一眼レフは精密機器!初心者が間違いやすい一眼レフの扱い方を徹底解説!





コンデジと違って一眼レフは重いです。

サイズも大きいですが、重量感がまず違います。

まして、万が一落としたりでもしたら…

しゃれになりませんよね。

 

10万以上もするカメラが壊れてしまう危険だってあります。

 

一眼レフはその取り扱い方1つで簡単に壊れてしまったり、

不具合が出たりしてしまうことだってあります。

 

正しい扱い方を理解して大事に使ってあげることが重要です。

ただ、もったいないからといってずっと家に置いているのでは意味がないですが。。

初心者が間違いやすい一眼レフの取り扱い方について解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

一眼レフは精密機器である

まず、一眼レフは精密機器であることを覚えておきましょう。

センサーやらCMOSやら素子やら液晶やら…

直接手で触ると壊れてしまうものばかりでできています。

外側はしっかりとカバーされており、

表面からはその姿が確認できないだけで中身はすごくデリケートにできています。

ただ精密機器と言っても、まるだしの基板などのように静電気で壊れてしまったりするほどデリケートではありません。

一眼レフを触る前にやってはいけないことや注意すべきことを説明しておきましょう。

水に濡らさない

当たり前ですが、一眼レフは防水性能はついていません。

一部のコンデジなどは防水タイプのものもありますが、一眼レフで防水のものはありません。

海辺や川など水に濡れやすいシーンでの撮影や遊びの際には特に注意が必要です。

水しぶきも少しなら問題はありませんが、

後々問題になってきたら困りますので、

徹底的にガードするか濡れそうと感じたら、置いてから行くようにしましょう。

海辺や川などでポートレート撮影をするなら、

あまり近づかなくてもいい望遠レンズがおすすめです。

埃・湿度にも要注意

埃はできるだけかぶったらすぐに取るようにしましょう。

カメラの隙間から埃が中に侵入してしまうことも考えられます。

また、長期間放置した埃は、固まってしまい、とれにくくなってしまうので早め早めに確認する方がいいです。

ファインダーカバーなどゴムの部品を使っているところは、

埃もたまりやすいので、ブロワ―でこまめに清掃する癖をつけておきましょう。

湿度は一眼レフが一番苦手とします。

レンズやセンサー部のくもりやカビなど湿度の影響で、

最悪の場合カメラとしての機能がダメになってしまうケースもあります。

日本では特に6月~7月頃にかけて高湿度となるので、防湿庫での管理が望ましいです。

暑さ・寒さに弱い

暑さ・寒さに弱いと書きましたが、人間よりは全然強いです。

人間がダメと思う温度と同じくらいの感覚で管理していれば、

まず壊れることはありません。

例えば、真夏の炎天下の車の中など100度を超えるような場所に置いておくと、ほぼ確実に壊れてしまいます。

冬場でも屋外マイナス近い気温の中に長時間放置しておけば壊れてしまいますが、なかなかそんなことはないと思います。

目安として、人間と同じくらいの環境で管理してあげると間違いありません。

夏場であれば、エアコンをつけますし、冬場であればヒーターをつけた部屋にいますよね?

一眼レフも同じところに置いてあると思うので、それで大丈夫です。

エアコンなどがついていなくても室内であれば人間が死ぬような気温になることはまずありません。

極端に暑いところや寒くなるところに置かないようにすれば問題ありません。

一眼レフの扱い方

では、次に普段の一眼レフの扱い方についてです。

一眼レフは持ち歩いて撮ってなんぼのものです。

つまり、 持ち運ぶ=リスクが高い ということになります。

少しでもそのリスクを減らせる方法を紹介していきたいと思います。

ストラップを使う

一眼レフを買うと、最初から純正のストラップがついてきます。

CanonやNikonとか書かれたハチマキのようなやつです。

ストラップはデザインもありますが、撮影時に落とさず、傷をつけないために使うものです。

首や肩からかけておくことによって、落とすことがなくなります。

また、毎回カバンから出し入れしていると、カメラがこすれてこすれ傷がついてしまったりします。

最近では見た目もおしゃれで実用的なストラップがいっぱい出てきています。

ストラップについてはこちらの記事でおすすめストラップを紹介していますので、参考にしてみてください。

おしゃれで機能的なカメラストラップのおすすめ20選

2016.07.26

センサー部は出さない

一眼レフはレンズをはずすと、センサーが見えます。

(機種によっては隠れているものもありますが)

ここは絶対に触らないようにしましょう!

万が一指紋がついてしまったり、傷がついてしまったりすると、撮影した写真に線が入ったり、にじみが出たりとカメラの性能自体に問題が出てきます。

α7R

このセンサー部が露出するのは、主にレンズを交換するときです。

レンズを交換する時は細心の注意を払って作業するようにしましょう。

レンズの交換方法については、こちらで詳しく解説しています。

面倒な一眼レフのレンズ交換方法|ゴミやほこりに注意!

2016.09.28

レンズフードを使う

レンズフードとは、レンズに付けるカバーの役割を果たしてくれるものです。

ほとんどのレンズには付属でついてきますが、たまについていないものもあります。

ない場合は、2000円~4000円くらいで買えるので、買っておいた方が良いです。

レンズフードを装着することによって、レンズが直接触れることがなくなるので、傷がつくのを防いでくれたり、カメラの写りをよくしてくれるので、ぜひ使うようにしましょう。

撮影にはあまり関係はありませんが、見た目的にもインパクトが強く、かっこいいというのもありますよ(笑)。

持ち運びにはカメラバッグを使う

ストラップで首や肩からかけていてもいいのですが、旅行に行った時の移動時などずっとぶら下げていると結構かさばり邪魔になることがあります。

そんな時のために小さくてもいいので、カメラバッグを用意しておくと小傷の防止にもなりますし、おすすめです。

ただカメラバッグとなると、結構いい値段するので、普段使いにも対応できるデザインのものを選びましょう。

目安としては、カメラともう1本交換レンズが入るくらいのショルダーバッグくらいの大きさがいいですね。

あまり大きいと、収容力はありますが、持ち運ぶのが面倒になってしまいます。

保管は防湿庫でする

カメラは湿度を嫌うという話をしましたが、家で保管をしている時も湿度は大敵です。常に湿度を適度なレベルに維持してくれる防湿庫で保管することが望ましいです。

防湿庫は、安いものから本格的なものになると、初心者にはなかなか手が出ないものです。

安いですが、私も愛用している湿度管理がしっかりとできる格安おすすめ防湿庫はこれです。

湿度メーターもついているので、現在の湿度がどれくらいがすぐにわかります。

60%程度を目指して湿度管理をしてみましょう。

まとめ

一眼レフはカメラ本体もかなり値段が高く、最初のうちはどう使ったらいいのかわからないことが多いと思います。

でも正しく使えばずっと長く使うこともできますし、ガンガン使っても問題ありません。

基本の扱い方と使い方をマスターして写真を撮りまくりましょう。

もったいないからといってずっと家に置いているのではカメラが泣いてしまいます。

ここまで読んでいただいた方は、今日で正しい扱い方はマスターできたはずです。

無駄にお金をかけずに必要なものだけを揃えてカメラライフを満喫しましょう。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>一眼レフを最短で使いこなす講座の詳細へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。