写真が消える?一眼レフの写真データにバックアップが重要な理由





一眼レフを持つと、たくさん写真を撮るようになりますね。

写真は撮れば撮るほど、いろんなパターンなどがわかってきて、上達も早くなります。イマイチだなーと思うような構図でも、後で見直すと、結構いい写真に仕上がるものもありますね。

しかし、撮った写真が消えてしまっては意味が無いですよね…

意外に写真データのバックアップをとっていない人が多いですが、それは危険です!

せっかく撮った写真が消えないようにバックアップは大切です。今回は、写真データのバックアップについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

一眼レフで撮った写真の保管方法

一眼レフで撮った写真、あなたはどのように保管していますか?

写真データの保管方法は、およそ3つのパターンに分類されるのではないかと思います。

  1. SDカード内に置いておく
  2. パソコンへ保存する
  3. スマホへ転送して保存

この中でも、1のSDカード内に置いておくことが1番危険だと言えます。

なぜなら、バックアップがとれないからです。

パソコンやスマホなど、外部の記憶メディアの場合は、そこから先にバックアップする手段もたくさんありますが、SDカードだと万が一消えてしまったら、そこで終わりです。。

写真データのバックアップとは?

一眼レフで撮った写真データのバックアップですが、バックアップは基本的には同じデータが2カ所以上あるようにするということです。

パソコンで言うところの『コピー』にあたります。『切り取り』ではだめですよ。

  • パソコン+SDカード
  • パソコン+外付けHDD
  • SDカード+スマホ内
  • SDカード+クラウドサービス上

など、挙げるとたくさんありますが、全く同じデータを全く関係の無い場所に保存することが大切です。

パソコンは安全ではない

あなたはパソコンに転送して保存したから、大丈夫と考えていたりしませんか?

実は、パソコンに写真データを移しても、パソコン内にそのデータが一生残っているとは限りません。

急に消えてしまうことがあるんです。

私も過去にパソコン内に保存しておいた写真データが消えてしまったことがあります。

保存しておいた写真が一気に消えると、ぞっとします。

私は別の場所にバックアップをとっておいたので、全てのデータが消えることはありませんでしたが、バックアップしていないと消えたら終わりなんです。

パソコン内のHDDも消耗品なので、いつ壊れてしまうかわかりません。パソコンのデータもこまめに自動でバックアップがされますが、写真データも同じことです。

こまめなバックアップが大切です。

タイプ別おすすめバックアップ方法

次にバックアップ先を何にするか迷っているあなたへタイプ別のおすすめバックアップ方法を紹介します。

バックアップ先は基本的にHDDがほとんどなので、HDDだらけになってしまいますが汗

バックアップの方法

  1. USB外付けHDD 大容量データ向き
  2. ネットワークHDD データの共有向き
  3. ポータブルHDD データの持ち出し用
  4. クラウドサービス 手軽にバックアップ

 

1番メジャーな方法としては、外付けHDDにバックアップをとるというものです。

外付けHDDなら、USBでつなぐだけで保存容量を一気に増やすことができます。何より値段が1番安いのもおすすめです。

ただ、一方でサイズが大きくて持ち運びができないというデメリットもあります。

ネットワークHDDは、ケーブルでつながなくてもインターネット回線上から認識するタイプのHDDです。

同じ家庭内ネットワーク上の他のパソコンとデータを共有することが簡単にできる反面、少し値段が高く、ネット回線の速度に依存するため、速い時と遅い時の差が激しいというデメリットもあります。

クラウドサービスは、iPhoneであればiCloud、Drop boxやマイクロソフトのOne Driveなどに代表されるインターネット上にデータを預けることができるサービスです。

値段も無料のところが多く、保存容量もあり、用意もいらないので気軽に始めたい方にはおすすめです。

ポータブルHDDは、名前の通り持ち運びができる小さいHDDです。

ポケットに入るくらいのサイズですが、最近では1TBくらいの容量もあります。十分なスペックを持っています。

まとめ

バックアップ先には、いろいろな場所がありますが、1番にあなたに合っているかどうかで決めた方がいいと思います。

USB HDDが1番手軽で大容量のデータを保存できるので、手っ取り早く確実なバックアップをとりたい人にはおすすめです。

ただ、USBのHDDは基本的につけっぱなしにしておくことがほとんどなので、1番確実にバックアップするなら、ポータブルHDDを使いましょう。

ポータブルHDDなら、使うときにしか接続しないので、データの破損リスクも大幅に減らすことができます。

まず、バックアップって何?という方は、パソコンにコピーするところから始めるとイメージがわくので、いいかと思います。

一眼レフなのにうまく撮れない 一眼レフは専門用語が多くてわからない 一眼レフが上達できない 一眼レフ下手だった僕が上達できた理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。