ドローンのおすすめレンタル業者7社を徹底比較!

ドローンのレンタル業者の比較とおすすめランキング

ドローンと聞くと、高くてとても手が出ないイメージですよね。

事実、空撮メインで使うなら、ドローン本体だけで軽く10万円は超えてしまいます。

そんな時に便利なのが、レンタルサービスです。

 

ドローンはレンタルすれば、お試しで使えて、メンテナンスも不要なので便です。

 

この記事では、ドローンのレンタル業者8社を詳しく比較、おすすめ業者をランキングにまとています。

安く補償面でも安心して借りられる業者を厳選しています。


スポンサーリンク

ドローンの機種ごとの特徴を知る

ドローンの種類や特徴を知る

ドローンの種類や特徴を知る

ドローンと言っても、小さいものから本格的な空撮用までたくさんあります。

どのくらいのスペックのドローンを借りればいいかわかりませんよね。

 

まず、ドローンの種類をサイズで3つに分類してみました。

それぞれのおすすめ用途は、下記のイメージになります。

  • 小型    → 手軽に飛ばしてみたい
  • ミドル   → 高画質で空撮したい
  • ハイエンド → 本格的な空撮(プロ向け)

 

種類ごとのドローンのメーカーとモデルは、下表を参考にしてください。

小型 ミドル ハイエンド
DJI Spark

DJI Mavic

Tello

Parrot

DJI Phantom DJI Inspire

 

カメオタくん
DJI Mavicなら、普通に空撮するなら十分すぎる性能。

 

ドローンのレンタル業者の比較一覧表

ドローンのレンタルができる業者を9つの項目で比較してみました。

業者名を押すと、その業者の詳しい情報までスクロールします。

業者 送料 値段 宅配
レンティオ 往復無料  2,980円〜

(3日〜)

ReRe 往復無料  3,480円〜

(3日〜)

DMM 往復無料  2,900円〜

(5日〜)

ドロサツ  往復無料 3,780円〜

(1日〜)

ドローンレンタルネット   無料

※一部地域は除く

7,600円〜

(1日〜)

スカイシーカー 問い合わせ 30,100円〜

(1日〜)

ACEレンタル 1万以上で都内無料

※返送時は有料

10,000円〜

(1日〜)

 

カメオタくん
送料は、往復無料のところを選んだ方がお得です。

 

保険・補償面で比較

ドローンをレンタルする上で、1番重要なポイントの補償を比較しました。

免責とは、事故や破損があった時に、あなたが支払わなければいけない金額です。

ドローンのレンタルの場合は、保険の性質上、免責はどの業者でも必要になります。

 

賠償保険は、人やものにぶつけて怪我や破損させた場合の損害賠償に支払われる金額です。

対人と対物どちらも対象になります。

業者 補償 賠償保険 機体の保険
レンティオ  無料 無料

免責5万円

免責あり

ReRe  〜2万は200円/日

2万〜は400円/日

 なし なし
DMM  無料  なし なし
ドロサツ 無料

免責5万円

無料

免責5万円

免責あり

ドローンレンタルネット  無料

免責5万円 

無料

免責5万円

免責あり

スカイシーカー 有料 有料 一部機種のみ
ACEレンタル なし なし なし

 

カメオタくん
ドローンは高いので、補償があるところを選ぶと安心。

 

ドローンの機種やオプションの取り扱いで比較

レンタルで取り扱いがあるドローンの機種やオプションについて、比較しました。

通常、ドローンを飛ばすために最低限必要なものは含まれています。

ただ、予備バッテリーやオプション類は別途レンタルすることが多いです。

業者 機種 バッテリー オプション
レンティオ
ReRe 19 ◎セットあり
DMM × ×付属のみ
ドロサツ
ドローンレンタルネット  16
スカイシーカー
ACEレンタル

 

カメオタくん
ドローンは、もともと多くないから種類はそれほど重要でもない。

 



ドローンのレンタル前に知っておきたい予備知識

ドローンをレンタルする前に知っておきたいこと

ドローンをレンタルする前に知っておきたいこと

ドローンを実際に借りて、飛ばす前に最低限知っておきたいことだけをまとめました。

飛空物体のドローンを扱う上で、法律の知識も少し必要になってきます。

中でも、航空法など飛行に関する法律だけは必ず知っておいてください。

 

法律違反したまま飛ばしていて、逮捕されても文句は言えません。

 

場合によっては、実刑判決になることもあるので、要注意です。

 

ドローンの基本ルール

ドローンの基本ルールとして、国土交通省が定めているルールがあります。

基本的なルールについては、下記を参考にしてください。

  1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  3. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと

引用:国土交通省(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

 

難しく書かれていますが、要約すると、

  1. 明るいうちで見える範囲で飛ばす
  2. 30m以上離して飛ばす
  3. 人が多いところで飛ばさない
  4. 危険物を運んだり、物を落とさない

 

カメオタくん
夜やイベントで飛ばす場合は、許可を取る必要があります。

 

許可がないとドローンを飛ばせない場所

ドローンの飛行許可が必要な空域

ドローンの飛行許可が必要な空域

画像引用:国土交通省 無人航空機の飛行の許可

ドローンを飛ばせる場所は、これらに該当しないところならOKです。

図の中にあるA・B・Cに該当する場所や国会議事堂、海軍基地などは飛ばすことができませんん。

 

カメオタくん
各自治体によっても変わるので、お住いの自治体にも確認すべし。

 

ドローンのレンタル業者選びのポイント

ドローンのレンタル業者を選ぶ時に注意したいポイントは3点です。

ドローンは他のものと比べて、値段が高く、危険もあります。

  1. 補償サービス
  2. 賠償保険
  3. 予備バッテリー

これらが揃っている業者でレンタルすれば、より安心です。

 

レンタルしたドローンの補償はあるか

ドローンは、10万円を超える機体が多いです。

不注意や操作ミスでドローン本体に破損や故障があった場合、弁償となる可能性があります。

 

カメオタくん
せっかく安く借りているのに、余計な出費がかかることは避けたい。

 

そんな時のために、補償をつけられる業者を選びましょう。

 

事故の時に備えて賠償保険に入れるか

ドローンは、絶対に安全ということはありません。

空から降ってきて怪我人が出て、刑事訴訟になったケースもあります。

万が一、人や公共のものにぶつけてしまった場合は、高額の賠償となります。

賠償保険に加入できる業者がベストです。

 

予備バッテリーのレンタルができる

ドローンの飛行時間は、平均して30分程度です。

操作の練習をしているだけで、バッテリーがなくなってしまうこともあります。

通常使用なら問題ないですが、あれば安心ですね。

 



ドローンがレンタルできる業者のおすすめランキングTOP5

業者選びのポイントで解説した条件をクリアした、業者をおすすめ順にランキングにしました。

ランキング付けの根拠
  • 補償・賠償保険があって安心
  • トータルで見て安い
  • 種類・在庫量が多い
  • オプションもレンタル可能

 

1位 レンティオのドローンレンタル

カメラやレンズのレンタルができるレンティオ

画像引用:レンティオ公式サイト

往復送料 無料
補償料 無料

落下などは免責2,000円

対人補償 無料

免責5万円

対物補償 無料

免責5万円

機体の補償 ◎免責あり
ドローンの種類 8種類
在庫量 ◎多い
Phantom 4を3泊借りた料金 23,800円
バッテリーレンタル 予備はオプション

レンティオは、往復送料が無料、補償も無料です。

万が一、不注意で落下させても免責は2000円だけですむので良心的です。

対人・対物補償だけでなく、機体の補償もあるので安心して使えます。

 

カメオタくん
補償面ではダントツNo.1の業者さんです。

 

レンタル料金も他社と比べて、そんなに高いわけでもありません。

Mavic Airなら、予備バッテリーも借りられます。

僕が調べた中では、サービスや値段のバランスがいいおすすめの業者です。

 

補償・料金共に良心的な業者

 

>>比較一覧表に戻る

 

2位 ReReのドローンレンタル

rereのレンタル

画像引用:ReRe公式サイト

往復送料 無料
補償料 〜2万は200円/日

2万〜は400円/日

対人補償 なし
対物補償 なし
機体の補償 故障・修理のみ

落下・水濡れは除く

ドローンの種類 19種類
在庫量 △少ない
Phantom 4を3泊借りた料金 16,980円
バッテリーレンタル 予備バッテリーセットあり

ReReは、他の業者と比べてレンタル料金が1番安いです。

Phantom4を借りても、他社ではない安値で借りることができます。

ただ、在庫量が少ないことと、賠償保険に加入できないことが残念な点です。

 

接触の危険がない広いところでドローンを使うなら、損害請求になることはありません。

そういった使い方なら、ReReはレンタル料金も1番安いのでおすすめです。

落下や水濡れは補償に加入していても、対象外になるので注意が必要です。

 

1番安いドローンレンタル業者

 

>>比較一覧表に戻る

 

3位 DMMのドローンレンタル

DMMいろいろレンタル

画像引用:DMM公式サイト

往復送料 無料
補償料 無料
対人補償 なし
対物補償 なし
機体の補償 無料補償で対応
ドローンの種類 7種類
在庫量 △少ない
Phantom 3を5泊借りた料金 10,000円
バッテリーレンタル 付属のみ

