【カメラ選びの基本】イメージセンサーの種類をサイズ別に比較





一眼レフをはじめ、カメラを選ぶ時にはまずどの程度の写真が撮れるのかを知っておく必要がありますよね。

カメラを選ぶ時に結構重要なのが、『イメージセンサー』です。

また意味の分からない言葉が出てきましたが、これから一眼レフを始めようと思っている人も、一眼レフを買ったという人も是非知っておいていただきたい言葉の1つです。

イメージセンサーは、カメラの画質を変える1つの目安となります。

イメージセンサーの種類やサイズ、どんな写真を撮るのに向いているのかを各サイズごとに詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

イメージセンサーがカメラの画質を左右する

カメラのイメージセンサーについての解説

イメージセンサーと聞いても、何のことかわからないものです。

ざっくり言えば、イメージセンサーは半導体でパソコンやスマホの中に組み込まれている部品のようなものです。

イメージセンサーは、レンズから入った光を電気信号に変換する半導体(撮像素子)です。人間の眼でいえば網膜に相当する部分で、その性能がデジタルカメラで撮る写真の画質を大きく左右します。

マイナビニュース〜今さら聞けないスマートフォン用語より引用

つまり、このイメージセンサーの性能やサイズの違いによってカメラの画質が変わってくるということです。

よく2400万画素もあるからきれいに写るとかいう話を聞きますが、あれは半分正解で半分不正解です。

結論、画素数もイメージセンサーによりけりなので、イメージセンサーのサイズの違いがカメラの画質に決定的な違いをもたらすということになります。

具体的にカメラに搭載されるイメージセンサーの種類をサイズ別に見てみましょう。

イメージセンサーの種類をサイズ別に解説

イメージセンサーの種類

photo credit:デジカメの教科書

イメージセンサーの大きさによって画質やぼけ方、価格などに違いが出てきます。

一眼レフカメラのレンズをはずすと、図のようなイメージセンサーが見えます。このイメージセンサーのサイズによってカメラの画質は変わってきますよ。

大きいほど、画質はきれいになります。市販で売られているカメラのセンサーサイズは主に7種類あります。

イメージセンサーのサイズ比較

上から順にサイズが大きくなっており、画質も良くなります。

  1. 35mmフルサイズ
  2. APS-C
  3. マイクロフォーサーズ
  4. 1インチ
  5. 1/1.7
  6. 1/2.3
  7. 1/3

それぞれのイメージセンサーのサイズごとに代表的な機種、値段帯、特徴を見ていきたいと思います。

35㎜フルサイズ(36mm×24㎜)

EOS 5Ds

一眼レフの中でも高級機に使用されることが多いのが35mmフルサイズセンサーモデルです。

交換レンズも全てこの35㎜フルサイズを基準として設計されています。

プロのカメラマンやハイアマチュアの方に向いています。交換レンズの値段もかなり高いです。

私もこの前ソニーのα7Ⅱでフルサイズデビューを果たしましたが、カメラ本体も高いですが、交換レンズもとにかく高く、維持費はかかります。

センサーのサイズが大きいので、画質がいいことはもちろん、背景のぼかしもダントツできれいに撮影ができます。

代表的な機種と値段帯

Canon EOS1D、5D、6Dシリーズ

ニコン D850、710、610

ソニー α7シリーズ、α99シリーズ

平均価格帯 17万円〜35万円

APS-C(23.6mm×15.8mm)

EOS 7D Mark Ⅱ

一眼レフの中でもエントリーモデルに使われるセンサーで、フルサイズと比べるとかなり安い値段で買うことができます。

レンズの交換もでき、本格的に一眼レフとしての撮影ができます。

一眼レフ初心者から中級者までおすすめできるタイプです。交換レンズの種類も豊富で値段も安めとなっています。

代表的な機種と値段帯

Canon EOS Kissシリーズ、80D、8000D、9000D、Mシリーズ

ニコン D3400、D5300、D7500など

ソニー α NEXシリーズ、α5100、α6500、α77 Ⅱ

平均価格帯 5万円〜20万円

センサーサイズはフルサイズと比べると劣りますが、画質も良く、オートフォーカスも早いものが多いので、初心者から中級者まで幅広い人気があります。

背景をがっつりぼかしたような一眼レフらしい写真もこのクラスなら簡単に撮れます。

マイクロフォーサーズ(17.3mm×13mm)

