カメラ仲間がいると写真の上達が速くなる|写真友達の作り方も紹介

カメラ仲間のメリットと友達の作り方





一眼レフをはじめ、カメラは趣味の世界で1人で楽しむためだけのものって思っていませんか?

確かに撮影に集中する時は、1人の方が集中しやすいですが、初心者の頃は特に写真仲間がいると、カメラの腕も上達しやすいんです。

一緒に撮りに行ったり、共通の話題で盛り上がることができるだけでなく、写真仲間がいると、いろいろとメリットがあるので、7つの理由にまとめて今回紹介してみようと思います。

最後に写真仲間の作り方も紹介していますので、興味のある方は最後まで読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

カメラが趣味の人は写真の理解者になってくれる

一眼レフカメラを持って一緒に写真を撮りに行くカメラ仲間の女子

カメラが趣味の人って撮った写真を褒めてもらったり、すごいなーって言ってもらえると嬉しいものです。

私もそうですが、家族や友達だと自分が感動する写真を撮って見せても、その良さがわかってくれないことが結構あります。

写真好きには写真好きにしかわからないマニアックな視点ってあるもので、あまり詳しくない人に説明してもわかってもらえないことが多いんです。

カメオタくん
この写真見て!流し撮りうまくできてると思わへん??
嫁さん
へー、そうなん?よくわかんなーい。

こんなやり取り辛いですよね。

その点、カメラ好きの仲間が近くにいれば撮った写真を見ながら話していても楽しいですし、新しい発見もあります。

初心者のうちにカメラ仲間を作る7つのメリット

一眼レフで撮った写真をカメラ仲間に見せ合ってカメラ上達を速める

カメラを始めたてのときやまだ上手く撮れなくて悩んでいるときは、特にカメラ仲間がまわりにいるといいことづくめです。

私がカメラを始めたての頃にカメラ仲間がいて嬉しかったことや、ありがたいと感じたカメラ仲間のメリットを考えてみました。

刺激になり、モチベーションが上がりやすい

自分1人で撮っていても、上手く撮れないときなどは特にモチベーションが上がらないことがあります。

何枚撮ってもいつも代わり映えしない写真ばっかりで、オレって才能ないのかななんて思ってしまうこともしばしば。

カメラ仲間がいると、ちょっと相談したり、お互いに写真を見せ合ったりすることができるので、撮り方に悩んでいる時でも刺激になります。

第三者の意見は、自分だけでは気づかない視点でアドバイスや意見をもらえておすすめです。

最初のうちは別に上手い人でなくても大丈夫です。

お互いが刺激しあって、上手くなっていく過程を楽しむもアリです。

観光地など人が多い場所は1人じゃ行きにくい

一眼レフカメラを持って1人で観光地へ行行くのは恥ずかしい

当たり前のことですが、カメラを上達したいと思うのなら、まずは場数を踏むことが大切です。

とにかく写真を撮るということですね。

何か写真を撮りたいと思って、撮影スポットに行くにも1人だとなかなか行こうという気にならないということありませんか?

撮影スポットはだいたい遠いところにあることが多いので、移動時間等も含めるとなかなか行こうと思いにくいものです。

また、有名な撮影スポットは平日でも土日でも関係なく人がいっぱいです。

土日だと特に人が多いところに1人で行くのって、行きづらいものです。

1人で関係なくガンガン行ける人はいいですが、私のように1人で動くことが好きでない人は特に休日の観光地ほどおっくうなものはありません。

そんな時に写真仲間がいると、重い腰が上がりやすくなります。

あまり大人数になると、動きにくくなるので、2~3名くらいがちょうどいいですね。

自分が知らない知識を共有できる

一眼レフをはじめたばかりの時は、結構知らないことって多いですが、写真仲間がいると、自分の知っていないことを話してくれたりすることが多く、勉強にもなります。

あなたが風景写真ばかりをメインで撮っているのなら、風景写真は少し知識もあるかと思いますが、ポートレートの人物撮影をメインでしている仲間がいれば、ポートレートのテクニックを知れるいいチャンスになります。