DMMもレンティオ同様に、往復送料と補償料は無料です。

安い料金設定で、レンタル中でなければ安く借りることができます。

賠償保険がないこととドローンの種類が少ないところは、残念な点です。

 

カメオタくん
在庫があれば、お得に借りられる業者です。

 

機体の補償も免責なしでレンタルできるのは、DMMだけです。

 

故障や破損時の負担がゼロ

 

>>比較一覧表に戻る

 

4位 ドロサツのドローンレンタル

ドロサツのドローンレンタル

画像引用:ドロサツ公式サイト

往復送料 無料
補償料 無料

免責5万円

対人補償 無料

免責5万円

対物補償 無料

5万円

機体の補償 ◯免責あり
ドローンの種類 9種類
在庫量 ◯多い
Phantom 4を3泊借りた料金 19,200円
バッテリーレンタル 予備はオプション

ドロサツは、ドローンだけに特化したレンタル業者です。

補償も賠償保険も無料で入ることができ、安心して使うことができます。

ただ、補償の免責金額が他社より厳しめとなっています。

 

カメオタくん
破損や不注意の落下でも、支払いが発生するケースが多い。

付属品やオプション品の取り扱いは、多いところは魅力的です。

 

 

>>比較一覧表に戻る

 

5位 ドローンレンタルネット

ドローンレンタルネット

画像引用:ドローンレンタルネット

往復送料 無料

※一部地域は除く

補償料 無料

免責5万円

対人補償 無料

免責5万円

対物補償 無料

免責5万円

機体の補償 ◎免責あり
ドローンの種類 16種類
在庫量 ◯多い
Phantom 4を3泊借りた料金 24,400円
バッテリーレンタル ◎予備バッテリーセットあり

ドローンレンタルネットは、小型ドローンから産業用まで商品ラインナップが豊富です。

ドローン以外にも、カメラやスタビライザーまでレンタルできます。

レンタルだけでなく、空撮の依頼も対応してくれます。

 

カメオタくん
レンタル料金が高めなのと、場所によって送料がかかるので要確認。

 

 

>>比較一覧表に戻る

 

ランキング外のドローンレンタル業者

ランキングTOP5以外のレンタル業者も紹介しておきます。

スカイシーカーの産業用ドローンレンタル

スカイシーカーのドローンレンタル

画像引用:スカイシーカー公式サイト

往復送料 地域による
補償料 有料
対人補償 自己負担
対物補償 自己負担
機体の補償 有料
ドローンの種類 5種類
在庫量 未掲載
レンタル料の最安値 30,100円〜
バッテリーレンタル 予備はオプション

スカイシーカーは、産業用のドローン専門のレンタル業者です。

個人として使うには高いドローンが中心です。

長期で1年以上レンタルすることもできるのは、ここだけです。

ドローンのスクールもされており、講習受講者は特別料金でレンタルすることができます。

 

 

>>比較一覧表に戻る

 

ACEレンタルのドローンレンタル

ACEレンタルのドローンレンタル

画像引用:ACEレンタル公式サイト

往復送料 1万円以上は都内のみ無料

※返送時は自己負担

補償料 なし
対人補償 なし
対物補償 なし
機体の補償 なし
ドローンの種類 8種類
在庫量 ◯多い
Phantom 4を3泊借りた料金 66,000円
バッテリーレンタル 予備はオプション

ACEレンタルは、オプション類のレンタルが豊富な業者です。

空撮の撮影依頼も可能で、テレビ番組での撮影実績もあります。

ACEレンタルでは、オペレーターによる空撮撮影のサポート制度があります。

 

補償がないのと、レンタル料金や送料が高めなところが残念な点です。

 

 

>>比較一覧表に戻る

ドローンのおすすめレンタル業者【まとめ】

ドローンは高額商品が多く、飛行にもリスクがつきものです。

そのため、レンタルは補償で選ぶと間違いありません

DJIのMavicシリーズなら、初心者から中級者まで問題なく使えます。

 

今回調べた中で、僕がおすすめしたい業者をまとめておきます。

 

 



関連コンテンツ一覧



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

ドローンのレンタル業者の比較とおすすめランキング

内容をみんなに紹介する

記事の更新情報やキャンペーン開始などの情報を発信していきます。 記事更新は毎週水曜日です! カメラやレンズ購入前の相談も受け付けています。

\勧誘・他サイトへの誘導ありません/

ABOUTこの記事をかいた人

Ryohei

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。