Canonで一眼レフデビューするならまずはコレ!パパにもママにもおすすめなCanon EOS Kiss X8iを紹介!





Canonで一眼レフを始めたいという方におすすめしたいAPS-C機があります。

EOS Kiss X8iという機種で、CanonのAPS-C機の中ではエントリークラスに位置しており、カメラ初心者から中級〜上級者まで幅広く愛用されているモデルです。

ただ、エントリーモデルですが機能は初心者が使いこなすにはなかなか多機能で必要十分な機能がついているので結構長い間使うことができます。

EOS Kiss X8i

Photo Credit:Canon

メーカーサイトにも書かれている通り、一眼レフがはじめてのママにもおすすめというキャッチフレーズがつけられています。

一眼レフというと、パパが持っているイメージですが、EOS Kiss X8iはあまりカメラを使わないようなママでも使いやすい一眼レフとして売り出されているのが大きな特徴です。


スポンサーリンク



撮影関連の性能

初心者向けの一眼レフではありますが、その機能は実はミドルクラス級な部分が多くあります。1機種前のミドルクラス一眼レフのEOS 70Dと比べながらまずは撮影関連の機能から見ていきましょう。

ざっくり機能紹介を見たい方は、キタムラさんの動画が参考になるので、こちらをご覧ください。

有効画素数約2420万画素

エントリーモデルとしてはかなり高画素となっています。ちなみにミドルクラスモデルのEOS 70Dは約2020万画素となっており、その解像度の高さが分かると思います。

子供や大切なシーンをきれいに残したいパパやママには最適のスペックであると言えます。

普通に背面液晶で確認する分にはあまりそのきれいさはわかりませんが、パソコンへ取り込んで確認すると、そのきれいさがよく分かりますよ。これにしておいて良かったと思えるはずです。

19点オールクロスAF

測距点と呼ばれるオートフォーカスに使われるピント合わせの範囲が広いんです。

なんとミドルクラスのEOS 70Dの19点の測距点はどのメーカーのカメラでも結構値段の高いミドルクラス級のカメラにしか搭載されていないことが多いです。

単純にピントを合わせる範囲が広いので、被写体を捉えることがしやすくなります。動きの予想しにくい子供の撮影時にもその効果は絶大です。

また、光学ファインダーも搭載されているので一瞬の動きにも敏感に対応することができます。

シャッタースピードは70Dと比べると、1/8000秒から1/4000秒になっており、少し劣りますが子供をメインに撮ったり風景写真くらいなら何の問題もありません。

1/8000秒が必要になるのは、車やバイクなどの動きの早い被写体くらいのものです。このスペックからもオートフォーカス性能は必要十分であることがわかります。

フリッカーレス撮影

難しい言葉が出てきましたが、フリッカーとは蛍光灯やLEDは通常目に見えない速さでチカチカ点滅しているのですが、このチラつきを自動的に除去してくれる機能になります。

室内撮影時などに連写すると、カメラがこのチラつきを拾ってしまい写真ごとに明るくなったり暗くなったりということがあります。

この現象をカメラ側で自動的にコントロールしてくれるありがたい機能がフリッカーレス撮影の機能になります。

室内撮影時のテクニックについては、一眼レフで室内撮影する時の注意点と撮影テクニックを紹介で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

常用ISO感度12800

ISO感度がエントリーモデルなのに12800まで上げることができます。ミドルクラスのEOS 70Dと数値的には同じです。

ISO感度については、ISO感度とは?初心者がつまづきやすい写真に出るざらつきの原因と対策を知っておくで解説していますので参考にしてみてください。

この数字が高いと室内や暗いところで手持ちで撮影したりする時に、手ブレを防ぎやすくなったりできるというメリットがあります。

最初のうちはあまり使いませんが、体育館やお遊戯会などのシーンであると後々助かる機能です。

撮影モード

一眼レフエントリーモデルとして売り出されているだけあって、撮影モードも初心者向けに優しく設計されています。

普通の一眼レフとは違い、撮影モード切り替えのダイヤルのほとんどがかんたん撮影モードとなっています。全部で12個ある撮影モードのうち、8個がかんたん撮影モードとなっているので、初心者の方でも安心です。

Kiss X8i モードダイヤル

Photo Credit:Canon

かんたん撮影モードの8個をざっと見てみましょう。

シーンインテリジェントモード

シャッターを押すだけの全自動モードになります。最初のうちは、まずこれからはじめてもいいでしょう。

その状況や撮影するものの色や明るさをカメラが自動で判断し、設定をしてくれます。あまりにきれいに撮れるからといってずっとこのモードで撮り続けないようにしましょう。(笑)

