一眼レフ用中型三脚スリックプロ500HDNをレビュー





一眼レフを使いこなすために三脚は必須アイテムです。

三脚と一言で言ってもかなりの種類があります。

中級機以上の一眼レフを使っていると、安い三脚ではどうも役不足…でも何を選んだらいいのかわからない。

そんな人もいらっしゃるはず。

今回は私が使っているおすすめ三脚を紹介します。

スポンサーリンク

三脚の選び方

まず三脚の選び方についてお話しておきます。

とにかく数が多い中で何を見るべきか?わからないですよね。

大事なポイントは2つ。

重さと高さです。

その次にクイックシューや雲台等を比べます。

スリックプロ500HDNのレビュー

では、私が実際に使っている三脚のスリックプロ500HDNをレビューしたいと思います。

アルミ素材を使っており、3ウェイ雲台モデルで三脚の中では真ん中くらいのレベルになります。

初心者はもちろん中級者まで幅広く使えます。

スリックプロHDN最大高

足も太く、見た目はかなり高級なイメージです。

ではまずスペックから。

カタログスペックの解説

基本的なスペックはこちら。

対応する機材耐荷重最大高最小高三脚の重さ雲台
一眼レフ+500mmまでの望遠レンズ4kg1649mm354mm2680g3ウェイ雲台

対応する機材は一般的な一眼レフ全てに対応しています。

プラス500mmまでの望遠レンズを付けても問題ないレベルです。

ほぼ全てのシーンに対応できます。

耐荷重も4kgまでいけますので、フルサイズ機でも問題なしです。

次に最大高と最小高についてです。

最大高は、一番背の高い状態。

MAXは1649mmなので女性には少し高いかなというレベルです。

背の高い男性でも十分に使える高さであることがわかります。

最小高は354mm。重さは2680gと少し重いです。

電車などで持ち運ぶには少ししんどいかもしれません。

このスペックなら仕方ないレベルですが…

雲台は3ウェイです。

上下と左右に個別にハンドルがついています。

上下を固定して、その次に左右を固定する

このような使い方が可能です。

きっちり構図を決めて使う時には最適です。

使ってみた感想とレビュー

スリックプロHDN携帯時

スリックプロ500HDNを使ってみた感想をレビューします。

初見は大きいなと思いました。

重さもあり、どっしりした感じでした。

しかし、今思うと一眼レフの三脚として使うなら、このくらいはないと不安になります。

必要以上に機能もあり、使いこなせるようになるまでは大変でした。

低くても高くても使える万能三脚

伸ばして使っても縮めて使っても使い勝手のいい三脚です。

伸ばして使うと、男性であれば肩から鼻くらいまでの位置にカメラがきます。

女性は少し短めに調節できるので、短くすれば問題ありません。

最小高は、354mmです。

とにかく低いです。

ローアングル撮影にも効力を発揮してくれます。

わかりにくいので写真をご覧ください。

スリックプロHDNの最小高

かなり低いですよね。

階段で言うと、2段分くらいの低さです。

この高さなら、わざわざひざをついて構えることもなくなります。

3ウェイ雲台で構図決めがしやすい

スリックプロHDNの接合部

雲台とは、呼ばれるカメラをのせるところのことを指します。

雲台には2種類あります。

自由雲台と3ウェイ雲台

自由雲台はボールのようなものがついており、角度を自由に変えることができます。

ただ、上下左右をかっちり固定したいときは安定しにくいというデメリットがあります。

スリックプロ500HDNは、3ウェイ雲台です。

3ウェイ雲台は、上下左右それぞれ個別にハンドルがあり、個別に角度を決めて固定することができます。

ころころ構図が変わる動きものの撮影時などは使いにくいですが、普通のシーンでは使いやすくおすすめです。

 

スリックプロHDNクイックシュー

クイックシューがあるので、カメラの取り付けも簡単です。

緑色のものは水準器になります。水平をとるときに重宝します。

足も太く安定する

スリックプロHDNの足部

スリックプロ500HDNは、三脚の足が太いです。

太いと、やはり安定します。

三脚の足が細いとどうなるか?

背を高くして使う時に先端がぶれやすくなります。

ちょっと角度を変えたりする時など特にぶれやすくなります。

また、三脚の足にカバーもついているので滑り止めにも貢献しています。

冬場に触る時でも直接パイプに触れないので冷たくもありません。

動画撮影にも最適

スリックプロHDNのフリクションコントロール

スリックプロ500HDNは、動画撮影にも適しています。

その理由は、フリクションコントロールという機能です。

もともとオイルフリュード機構という作りになっていてハンドルを動かす時に、少し重たく作られています。

ビデオを撮る時は軽々動くとぶれやすいためです。わざとハンドルが重めに作られています。

さらに、その重さをダイヤルで調整することが可能です。

これがフリクションコントロールです。

写真のダイヤルをくるくると回すと、ハンドルの重さが変わります。

自分の力加減に合わせた重さに設定することによって動画撮影時の動きを滑らかにすることができます。

スリックプロ500HDNは現在廃盤になっていてもう販売されていないので、同等後継商品を紹介します。

スペックは500HDNよりバージョンアップしています。

価格帯も比較的お手頃で初心者にも使いやすいです。廉価版の三脚をお使いの方のステップアップには最適ですね。

 

カメラを買うと、ついついいろんなアクセサリーが欲しくなってしまいがちですが、アクセサリーを買い足してもカメラの上達は望めません。

基礎知識が付いてくると、今まで撮れなかったような写真が撮れるようになります。

カメラ教室に通うよりも安い講座を見つけたので当サイトで絶賛シェア中です。騙されたと思って見てみてください。

>>一眼レフを最短で使いこなす講座の詳細へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。