常に持ち歩くのに便利なカメラ用アクセサリーのおすすめ8選





あなたはカメラを持ち歩くとき、何を入れて持ち歩いていますか?

カメラとレンズだけあればいい

究極はそうですが、あると助かるものもありますよね。

 

もしもの時のためにあると嬉しいものってなかなかイメージしづらいのではないかと思います。

そこで、私が常にカメラバッグに入れているおすすめグッズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

必ず持って行きたい必須アイテム

どんなカメラでも共通して持って行きたい必須アイテムは、ストラップ系とケース類です。

手持ちでカメラを持つのは万が一落としたときが怖いですし、手汗でカメラが汚れてしまうことも考えられます。

純正ストラップは人とかぶるのが嫌という方もおしゃれなデザインストラップがたくさん出ています。

 

ストラップ・グリップ

一眼レフにおすすめのカメラアクセサリー(ストラップとグリップ)

一眼レフは重いので、ストラップは必須アイテムです。

ただ、純正のストラップを長時間首からかけていると、今度は肩こりの原因にもなりかねないので、ストラップ選びは大切です。

デザインや機能性に富んだものまで種類も豊富なので、あなたにぴったりのストラップを見つけてくださいね。

おしゃれで機能的なカメラストラップのおすすめ20選

2016.07.26

 

ストラップと合わせて便利なアイテムが、ハンドグリップです。

ハンドグリップを使えば、片手でカメラを持つことができますし、肩や首への負担も軽減することができます

値段も1000円前後で売っているので、ストラップと併用するとさらに便利です。

 

インナーケース

一眼レフにおすすめのカメラアクセサリー(インナーケース)

専用のカメラバッグを持っている場合は必要ありませんが、普段使いのカバンをカメラバッグにも兼用したい方は安いので買っておいた方がいいアイテムです。

インナーケースは名前の通り、カバンの中に仕切りを作ってカメラやレンズを収納することができるものです。

 

カメラバッグはおしゃれで可愛いものを選ぶと、値段が高いんですよね。

欲しいなと思うカバンはありますが、とても手が出ないので私は普段使いのトートバッグにこれを入れて使っています。

インナーケースがあれば、他にものを入れていてもカメラと接触することもなく安心です。

 

あると役立つ便利アイテム

普段必ず持ち歩きたいというほどのアイテムではありませんが、あったらいざという時に便利なアイテムを紹介します。

風景写真を撮るときや旅行など移動する機会が多い時に重宝するものを中心にセレクトしました。

 

ブロワー

一眼レフのメンテナンスに役に立つおすすめアイテムのブロワー

ブロワーも一脚と同じで、本当はクリーニングクロスやレンズペンを持ち歩いた方が確実なのですが、たいそうになってしまい、面倒です。

外に出ているのにわざわざクリーニングクロスでふきふきして、ブロワーで埃とばして…なんてしないですよね。

 

なので、一番簡単に汚れを落とせるブロワーがおすすめです。

 

万が一、砂等が入った時でもブロワーがあれば問題ありません。持ち運びも軽いので、気軽に持ち出せます。

小さいサイズだと噴射量が少ないので、大きめのLサイズがおすすめです。

 

三脚・一脚

風景写真などにおすすめの一眼レフアクセサリーは三脚風景写真などにおすすめの一眼レフアクセサリーは三脚風景写真などにおすすめの一眼レフアクセサリーは三脚

普段使いに三脚を常に持ち歩くのは、結構面倒です。

でも、長時間カメラを使う場合は三脚を持って行った方がいいので、使う時間や場所によって選んでください。

もちろん三脚の方がいいのですが、できるだけコンパクトに持ち運びできて、すぐに使えることが大前提なので、私は一脚を持ち歩いています。

 

安い物でも全然オッケーですが、持ち運びが楽な方がいいので折りたたんだ状態がコンパクトなものを選んだ方がいいです。

私のおすすめ一脚はこちら。

ベルボン製おすすめ一脚ウルトラスティックスーパー8のレビュー

2016.08.01

 

