一眼レフの通信講座で上達|実際に教材を買って試してみた

一眼レフが上手くなる通信講座の紹介

一眼レフは、ただ撮るだけではきれいに写すことはできません。

せっかく一眼レフ買ったのに、使い方がよくわからないのはもったいないです。

一眼レフの勉強はカメラ教室がいいけど、高いし時間がない。

そんなあなたも大丈夫です。

カメラ教室に通わなくても、一眼レフはうまくなれます。

 

全く無知だった僕でも一眼レフの通信講座を試して、人に説明できるほどになれました。

実際の体験談を交えて、僕が試して良かった通信講座をご紹介します。

 

この記事では、僕が試して効果があった一眼レフの通信講座を詳しくレビューしています。

一眼レフが上手く使いこなせていないという方は、この記事を見れば解決の糸口が見つかるはずです。

 

見出しまでジャンプします

 

一眼レフの勉強法の選び方

一眼レフは何で勉強すればいいのかわからない、、

初めて一眼レフを買った時、僕が感じていたことです。

お金をかけなくても一眼レフの勉強はできますが、お金をかければその分、効率やわかりやすさを買うことができます

  • 時間をかけたくない → 通信講座
  • 直接人に習いたい  → カメラ教室
  • お金をかけたくない → カメラ本

一眼レフは専門用語や細かな設定など、難しい言葉が多く勉強しようと思ってもなかなか重い腰が上がらないものです。

 

カメオタくん
お金をかけずに勉強するなら、カメラ本一択です!

 

僕は子供がすぐ大きくなるので、ゆっくり勉強していられないと思い、1番最短で勉強できる通信講座を選びました。

勉強するのに数ヶ月もかかってたら、その間撮れたであろうシャッターチャンスを逃してしまいますよね。

 

一眼レフの勉強方法を比較

一眼レフの通信講座と他の勉強方法を比較

一眼レフの通信講座と他の勉強方法を比較

では、先ほどの一眼レフの勉強法についてより詳しく見ていきたいと思います。

それぞれの勉強方法の違いを比較してみました。

方法 値段 場所 サポート 評価
通信講座 3万〜4万 どこでも あり
カメラ本 約1500円/冊 どこでも なし
カメラ教室 3〜10万 都心部中心 受講中のみ

 

一眼レフの写真・通信講座

写真や一眼レフの基本を教えてくれる通信講座があります。

通信講座で有名なユーキャンにも以前は、写真講座がありましたが今は無くなりました。

通信講座の特徴
  • 自宅で勉強できる
  • 何回でも見直しができる
  • 好きな時間にできる

 

カメオタくん
通信講座は、自分の好きな時間にマイペースで進められるところがイイ。

 

教材を何回も買わなくても、セットになっているので最初の1回買うだけでずっと使うことができます

講座の時間が決まっていないから、スケジュールに振り回されずに勉強を進めることも可能です。

 

写真の通信講座の比較を見る >

 

カメラ専門書・本

カメラ雑誌や専門書を読んで独学で勉強するのも1つの手です。

専門書籍になると、説明が難しく、カメラに不慣れなうちは最後まで読破できないこともあります。

カメラ本の特徴
  • 1冊が安く買える
  • 基本的な知識は省略されていることが多い
  • 中級者向け

 

カメオタくん
雑誌でもボリュームが多いから、読み切る前に次の号が出たりすることも。。

 

そんな場合は、楽天マガジンなら月額380円だけで4種類のカメラ雑誌を読むことができます

カメラ雑誌3分の1の値段で済むので、安いですよね。

楽天マガジンを詳しく見る >

 

カメラ教室

実際に目の前で先生が教えてくれるのは、カメラ教室だけです。

教室や講座にもよりますが、ワークショップ形式なら、その場でカメラを触って撮ることができます。

質問はその場で聞くこともできるので、1番効率のいい勉強方法です。

カメラ教室の特徴
  • 目の前に先生がいて質問できる
  • 近くで受講できないエリアがある
  • カリキュラムが固定されている
  • 被写体別の講座で値段は高め

 

カメオタくん
被写体ごとに講座が違うのと、近くにないという理由で僕は断念しました。

 

カリキュラムが固定されているので、スケジュールを調整しなければいけないところもカメラ教室のデメリットです。

教室によっては人が多いので、人と話したりするのが苦手な方もカメラ教室は不向きです。

 

カメラ用語や設定は難しく理解しにくい

僕自身、ある程度一眼レフを使えるようになるまで何回か昔にやった教材を見直したりしました。

カメラ用語は難しく、一眼レフは設定できるダイヤルもとにかく多いです。

そのため、1回聞いただけでは理解できないこともよくあります。

 

カメオタくん
1回勉強してもう1回復習するくらいがちょうどいい。

 

カメラ教室はテキストなしの講座も多く、受講後に質問したりできないことがあります。

本で勉強するのも、途中で投げ出してしまう可能性があるのと活字に慣れていないと続かないことが多いです。

 

僕がそうでしたが、実際カメラを買って説明書って読まないですよね?

