ミラーレス一眼vs一眼レフ 同じ一眼レフで何の違いがあるの?





一眼レフと一言で言っても、一眼レフ(デジイチ)とミラーレスの2つの種類があります。今回は同じ『一眼レフ』であるのに何が違うのかを少し詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ミラーレス一眼とは何?

名前の通り、ミラーがレス(ないん)です笑。シンプルですが、この一言に尽きます。

デジイチはイメージセンサーの前にミラーがあり、レンズから見えるものがファインダーを通して見えるような仕組みになっています。

液晶を見ながら撮影するのではなく、ファインダーを覗き込んで撮影することができるのはデジイチの醍醐味です。反射ミラーを使い、レンズの情報をファインダーへ送る構造があるためです。

一方のミラーレス一眼は、反射ミラーがないため、デジイチのようにファインダーを覗き込んで撮影することはできません。カメラ内部の構造については、下記の図が参考になります。

how-to-choose-a-digital-camera_02

photo credit:my pocket

この反射ミラーがないことで、本体が軽量化でき、価格的にも安く作ることが可能となります。

サイズの違い

反射ミラーが組み込まれている分、デジイチはサイズ的に大きく重くなります。反対にミラーレス一眼はその分軽量化ができるため、デジイチと比べるとサイズも小さく軽く作ることが可能です。

ミラーレス一眼はその特性を活かして、コンパクトなモデルが主流となっています。

 

ミラーレスと一眼レフ

私の持っているカメラですが、左が一眼レフ(APS-C)で右がミラーレス一眼です。サイズ感は伝わりにくいですが、本体の薄さで見ても、ミラーレスの方がかなりコンパクトになっていることがわかると思います。

ファインダーの違い

ファインダーとはカメラについている覗き穴のことです。

光学ファインダーと電子ファインダーの2つがありますが、まずその違いについて簡単に説明しておきます。

ミラーレス一眼は基本的には電子ファインダーを搭載したモデルが多いです。高級機では、光学ファインダーが搭載されているものもあります。

光学ファインダー

光学ファインダーは、主に一眼レフに搭載されているファインダーになります。

光学ファインダーは覗き穴のことで、レンズを通して直接被写体を見ることができます。

被写体の動きにタイムラグがない状態でシャッターを切ることができることが特徴ですが、構造上、どうしても本体が大きくなってしまいます。レンズを通して覗いているものをそのまま撮影できるため、動いているものの撮影でその力を発揮します。

電子ファインダー

電子ファインダーはコンデジによく搭載されているファインダーです。ファインダーが液晶で写し出されるタイプのものです。ミラーレス一眼も基本的には電子ファインダーを搭載しています。

電子ファインダーは撮影前におおよそのプレビューが見れたり、明るい場所でも液晶なので撮影イメージの確認がしやすいことがメリットです。

ただ、デジタルデータ化された映像で撮影イメージを確認するので、シャッターを押す時にわずかにタイムラグが発生してしまいます。まれに液晶に写ったイメージがカクカク動いてしまったりということもあります。

液晶に写っているものをそのまま撮影することができるので、カメラ初心者には扱いやすい機能です。

画質の違い

画質についてはイメージセンサーのサイズによるため、一概に言えませんが、デジイチの方が画質はいいモデルが多いです。

ミラーレス一眼でもイメージセンサーが小さいものばかりではなく、APS-Cやフルサイズセンサーのものもあります。さっき紹介した私が持っているミラーレス一眼は、ミラーレスですが、フルサイズのセンサーを搭載しているくせものモデルです。

マイクロフォーサーズ以上のセンサーモデルであれば、総じて画質はいいです。画質についても厳密に数値で基準が出せないですが、L判程度のサイズであれば、どのカメラでも大差ないと思います。違いが出てくるのは、A3やポスターサイズくらいに伸ばした時くらいのものです。

ぼけ感の違い

これについても、イメージセンサーの大きさと搭載されているレンズによりますが、キットレンズでも単焦点レンズはF値が低いものが出ているので、F2.8よりF値が低いものであれば背景はぼかせます。

ただ、どうしてもデジイチのぼけと比較すると、ぼけ方は弱いです。

ぼけについては、カメラ本体も影響はしますが、レンズによるところが大きいと思います。

ミラーレス一眼のメリット

本格的な撮影ができないことはありますが、ミラーレスにはデジイチにはないメリットが結構あります

軽量でコンパクトなため、持ち運びしやすい
手軽にきれいな写真が撮れる
価格帯が安い
見た目のデザインがおしゃれなものが多い

いずれはデジイチを使ってみたいけど、いきなりは怖いから、ミラーレスから始めてみようというような位置づけで買うのが無難にいいかもしれません。

ミラーレスを使いこなせるようになってくると、撮影モードや変わった写真を撮ったりなど、ミラーレスでは役不足になってきます。ミラーレスで役不足になった頃には、きっとあなたのカメラに対する知識は格段に増えていると思います。

最初から難しいデジイチを買っても、使いこなす前に飽きてしまっては元も子もありません。宝の持ち腐れとならないようにカメラ選びも慎重になりたいものです。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>買い切りでずっと使える一眼レフ上達講座の詳細はこちらへ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。