ストロボ発光禁止

ストロボ=フラッシュのことで、フラッシュを使わずに撮影するモードになります。

子供の寝顔を撮りたいときなど全自動モードで撮ると、勝手にフラッシュがついてしまうときがあるので、フラッシュを使いたくない時に使えるモードですね。

クリエイティブオート

背景のぼけ具合や明るさ、ピントの合わせ方などをかんたん操作で設定できるモードです。

背景をぼかして撮影したい時、何もわからない時にはまずこのモードで試してみるといいかと思います。慣れてきたら、応用撮影ゾーンへステップアップしましょう。

このモードでのみ使えるおもしろい機能があるのであわせて紹介しておきましょう。

エフェクトショット

1枚写真を撮ると、普通の写真と表現効果のかかった写真を同時に撮影することができる機能です。

選べるエフェクトは19種類もあります。(トイカメラ風、ジオラマ、魚眼レンズ風、モノクロなど)モードをオンにしておき、撮影した直後に2枚同時に確認することができるのがいいですね。

エフェクトショット

Photo Credit:Canon

ポートレート

人物撮影向きの撮影モードです。背景をぼかして撮れるので、子供の撮影にはもってこいのモードですね。

肌の色味も強めに出るように設定されます。

風景

名前の通り風景写真に最適な撮影モードです。青や緑色を鮮やかに写すことができます。

近くから遠くまで全体にピントを合わせることができます。

クローズアップ

マクロ撮影モードのようなものです。ある場所のみを拡大して写すことができるので、背景を大きくぼかすことも可能です。

子供の手や目、ペットの一部分のみを大きく切り取って撮影したい時はこのモードを使いましょう。接写したい時のモードと覚えておけばいいと思います。

スポーツ

動き回る子供にピントを合わせ続けることができます。子供の動きを撮る時は、とっておきの1枚を残すためにも連写することをおすすめします。

EOS Kiss X8iなら高速5コマ/秒の連写が可能です。

SCN(スペシャルシーン)

シーンをさらに細かくして設定できる撮影モードです。キッズ、料理、キャンドルライト、夜景ポートレート、手持ち夜景、HDR逆光補正の6つのモードに分けられています。

名前の通り料理をきれいに撮りたいなら、料理を選び、手持ちで夜景を撮りたいなら、手持ち夜景というように直感的に撮影モードを選ぶことができます。

普通のモードでうまく撮れないなぁと思ったら、こちらのモードも使ってみるといいですね。

動画性能

EOS Kiss X8iは一眼レフですが、静止画だけではありません。動画の性能もいいんです。

まずフルハイビジョン画質で撮影ができます。一眼レフならではの高画質に加えて、背景ぼけなど普通のビデオカメラでは出しにくい味のある動画が撮れます。

 

動画の撮影中に静止画を切り取ることもできます。動画モードで撮影していてふといい顔をしたという時でもすぐに写真に撮ることができます。

また撮影機能だけではなく、編集機能もついています。パソコンに取り込まなくてもカメラ内でアルバムのシーンを削除したり、カットしたりすることができます。

ビデオスナップをつなぎ合わせて簡単なショートムービーを作成することもでき、静止画だけでなく動画でもいろいろと遊べる機能が満載です。

+αの装備・機能

+αの装備としては、Wi-Fi転送機能があります。

カメラ本体にWi-Fiが内蔵されているため、スマホやタブレットなどでカメラの画像を確認したり、欲しいと思った写真はそのままスマホなどに転送することができます。

写真を撮っても家に帰ってパソコンに繋ぐまで確認できないという煩わしさがなくなり、いつでもどこでも撮った写真をすぐに確認することができます。

またスマホでリモート撮影をしたり、撮った写真を直接プリンターから印刷したりということも自由にできます。

スマホがNFCに対応していれば、Wi-Fiの設定をすることなく近づけるだけで情報のやり取りができます。

まとめ

初心者向けエントリーモデルのEOS KissX8iですが、機能を細かく見ていくと中級者でも十分なスペックを持っています。

しかしながら、重量はミドルクラスの70Dが675gなのに対し、X8iは510gと160g近くも軽くコンパクトになっています。

これから一眼レフを始めたいと考えているパパやママには是非おすすめしたい機種です。



関連コンテンツ一覧



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。