EOS9000DとKiss X9iを前機種と比較してみた





一眼レフ初心者のみなさん、お待たせしました。と、言いたくなるほどナイスにパワーアップして発売された新型Canon製一眼レフ2機種を紹介します。

EOS9000DとEOS Kiss X9iの2機種です。

EOS9000Dについては、発売前は77Dとかいろんな情報が噂されていましたが、4桁シリーズの8000Dの後継機種として発表、またEOS Kiss X9iはKissシリーズのハイエンドモデルとして発売されました。

どちらも位置付けとしては、エントリーモデルですが、スペックを調べていくと、もはやこれミドルクラスやなって感じです。

これから一眼レフを始めるという初心者の方から、慣れた中級者の方までバッチリ対応できるEOS9000DとKiss X9iを前機種と比較しながら紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

EOS9000Dの詳細

EOS9000D正面

外観は前機種のEOS8000Dと大きくは変わりませんが、サブディスプレイやオートフォーカスボタン、操作ダイヤルなど、操作性を良くするための工夫がかなりされています。

これらの変更はミドルクラス一眼レフ向けの仕様と言っても過言ではありませんね。エントリーモデルには使われないものばかりです。

EOS9000D 背面EOS9000D上面
EOS9000D 背面EOS9000D 背面

過去モデルの70Dや80Dクラスには全てついている機能ばかりですが、エントリーモデルでついたのはおそらく9000Dが初めてです。

気になる値段は?

EOS9000Dの気になる値段は、ボディ単体で10万円前後、レンズキットで買うと13万ほどになります。

 

EOS9000Dボディのみ 10万円前後

ダブルズームキット(EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM) 12万円前後

18-135USMキット(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM) 13万円前後

 

エントリークラスの値段とは言い難いですが、その性能には眼を見張るものがあります。では、早速EOS9000Dの実力を前機種のEOS8000Dと比較しながら見ていきましょう。

EOS9000Dのスペック

基本的なスペックについては、EOS8000Dとほぼ同じです。良くなっているところのみを比較表でまとめてみました。

有効画素数約2420万画素のAPS-Cセンサーを搭載したエントリークラスの一眼レフというのは8000Dをそのまま踏襲しています。

 EOS8000DEOS9000D
映像エンジンDIGIC 6DIGIC 7
動画フレームノート30p60p
タイムラプス動画なし撮影可能
AF(ライブビュー)ハイブリッドCMOS AFデュアルピクセル CMOS AF
連写機能最高約5.0コマ/秒最高約6.0コマ/秒
ISO感度
100〜12800100〜25600
AF(測距点)19点45点
Wi-Fi機能Wi-FiWi-Fi+Bluetooth
撮影可能枚数
(ファインダー)
550枚820枚
質量(本体のみ)520g493g

フォトギャラリー

EOS Kiss X9i レンズなし
EOS Kiss X9i 背面
EOS Kiss X9i 18-55mmEF-S 18-55mm装着時
EOS Kiss X9i 55-250mmEF-S 55-250mm装着時

EOS Kiss X9iの詳細

EOS Kiss X9i正面

ファミリーモデルとして発売されているEOS Kissの最上位機種になります。

Kissシリーズと言うと、どうしても初心者向けで何か物足りないなって思いがちですが、今回のモデルはファミリーモデルにしては群を抜いた高スペックになっています。

EOS Kiss X9i 上面EOS Kiss X9i上面
EOS Kiss X9i背面EOS Kiss X9i背面

バリアングル液晶など外観上は大きな変化はありません。このモデルに関しては、機能が大幅にグレードアップしています。

気になる値段は?

EOS Kiss X9iは、9000Dと比べると値段は少し安めの設定になっています。

 

EOS Kiss X9i ボディのみ 9万円前後

ダブルズームキット(EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM) 12万円前後

18-135USMキット(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM) 13万円前後

 

ファミリーモデルとしては、かなりの値段でハイエンド機であると言うことが良くわかりますね。ファミリーモデルですが、バカにできません。

EOS Kiss X9iのスペック

基本的なスペックを前機種のEOS Kiss X8iと比較しながらまとめてみました。

記載がない項目は前機種と変わっていません。こちらの機種も9000Dと同じく、有効画素数約2420万画素のAPS-Cモデルとなります。

 EOS Kiss X8iEOS Kiss X9i
映像エンジンDIGIC 6DIGIC 7
動画フレームノート30p60p
タイムラプス動画なし撮影可能
AF(ライブビュー)ハイブリッドCMOS AFデュアルピクセル CMOS AF
連写機能最高約5.0コマ/秒最高約6.0コマ/秒
ISO感度
100〜12800100〜25600
AF(測距点)19点45点
Wi-Fi機能Wi-FiWi-Fi+Bluetooth
撮影可能枚数
(ファインダー)
550枚820枚
質量(本体のみ)510g485g

比較表を見ればわかりますが、EOS9000Dと改良点が全て同じなんですね。数値も質量以外は全て同じです。

つまり、EOS9000Dとほぼ同等のスペックを持っていると言うことになります。もはやファミリーモデルの域ではありませんね笑

フォトギャラリー

EOS Kiss X9i レンズなし
EOS Kiss X9i背面
EOS Kiss X9i 18-55mmEF-S 18-55mm装着時
EOS Kiss X9i 55-250mmEF-S 55-250mm装着時

2機種に共通する初心者向け機能

今回のモデルチェンジで初心者向けのおすすめ機能が2機種に実装されました。

カメラ自体のインターフェースがかなりわかりやすくなっています。

EOS9000DとX9iのUI

Photo Credit:capa cameranet

液晶画面に出てくる操作画面(UI)が一新されました。

X9iは初心者向けのわかりやすい設定画面がデフォルトで設定されており、対して9000Dは少し慣れた方向けの画面が初期設定となっています。

面白いことにこれは手動で入れ替えることができるんです。

X9iでも9000Dのデフォルトの画面を使うことができるので、初心者画面に慣れたら、違う画面を出して使うことができます。ステップアップする際にはいい機能ですよね。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>買い切りでずっと使える一眼レフ上達講座の詳細はこちらへ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。