オリンパスpen

主にオリンパス・パナソニックのミラーレス一眼で使用されている規格で、コンパクトなサイズ長がら本格的な一眼らしい写真も撮れます。

見た目のデザインもおしゃれなモデルが多く、一眼レフのようなゴツゴツしたイメージはありません。

女性やおしゃれ感覚で街撮りスナップなどの用途におすすめです。ポケットに入るサイズも魅力的。

ただイメージセンサーが小さいからと言って画質が悪いというわけでもなく、なかなかの写りをしてくれます。軽量コンパクトという点で、カメラ女子に人気があるのもこのタイプです。

代表的な機種と価格帯

パナソニック DMC-GX8、DC-GF9、DMC-GX7 Mark Ⅱ

オリンパス PENシリーズ、OMDシリーズ

平均価格帯 3万円〜20万円

値段帯は安めですが、オリンパスのOM-Dシリーズはマイクロフォーサーズの中でも高性能モデルとなっており、機種によっては20万円近いものもあります。

1インチ(13.2mm×8.8mm)

DSC-RX100

高級コンデジと呼ばれるジャンルに使われているセンサーが1インチデジカメです。

コンデジというと画質も悪く、スマホの方がいいんじゃないかと思いがちですが、1インチセンサーモデルは格が違います。

レンズが良く、ファインダーがつくモデルもあり、APS-Cモデルよりも値段が高くなる機種もあるほどです。

スナップ用に一眼レフのサブ機として使うのにも最適です。コンパクトでも画質に妥協したくない中級者以上の方におすすめです。

代表的な機種と価格帯

Canon Powershot G3X、G5X、G9Xなど

ニコン Nikon 1シリーズ

ソニー DSC-RXシリーズ

平均価格帯 5万円〜15万円

価格的にはかなり高いのですが、最近需要があり良く売れているモデルです。

ボディサイズは小さいけど、撮影モードや機能にかなりのこだわりが凝縮されています。

一眼レフを持っていくには荷物になるけど、ちょい出の時のお供には最適なので、2台持ちにはいいかもしれません。知り合いはバイクに乗る時の風景画用に、これを持っていっているそうです。

1/1.7インチ(7.6mm×5.7mm)

オリンパスSTYLUS

一般的にコンデジに使用されていますが、主にハイエンド向けのコンデジに使用されています。

普通のコンデジよりもハイスペックなコンデジに採用されているのが、1/1.7サイズのセンサーです。

業務用だけど、製図やある程度の画質が必要なシーンには特におすすめです。ボディサイズはコンパクトです。

代表的な機種と価格帯

Canon Powershot G1 X Mark Ⅱ

オリンパス STYLUSシリーズ

平均価格帯 4万円〜7万円

Canonは独自で1/1.5インチの設定となっています。サブ機としてもメイン機としても両立が可能なレベルです。

1/2.3インチ(5.9mm×4.4mm)