人それぞれ得意な分野はあるので、その得意分野の情報を共有すると、また写真の幅も広がるのでおすすめです。

1人での撮影は何か問題があった時に危険

秘境や山奥などの撮影スポットは1人で行くのは危険

インスタやカメラ雑誌などで取りあげられているような場所は、山奥や入り組んだ場所にあることが多いです。

さぁ、行こうと思って行っても何かあったときに1人では危険ですし、連絡も取れません。

特に山に登ったりするときは、1人で行くのは結構危険ですし、勇気もいります。

何かあってからでは遅いので、秘境や山奥などちょっとマニアックな場所へ行くときは仲間や知り合いと行くことで、安全性も確保できます。

山だけでなく、夜景撮影も同様です。

夜に山を登ったり、狭いところを歩いていかなければならないので危険と隣り合わせですよね。

事実、私は1人では怖くて山などへ登ったことはありません。

ひまな時間が無くなる

一眼レフカメラで撮影した星空の奇跡の写真

夜景撮影はもちろん、星の軌跡の写真を撮ろうと思うと、長時間露光が必須です。

夜景ならまだ数秒〜1分くらいなので問題ありませんが、星の写真を撮るのはかなり時間がかかります。

星の軌跡を撮ろうと思うと、1時間近くの時間シャッターを開きっぱなしということも普通です。

カメオタくん
星景写真は待ってる間が結構ひまなんだよな。

特に星がきれいなのは真冬ですし、真冬に車の中で1人で待ってるのって結構地味ですよね。

一緒に撮りに行っている人がいれば、話し相手にもなりますし、ひまにならないので、長時間露光の撮影時は助かりますよ。

違うカメラやレンズを試せる

例えば、自分の使っている一眼レフとレンズ群の紹介をしあいます。

たまにカメラ本体はかぶってしまうこともありますが、使用しているレンズ自体はそんなにかぶるものでもありません。

マウント(カメラのメーカー)が一緒なら、お互いにレンズをはめかえたりして、違うレンズを試したりすることもできますし、意外に自分の知っていないことを教えてくれたりとあらたな発見が多いものです。

自分1人でいろんなレンズを試そうと思うと、なかなか限界がありますが、何人か写真仲間がいると、わざわざ高いレンズを買わなくても試し撮りさせてもらうこともできますよ。

自分1人だけでレンズをいろいろと試してみたい時は、レンズをレンタルするサービスもあるので、利用してみるのもいいですね。

私は結構使わせてもらってます。

【2018年最新】レンズがレンタルできるおすすめの安い業者を比較

2016.08.05

構図や撮り方の幅が広がる

同じ場所へ行って、何人かで写真を撮っていると、不思議なもので同じような写真はあまりないものです。

人によって目の付け所が違うので、同じ場所にいても全く違う写真を撮ることがあるんですよね。

アングルや切り取り方、構図など人によって得意なものもあり、後で撮った写真を見せ合ったりすると、こんな撮り方もできるのかって気づきがあるので、おもしろいです。

写真は持ち前のテクニックよりも感性やセンスによるところが大きいので、人それぞれの個性が出てくるため、何人かで撮影に行くと新しい発見があっておすすめです。

カメラ友達の作り方

カメラ友達ってどうやって作るの?って思いますが、いろいろと方法はあります。

まずは、身の回りにカメラが好きな友達がいないか探してみてください。

Facebookに登録していれば、Facebookに投稿している友達の写真を見れば、一眼レフで撮った写真はすぐわかりますし、共通の話題で話せます。

他に私がよく意識しているカメラ仲間の探し方を紹介します。

カメラサークルを探す

一眼レフカメラの社会人サークルで集まった写真仲間たちの打ち上げパーティー

社会人サークルの一種で、地域のイベント雑誌などを見ているとたまに見かけるのがサークルです。

同じような人ばかりが集まってくるので、一度見つけて参加すれば打ち解けるのは速いのがカメラサークルのいいところです。

必ずしも家の近くで見つかるかというわけではないですが、場所によっては社会人サークルで見つけるというのも1つの手段です。

地元サークル『ジモティ』でカメラサークルを検索

TwitterなどのSNS

TwitterやインスタグラムなどのSNSを賢く使ってカメラ仲間を作る方法

人見知りの私が写真仲間を作れるようになったきっかけはSNSです。

今の時代FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSが爆発的に普及しているので、写真仲間やカメラ仲間と検索してみると、近くの人が結構出てきます。

特にTwitterがおすすめです。

インスタグラムは写真メインで文字の情報がないため、その人がどんな人かがわかりにくいんですよね。

かく言う私も対してカメラ友達がいないので、よければ仲良くしてくださいw

関西なら一緒に撮影に行くこともできます。

カメオタくん
Twitterはリプで気軽にやり取りができるので、仲良くなれる確率が一番高いのでおすすめ。

写真仲間を作ってぼっちを卒業してみませんか?

カメラのことで情報交換ができる仲間や友達がいると、知識の共有もでき、カメラ上達も速くなるのでおすすめです。

まだ1人で撮ってるよって方はこの機会にカメラ仲間を作ってみるのもいいかもしれません。

一眼レフなのにうまく撮れない 一眼レフは専門用語が多くてわからない 一眼レフが上達できない 一眼レフ下手だった僕が上達できた理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

カメラ仲間のメリットと友達の作り方

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。