今私が狙っているコスパ抜群の自由雲台付きの三脚がこれです。

 

小型のポーチ

一眼レフと一緒に持ち歩きたいおすすめアイテムの小型ポーチ一眼レフと一緒に持ち歩きたいおすすめアイテムの小型ポーチ

ポーチと言うと、女性の化粧品入れというイメージを持ちがちですが、一眼レフのアクセサリーとしてはかなり便利です。

PLフィルターなどの各種フィルターやレンズクリーナーの小さいものをカメラバッグに入れると、いざ取り出す時に迷子になってしまうことが多いんです。

 

そんな時に小物ばかりをポーチに入れておくと、さっと取り出せてカメラに傷がつくことも防げます。

旅行用のポーチとしても兼用できるので、1つ持っておくと何かと便利なアイテムです。

 

マスキングテープ

一眼レフと一緒に持っておきたいピント合わせに便利なマスキングテープ

マスキングテープは、普段の撮影ではなかなか使うことはないかもしれません。

ただ、蛍の撮影や花火の撮影など特殊なものを撮る時には必須アイテムです。

とは言いながらも、意外と使えるのがこのマスキングテープ。

 

レンズキャップを外して、カバンの中に入れると次探すのに下の方に入って、あれ?どこいった?ってなること多いんです。

そんな時なんかにカメラバッグの上の方にマスキングテープで止めておくと、欲しい時にすぐに取り出すことができます。

 

他にもボールペンなどよく使いそうなものをカバンの上に張り付けておいたりするのによく使っています。

本来の使い道と違うかもしれませんが、他にもいろいろと使えるシーンが多いのでマスキングテープはおすすめです。

 

ミラーレス一眼レフにおすすめのアクセサリー

私が使っているソニーのα7 Ⅱなど、ミラーレス一眼レフに特におすすめしたいアクセサリーはバッテリー関係です。

ミラーレス一眼レフは特に電池の持ちが悪く、1日持たないことも普通です。

 

予備バッテリー

ミラーレス一眼レフにおすすめしたいアクセサリーは予備バッテリー

一眼レフもモデルによってバッテリーの持ちは違いますが、特に私のようなミラーレス使いについては、とにかくバッテリーの消耗が激しいです。

一眼レフはバッテリーもそこまで一気に減ることはありませんが、バッテリーの残量を気にしながら撮影していると気が散って集中できなくなります。

そういった意味でも、予備バッテリーは1つ入れておきましょう。

どこにACアダプタがあるかもわからないので、長時間の外出の時は念のために充電器も持参するようにしています。

 

モバイルバッテリー

一眼レフと一緒に持っておきたいおすすめアクセサリーのモバイルバッテリー

充電器を持っていっても充電できない時のためにモバイルバッテリーもあると嬉しいですね。

モバイルバッテリーとは、主にスマホなどをUSBで接続して充電することができる携帯用のバッテリーです。

 

最近のものは出力の高いモデルが増えてきているので、一度に2台のスマホを充電したりすることができるようになっています。

ソニーの一眼レフは、アンドロイドと同じ形状の充電コネクタがついているので、モバイルバッテリーから充電ができます。

モバイルバッテリーは基本充電時間が早いので、すぐに使いたい一眼レフの充電には持ってこいなんです。

私が普段から愛用しているおすすめのモバイルバッテリーはこちらです。

 

まとめ

お出かけした時は、あ、これがない!って思うことがよくあったので、今回あればいいなと思うグッズをまとめて紹介してみました。

もちろん、撮りたいものが決まっている時は必要なものはちゃんと持っていく必要があります。

事前に必要なものはリストアップする癖をつけておくといいと思います。

私もよく抜けがあるので、メモに書いたりしています。

全く関係ありませんが、iPhoneを使っている人はメモのアプリにチェックリストを作れる機能が入っています

便利なので、チェックリストを作っておくと、iPhone上でチェックを入れることができておすすめです。

 

一眼レフなのにうまく撮れない 一眼レフは専門用語が多くてわからない 一眼レフが上達できない 一眼レフ下手だった僕が上達できた理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。