこなす講座の詳細へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

一眼レフやミラーレスにおすすめのデザインと機能性重視のおすすめストラップを紹介一眼レフやミラーレスにおすすめのデザインと機能性重視のおすすめストラップを紹介

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。