 

そう考えると、通信講座なら教材がしっかり作られているので、後々見直すときもわかりやすく安心です。

次に、写真系の通信講座についてより詳しく解説していきます。

 

僕がカメラの勉強に通信講座を選んだ理由

コスパのいいカメラの勉強方法は通信講座

コスパのいいカメラの勉強方法は通信講座

通信講座は一回買えばいつでも見直すことができるので、結果として1番安い勉強方法です。

人に直接会って教えてもらうと、後でわからないことが出てきた時に困りますよね。

通信講座は基礎から順に解説されているので、後から調べ直すときも楽です。

 

カメオタくん
調べたいことがすぐ見つからないのは挫折しやすい。

 

そんな時に結局調べ方がわからず、困ってしまうなら後でいつでも見直しできる方がいい。

調べる手間や時間を短縮できるのも、通信講座のいいところです。

 

1番良かった通信講座を詳しくチェック >

 

一眼レフの通信講座とは?内容や値段の比較

一眼レフを通信講座で勉強できるのか?正直半信半疑でした。

ただでさえ、難しい一眼レフなのに教えてもらう人も目の前にいない状態。

 

当時の僕は、オートモードで撮るのに半ば満足していたレベルでした。

しかし、そんな僕でも実際ある程度一眼レフのことを他人に教えられるくらいまでなりました

 

勉強できる内容や講師の質

写真の通信講座でも、基本的にほとんどの講座がプロの写真家や権威のある方が講師になります。

そのため、3万円以上のちゃんとした通信講座なら、講師の質が悪いということはありません

 

カメオタくん
カメラの基本的な用語から設定、撮り方まで教えてもらえます。

 

むしろ、基本となる知識から実践的な撮り方を順序立てて学ぶことができるのは通信講座だけです。

 

写真の通信講座の比較一覧表

では、次に通信講座の内容や値段をわかりやすく一覧表にしました。

通信講座で有名なユーキャンにも写真の講座はありましたが、今はもう無くなっています。

今受講することのできる一眼レフの通信講座を調べてみると、3つありました。

  • 一眼レフカメラ上達講座
  • NHK学園 写真講座
  • Knowledge Serve 通信講座

この3つの通信講座の特徴を比較してみます。

値段は税込、期間は受講終了までの目安期間です。

  教材 値段 期間 内容
一眼レフカメラ上達講座

テキスト

PDF

DVD

32,184円 1ヶ月

人物、風景

物、花

NHK学園 テキスト

入門 30,500円

実践 29,500円

6ヶ月

花、動物

風景

Knowledge Serve Web 1,027円 1ヶ月 コンデジ

 

Knowledge Serveは他の講座と違って、一般の方が講師になるため、一眼レフだけに特化した講座はありませんでした。

NHK学園と一眼レフカメラ上達講座は、どちらも講師がプロの写真家です。

ただ、NHK学園は人物の撮り方講座は内容に含まれていません。

 

子供を撮りたかったので、僕はこの中から一眼レフカメラ上達講座を選びました。

次に、1番いいと思った一眼レフカメラ上達講座を詳しくレビューしていきます。

 

通信講座で1番いいと感じて買ったのが『一眼レフカメラ上達講座』

一眼レフカメラ上達講座を購入した時のセット内容

一眼レフカメラ上達講座の詳細ページへ

DVDで見られる一眼レフの通信講座を見つけて、実際に試してみました。

思いのほか良かったので、詳しくシェアしようと思います。

 

この講座の特徴を先にざっくりと紹介しておくと、

一眼レフカメラ上達講座の特徴
  • プロの写真家が監修
  • 人・もの・風景の撮り方を網羅
  • DVDで撮り方を解説

こんな感じでなかなか魅力的な教材です。

 

この講座を選んだ決め手は、DVDで一眼レフの設定や撮り方を解説してくれるというところです。

本やテキスト系のものはどうも長続きせず、飽きて途中でやめてしまうと思ったからです。

 

なぜ一眼レフカメラ上達講座を選んだか?

僕がこの講座を選んだ理由は、他にも3つあります。

  1. 実際の撮り方が目で見てわかる
  2. 文字を読まなくてもいい
  3. 飽きずに続けやすそうだった

この講座を見つけた時、僕に一眼レフの知識はほとんどなく無知の状態。

実際の撮り方や設定を見てすぐに真似できるところは1番の魅力でした。

 

一眼レフカメラ上達講座のDVDは、実際の撮り方や設定を見てわかるように作られています。

場面別にこの設定はダメとか、ここはこうした方がいいと解説してくれているので、目で見て理解できます。

 

また、本を読むのが苦手だった僕にとって、DVDだけで勉強できるのも続けやすいと感じたからです。

家で用事をしながらでも見ることができるので、飽きずに続けられました。

 

期間限定プレゼントは終了しました。

 

一眼レフカメラ上達講座のデメリット・メリットは?

