一眼レフカメラを海に持っていく時の注意点とお手入れ方法





夏が来ると、海や川に出かけることが多くなりますね。そんな時、気を付けなければならないことがいくつかあります。

特に海へ行くと、ついつい開放的な気分になってしまいがちでカメラのことを忘れてしまいがちです。

忘れてはいけないことが、一眼レフは精密機器ということです。

わかりにくいですが、パソコンやテレビを持っていると考えれば、イメージは沸きやすいと思います。

一眼レフを海や川で使う時、特に注意しなければならない理由とその対処方法、お手入れ方法までをまとめました。

スポンサーリンク

一眼レフと海の相性

基本的に一眼レフは、海との相性は良くはありません。

海は砂や埃、潮風や塩水の塩分、炎天下の暑さなど精密機器である一眼レフが苦手とするものばかりだからです。

海水浴場などは特に砂場に座りますし、人も多く、自分が気をつけていても他の人が何かをこぼしてしまって水濡れなんてこともないことはありません。

もちろん、ちゃんと意識して使えば問題はありませんが、普通に公園や旅行などで使うシーンと比べると、危険な要素はたくさんあります。

海で一眼レフを使う時に注意しておきたいトラブルの原因を1つずつ詳しく見ていきましょう。

カメラをうm

海で一眼レフを使う時の危険要素

一眼レフを海で使うことは危険がたくさんある

楽しいことばかりの海ですが、一眼レフにとっては辛いことばかりなんです。

具体的に海での危険要素を挙げてみると、

  • 暑さ・熱
  • 水濡れ
  • 海水の塩分
  • 砂・粉塵

 

およそこの4つに分類できます。

暑さ・熱対策

まずは、暑さと熱です。

海へ行く季節は当たり前ですが、夏ですよね。

しかも、海水浴場など私たちが良く行く海は基本的に炎天下の環境が多いです。

私のようにある程度年齢がいってくると、日焼けしないようにテントやタープを持って行く人も多いですが、日焼けをしに行っている人にとっては不要なものですよね。

直射日光をもろに浴び続けていると、スマホでもそうですが、本体がかなり熱くなってきます。

Canonのエントリークラスの一眼レフであるEOS Kiss X8iのカタログ情報を見てみました。

使用可能温度0℃から+40℃
使用可能湿度85%以下

 

夏は湿度が低くカラカラしているので、湿度は無視しても構いませんが、気になるのは使用可能温度。

0℃から40℃までと書かれています。

普通に海水浴場で気温が40℃を超えることはあまりありませんが、置いている状況によっては40℃は軽く超えてしまう恐れがあります。

先に説明しましたが、炎天下に置いておいた場合です。

炎天下で直射日光を浴びていると、カメラの温度は60℃は簡単に超えてしまいます。

そのまま放置して泳いで遊んでいると、帰ってきたらカメラが大変なことになってしまいます。

水濡れ

一眼レフを海で使うとなると、気を付けたいのが『水分』です。

いくら海の中に持って入らないとは言っても、ビーチや砂浜でも水分がつかないということはありません。

置いておいた冷たいペットボトルがぬるくなってきて、水がたれてきたり、海から上がってきた体で周囲を動いているときに水がかかってしまったり…

いろいろな要素で水がつく可能性はあります。ビーチや砂浜に置いておく際は、机の上などできるだけ水がかかりにくい場所に置くようにしましょう。

海水の塩分

直接的には水分と同じことのように聞こえますが、ちょっと違います。

海水に含まれる塩分がカメラ本体についてしまうと、白く白化する現象が起こります

身近な例で言うなら、手汗も同じです。

人間の汗も塩分のかたまりなので、汗をかきすぎると塩分を失ってしまい脱水症状になってしまいますよね。

黒いTシャツを着てスポーツをした後に、汗で背中が白くなってしまったことはありませんか?