ニコンCoolPix

普通のコンデジからちょっと画質の良いコンデジに採用されているのが、1/2.3インチサイズです。

一般的なコンデジのスタンダードサイズとなっており、良く普及しているモデルはだいたいこのサイズになっています。

カメラは欲しいけど、大きいカメラはいらない人やコンデジサイズがいいという方にはおすすめです。

コンデジとしての種類も多く、値段帯もピンからキリまであります。

最近のアンドロイドスマホのXperia Z5シリーズでは、なんとこの1/2.3型のイメージセンサーが使われています。

代表的な機種と価格帯

Canon IXYシリーズ、Poweshot SXシリーズ

ニコン COOLPIX Aシリーズ、Pシリーズ、Wシリーズ

ソニー サイバーショット Wシリーズ、HX、WXシリーズ

平均価格帯 2万円〜5万円

Xperia Z5に使われているところからも最新のスマホのカメラでもきれいな写真が撮れることがわかりますよね。

1/3インチ(4.8mm×3.6mm)万人向け

スマホのイメージセンサーのサイズ

コンパクトさから、スマホのカメラ等によく使用されています。

センサーサイズだけ見ると、他のカメラとは歴然とした差があります。

スマホで撮影してもスマホ上ではきれいに見えますが、パソコンへ転送したり、大きなサイズで現像等する場合は、その画質の差がよくわかると思います。

逆に日頃スマホで撮影している写真がきれいだと思っていても、実際数値で見てみると、かなりギャップがあることがわかっていただけたかと思います。

ただ、Xperiaシリーズのように今後発売されるスマホのカメラは徐々にサイズアップしてくると思うので、コンデジ以上の画質になることも考えられます。

【目的別】イメージセンサーから見たカメラの選び方

主要な7つのイメージセンサーの種類とサイズを見てきましたが、この中でどれを選べばいいか良くわからない人もいるかと思います。

イメージセンサーから見て私が考えたおすすめのカメラをタイプ別に紹介したいと思います。

主な撮影目的別に考えてみました。

子供や風景が撮りたい

子供や風景をメインで撮りたい方は、APS-Cの一眼レフがおすすめです。

APS-Cのカメラなら、広角レンズから望遠レンズまで幅広くラインナップされており、レンズの値段も比較的安めなので、様々なシーンに対応できます。

子供は良く動くので、シャッタースピードやオートフォーカス性能がある程度求められます。

コンデジやスマホでは思い通りにコントロールできない場面もあるため、APS-Cのカメラを選んでおけば間違いはありません。

子供から風景まで幅広く撮りたいならAPS-C

ふとしたスナップ写真が撮りたい

ちょっと街へカメラを持ち出して、ふとした瞬間のスナップ写真を撮りたい方は、マイクロフォーサーズがおすすめです。

レンズの交換もでき、ボディサイズ自体はかなりコンパクトにできており、背景をぼかした一眼レフらしい写真も撮れます。

街並みに溶け込むデザインやポケットやカバンに簡単に入る点もマイクロフォーサーズのカメラのメリットです。

おしゃれスナップにはマイクロフォーサーズ

高画質にこだわりたい

どうせ撮るなら、高画質がいいという人はフルサイズの一眼レフを買うと間違いありません。

APS-Cモデルでも十分に高画質で撮影できますが、フルサイズになると人の輪郭や髪の毛など、くっきり臨場感のある写真が撮れます。

普通にパシャりと撮った写真でも、比べるとその差は歴然です。

解像度をフルに活かした写真や高精細な写真が好きな方はフルサイズを選びましょう。

カメラ本体の値段は高いですが、必ず満足のいく写真が撮れますよ。

高画質・高精細にこだわりが強い方はフルサイズ

コンパクトにこだわる

コンパクトにこだわって、かつある程度高画質も欲しいという方は、1インチサイズのカメラが最適です。

コンデジなのに絞りやシャッタースピード、光学ズームなどあらゆる細かな設定もでき、一眼レフに引けをとらないレベルです。

一眼レフのサブ機として使う人も多く、ちょっと外出する時などに持ち運べる点もコンパクトさゆえだと言えますね。

コンパクトでも高画質に撮りたい方は1インチデジカメ

カメラのイメージセンサーの違い 【まとめ】

スマホ、コンデジ、ミラーレス、一眼レフとイメージセンサーの違いを見てきましたが、それぞれのサイズを活かした撮影方法があります。

撮影場所やシチュエーションを考慮して、臨機応変に使い分けをしていくといろいろな写真が撮れておもしろいと思います。

イメージセンサーの大きさで画質は変わりますが、同時に価格も変わることを忘れがちです。

普段どんな場面で写真を撮るかを考えると、よりイメージも湧きやすくなるので1つの目安にしてくださいね。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>買い切りでずっと使える一眼レフ上達講座の詳細はこちらへ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。