一眼レフカメラ上達講座のメリットとデメリット

一眼レフカメラ上達講座のメリットとデメリット

一眼レフカメラ上達講座 のいいところと悪いところを隠さずにお話しておきます。

いいことばかりではないので、先にイマイチだなと感じたところからご紹介します。

 

一眼レフカメラ上達講座のデメリット

教材の内容的には問題なく、わかりやすい内容ですが、2つだけ残念な点がありました。

一眼レフカメラ上達講座の残念な点
  • 目の前で質問できない
  • いつでも見れるから怠けやすい

一眼レフカメラ上達講座は、カメラ教室のように先生が目の前にいません。

気になったことや質問したいことがあった時にすぐに聞けないのは残念な点です。

難しいカメラの専門用語を理解するのは、人から直接教えてもらうのは1番早いですよね。

 

カメオタくん
でも、メールによる補足説明やワンポイントレッスンがあります。

 

あともう1点、いつでも見られるのでついつい後回しにして、怠けてしまうのも通信講座ならではのデメリットです。

1日15分だけとか短い時間で習慣づけて見るように意識すれば、続けやすかったですね。

 

一眼レフカメラ上達講座のメリット

次に、一眼レフカメラ上達講座が他の写真系の通信講座よりも優れていると感じたメリットについてご紹介します。

この講座のメリット
  • 一通りの撮り方が勉強できる
  • DVDが講師と生徒の対話メイン
  • テキストもついてくる

 

一眼レフカメラ上達講座は、人物・風景・もの・花などたくさんの被写体の撮り方を網羅しています。

他の講座は人物撮影だけだったり、風景撮影だけであることがほとんどでした。

この講座だけが、あらゆるものの撮り方を広く解説されていました。

また、DVDで解説してくれるのも写真の通信講座では一眼レフカメラ上達講座だけです。

 

カメオタくん
先生と生徒が会話しながら、設定や撮り方を教えているからわかりやすい!

 

DVDで1番わかりやすい通信講座

 

また、DVDだけでなく、テキストとPDFもついているので、電車の中や外出先でも勉強できます。

家でDVDを見て、外ではテキストを読んで復習という使い方ができるのもこの講座だけのメリットと言えます。

 

一眼レフカメラ上達講座を試した感想

一眼レフカメラ上達講座を試した感想

一眼レフカメラ上達講座を試した感想

実際に一眼レフカメラ上達講座を一通り受講して感じたのは、基礎が順序立てて説明してくれているという点です。

カメラ用語から使い方、具体的な撮影シーンごとの設定まで幅広く教えてくれます。

画面を見ながら、自分のカメラを触って気になるところがあれば、止めて撮ってみたりできるのはこの講座しかありません

 

当たり前に思えますが、実はこれが1番大事なんじゃないかなと僕は思っています。

カメラ用語もろくにわからないのに、いきなり撮り方の講座を見てもほとんど頭に入ってきませんよね。

 

カメオタくん
この講座は、カメラ用語や基礎的な扱い方など普通ではとばしてしまうようなことも説明されていました。

 

一眼レフを買ったばかりの人から、ちょっと使ってるけど、どうもうまく撮れないという人なら必ず参考になる講座です。

 

一眼レフカメラ上達講座を試してみる >

 

一眼レフカメラ上達講座を実際に利用された方の口コミ

一眼レフカメラ上達講座に関する口コミをツイッターから集めました。

ネットに載っている口コミはステマな感じのものが多いですよね。

そこで、改ざんできないSNSのリアルな口コミをご紹介します。

公式サイトにはさらにたくさんの利用者の口コミも掲載されています。

気になる方は合わせて参考になさってください。

 

他の利用者の口コミを見る >

 

子供や孫の成長は一瞬。最短で上手くなりたい

子供や孫のかわいい姿は一瞬しかない

子供や孫のかわいい姿は一瞬しかない

子供や孫をもつ人にとって、今見ている子供たちの姿はほんの一時期しか見ることはできません。

僕自身も親になって感じるのは、子供の成長は本当に早いということ。

来月でいいかなとか思っていたら、ちょっと顔が変わってるなんてことは日常茶飯事です。

 

今、目の前にいる可愛い子供や孫たちの姿をうまく写真に残してあげたいですよね。

スマホでも撮れますが、やっぱり一眼レフで撮る写真には到底かないません。

 

将来、昔の写真を見返すときに『いい写真』で残しておくためには、今が大切です。

 

カメオタくん
この教材なら、1週間あれば一眼レフの基礎は理解できるようになります。

 

運動会や発表会に一眼レフを使うのは、今からでも間に合います。

大切な瞬間を最高の一瞬に変えるために、最短で一眼レフの撮り方をマスターしておきましょう。

 

今の景色がベストショットになる

 

一眼レフの通信講座 【まとめ】

一眼レフを通信講座で勉強するのは、正直怪しい気持ちでいっぱいでした。

しかし、いざ買ってみたらそんなことはありませんでした。

一眼レフカメラ上達講座は次の日には届いて、すぐに見れますし、本じゃないので理解しやすいです。

また、買い切りの教材で、一度買っておけば何回でも見直すことができます。

 

カメオタくん
一眼レフを使っているのにどうもイメージ通りの写真が撮れないなら、試してみる価値は十分にある。

 

人物撮影編だけを買うこともできるので、全部必要じゃない方は人物編だけ試してみるのもアリです。

 

 



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

一眼レフが上手くなる通信講座の紹介

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。