あの現象も同じなんです。

早い段階で拭き取れば問題はありませんが、放置しておくと最悪の場合はさびに至ります

砂・粉塵対策

一眼レフは構成が複雑なことから、コンデジに比べて隙間が多く、砂や埃が入りやすくなります。

防水カメラやアクションカムなどは、使用用途がアウトドアなんかになっているので、設計段階で砂や粉塵が入りにくく作られています。

でも、一眼レフは海やアウトドアで使う用に作られてはいないんですね。

特に海では砂浜にいることが多いので、ふとした瞬間に砂まみれになってしまったということもあります。

埃はブロワーで飛ばすことができますが、砂はブロワーのような弱い風で飛ばすことは難しく、1度ついてしまうとかなり厄介で除去するのにも結構な時間がかかります

できるだけ砂がつかないような管理と意識が大切となります。

一眼レフを海で使っていた時にトラブルになった場合の対処方法

海で一眼レフを使っていてトラブルがあった時の対処方法

一眼レフを海で使っていてトラブルになった時の対処方法を紹介

海で一眼レフを使う時の注意点を4つ挙げましたが、海で使ってはいけないと言う訳ではありません。

危険な要素をわかった上で使えば、それなりに意識もしますし、何も知らずに使うよりはずいぶんマシです。

では、海で一眼レフを使う時のトラブル・対処方法はどうすればいいか?をまとめてみました。

本体が熱くなってしまった時

直射日光などでカメラ本体が熱を持ってしまった場合は、日陰に置いて熱が冷めるのを待ちます。

熱いからといって濡れタオルでくるまったりしないようにしてください。

かえって逆効果になってしまいます。

あと、熱い状態の時はできるだけ電源を入れないようにしましょう。放電を防ぐためにバッテリーをはずすことも有効です。

水濡れしてしまった時

カメラ本体に水がついてしまった時は、乾いた布やクロス(ティッシュでもOK)ですぐに拭き取りましょう。

なければタオルで拭いても大丈夫です。

放置しておくと、水分がカメラの中の方まで染み込んでしまい、大事に至ってしまうこともあるので気づいたら早めに対処するようにしましょう。

海水がついてしまった時

海水の場合でも水と同じく早く拭き取ることが大切です。

塩分は乾いてしまうと、シミになってしまうことがあるので、とにかく早く拭き取るようにしてください。

拭き取りは、カメラ用のクリーニングティッシュを使う方がいいです。

持っていない場合は、市販のウェットティッシュでもいいですが、ものによっては刺激の強い成分が含まれるものもあります。

そのため、カバンの中にカメラ用のクリーニングティッシュは常備しておきましょう。

クリーニングティッシュは安くで手に入るので、一眼レフを買ったらセットで買っておくと便利です。

砂や埃がついてしまった時

埃が入ってしまった時は、ブロワ―で飛ばせばとれます。容量の大きいブロワ―を1つ持っておくことをおすすめします。

私が普段から愛用しているブロワーはこれです。

砂が入り込んでしまった場合は、ブロワ―で取り除くのではとりきれないこともあるので、どうしてもとれない場合などは、PC内部清掃用のエアダスターがおすすめです。

ただ、エアダスターは海に持って行くのには荷物になりますし、車内に置いておくと高温で破裂してしまう危険もあるので、自宅へ帰ってからやるようにしてください。

砂が入り込んでしまうと、なかなかとれないので、カメラを置く場所にも気を使い、砂が入らないようにしましょう。

一眼レフを海に持っていた後のお手入れ方法

一眼レフを海に持っていた後は必ず手入れをして砂やゴミを落としておく

一眼レフを海から持ち帰ったら掃除をする癖をつける

海へ持っていっている間もいろいろと気を使う場面がありますが、一番大切なことは家に帰ってきてからのお手入れです。

気をつけて使っていても、潮風などでカメラに砂や塩分が全くつかないということはありません。

潮風はカメラやレンズの金属部分に当たると、変色やサビが発生してしまう恐れがあるので、できるだけ早い段階でカメラとレンズの掃除をするようにしましょう。

カメラとレンズの掃除方法については、『レンズペンでカメラとレンズのカビを防ぐ掃除のやり方』で詳しく解説していますので参考にしてください。

レンズペンでカメラとレンズのカビを防ぐ掃除のやり方

2016.07.18

海水浴場では一眼レフの盗難にも注意が必要

海で危険なのは、カメラのトラブルや故障だけではありません。

一眼レフは盗難の危険性もあります

荷物を置きっ放しで海へ泳ぎに行って留守番が誰もいないところに、カメラを置いておくのは危険です。

日本は海外と違って治安もいいので、ついつい安心してしまいがちですが、万が一帰ってきてなくなっていたらもう最悪ですよね。

カメラは小さいので、カバンにも入れやすく盗難にあっても周りの人に気づかれにくいんです。

そのまま置いておくのではなく、できることなら一人は荷物番をする人が好ましいですが、無理ならタオルで包んでおいたり、カバンの中にしまっておくようにするとまだリスクは減らせます。

カメラを借りるという選択肢もアリ

わざわざ自分の大切な一眼レフを海へ持って行く必要もないんです。

レンズのレンタルサービスの比較でも紹介していますが、最近ではカメラ本体もレンタルすることができます。

ただ、普通の一眼レフを借りていては意味がないので、せっかくなので防水カメラやアクションカメラをレンタルするのも面白いです。

もともと防水ですし、値段も3000円くらいから借りられて、カメラによっては水中で写真を撮ることもできます。

海で泳ぎながら写真を撮ったら、なかなかインスタ映えしそうな写真が撮れますよ。

普通に海へ行った写真をアップしている友人にも差をつけられますね。

何より海へ持って入ることができるので、盗難の心配もないですしね。

DMMいろいろレンタルなら、保証料と往復送料いらずで格安レンタルができるのでおすすめです。

【2018年版】今話題の一眼レフやレンズのレンタルサービスを比較

2016.08.05

海へ一眼レフを持ち込む時のおすすめ装備

おすすめ装備と言うと、ドラクエみたいなイメージになりますが、アクセサリーと考えてくださいね。

基本的には持っていかなくても撮影自体には問題ないですが、とっさのトラブルに対応できたりするのでカメラと一緒に持って行くと便利です。

海へ持って行くカメラ装備

  • ブロワー
  • クリーニングティッシュ
  • タオル
  • レンズペン

先に紹介したブロワー、クリーニングティッシュと合わせて、レンズペンもあるとクリーニングティッシュで拭き取った汚れをさらにきれいに拭き取ることができるので便利です。

クリーニングティッシュはアルコールが含まれているので、拭き跡が残ってしまうことがあります。

その拭き跡を取るのがレンズペンの役割です。

小さいので、海だけに限らずいつもカバンに潜ませておきたいアイテムの1つです。

あとは、暑いので熱を持たないようにかぶせておく用のタオルもあると重宝します。

一眼レフと海【まとめ】

一眼レフは精密機器です。外へ持ち出す時には何が起こるかわからないので、カメラバッグの中には最低でもクリーニングティッシュくらいは入れておきましょう。

個包装タイプのものであれば、かさばらずに持ち運べるのでおすすめです。

私自身もそうですが、BBQなどお酒を飲むような場で一眼レフを持参する場合も特に注意が必要です。

いつもと違うところへ持ち運びする時は少し構えてもしもの準備をしていくと最悪の場合に安心ですね。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>買い切りでずっと使える一眼レフ上達講座の詳細はこちらへ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。