絶対1本は持っておきたい明るいレンズとは?|使い方まで解説するよ

一眼レフの明るいレンズとは





一眼レフ買ったのになんか満足できない写真しか撮れないことってありませんか?

僕は初めて一眼レフを買った当時、よく思っていました。

最初からついているキットレンズだと、どうしても撮れる写真には限界があります。

そこでいろいろ調べていて、たどりついたのが『明るいレンズ』。

今回は、明るいレンズってなんぞや?というあなたのために、明るいレンズについて詳しく解説しました。

スポンサーリンク

明るいレンズの定義・意味

明るいレンズとは?

明るいレンズとは?

まずは、明るいレンズについてその定義や意味から解説しておきたいと思います。

明るいレンズは、暗いところでも明るく写せたり、手ぶれしにくくなるレンズのことを言います。

具体的には、F値の低いレンズのことを言います。

一眼レフのレンズのF値の見方

一眼レフのレンズのF値の見方

この数字が小さければ小さいほど、明るいレンズになります。

キットレンズは、だいたいF値が3.5くらいからですが、明るいレンズになると、F値は1.8や1.4などの数字になってきます。

明るいレンズは、一般的に単焦点レンズに多く、ズームレンズで明るいレンズになると、驚くほど高い値段になってきます。

 

同じ焦点距離でもF値でレンズの大きさが変わる

F値が小さいほど、明るいレンズということはわかっていただけたかと思いますが、1つ注意点があります。

F値の計算方法について、ちょっとご紹介します。

F値の計算方法

  • 焦点距離÷レンズ口径=F値

キヤノンの50mmの単焦点レンズを例にとって、説明してみます。

  • EF50mm F1.8 STM
  • EF50mm F1.4 USM

レンズ 焦点距離 口径 F値
EF50mm F1.8 50mm 35.7mm F1.4
EF50mm F1.4 50mm 27.8mm F1.8

 

同じ焦点距離のレンズでも、F値が違うとその分レンズ口径が増えるので、レンズが大きく重くなってしまうということがわかります。

単焦点レンズなら、それほど大差はありませんが、高いズームレンズになってくると結構差が出てきます。

 

明るいレンズを使うメリット

明るいレンズのメリット

明るいレンズのメリット

手持ちレンズを明るいものに変えると、キットレンズでは撮れなかったような写真がわりと簡単に撮れるようになります。

明るいレンズを使うメリットはたくさんありますが、代表的なものとしては

  • 背景を大きくぼかせる
  • 手ぶれ補正いらず
  • 暗いところに強い
  • 画質がいい

これくらいあります。では、具体的にご紹介していきます。

 

背景を大きくぼかせる

まず、明るいレンズならかんたんに背景をぼかした写真が撮れます。

キットレンズでは、うまく背景をぼかした写真が撮れなかった人でも、レンズを明るい単焦点レンズに変えた途端、急にぼけた写真が簡単に撮れるようになります

背景をぼかした写真を撮るには、一眼レフの設定も必要なので、撮り方についてはこちらの記事をご覧ください。

一眼レフで背景をぼかした写真の撮り方|カメラの設定も実例ありで解説

2016.06.28

 

手ぶれ補正なしでもぶれにくい

一眼レフを使っても手ぶれで失敗することは必ずあります。

ソニーのミラーレス一眼なら、カメラ本体に手ぶれ補正が組まれているモデルがありますが、キヤノンなどはついていません。

 

カメオタくん
設定をちゃんとしないと、手ぶれしやすくなります。

 

レンズに手ぶれ補正がついているものなら心配ありませんが、ついてないレンズもたくさんあります。

そんな時でも、明るいレンズはシャッタースピードを早くすることができるので手ぶれしにくくなります。

 

暗いところでも明るく撮れる

明るいレンズなら暗いところでも明るく撮れる

明るいレンズなら暗いところでも明るく撮れる

明るいレンズは手ぶれしにくいため、室内や暗いところの撮影に強いのも特徴です。

さすがの一眼レフでも、使用するレンズによっては室内や暗いところの撮影は失敗しやすくなります。

でも、レンズが明るければ暗いところでも明るく写すことができるのでミスショットも減らすことができます。

室内や暗いところでの撮影方法については、こちらの記事もどうぞ。

一眼レフで室内撮影する時の撮り方や設定|手ぶれを防ぐ秘訣

2016.07.25

 

ズームレンズに比べて画質がいい

最後に明るいレンズは、画質のいいものが多いです。

明るいレンズがいいというよりかは、明るいレンズのほとんどは単焦点レンズだからです。

ズームレンズと比べると、単焦点レンズは圧倒的に画質がいいです。

 

カメオタくん
レンズの構造が複雑にならないから、その分光学性能が高いんです。

 

その代わり、ズームができないので、自分の足でいろいろ動いて最適な構図を探す必要はあります。

ただ、構図を自分で探すため、いろんなパターンの撮り方がわかったり一眼レフの勉強にもなります。

 

明るいレンズもデメリットがある?

明るいレンズのデメリットとは?

明るいレンズのデメリットとは?

明るいレンズのデメリットはただ1つで、値段が高いことです。

値段が高いというのは、ズームレンズだけに限った話で、単焦点レンズはそれほど高くありません。

ズームレンズでF2.8以下のレンズは、10万円を超えるものもたくさんあるので、買うのにもちょっと勇気がいりますよね。

その点、単焦点レンズならF1.8くらいの明るいレンズでも、3万円ほどで買えるものもたくさん出ています

コスパのいい明るい単焦点レンズは、『Canonの人気単焦点レンズのおすすめ12選』で紹介しています。

 

明るいレンズのおすすめはどれ?

おすすめの明るいレンズ

おすすめの明るいレンズ

値段と画質をどちらも両立するためには、ズームレンズではなく単焦点レンズがおすすめです。

やはりズームレンズで明るいレンズを選ぼうと思うと、かなりの出費を覚悟しなければなりません。

それなら、値段を安く抑えて2本単焦点レンズを持っている方が絶対いいですよね。

明るくて値段も安く手に入れられる単焦点レンズのおすすめは、こちらの記事をチェックしてみてください。

12本のおすすめ単焦点レンズを紹介しているので、レンズ選びの参考になるはずです。

Canonの人気単焦点レンズのおすすめ12本!|比較あり

2018.04.29

 

明るいレンズが向いている場面・被写体は?

明るいレンズが向いている場面は?

明るいレンズが向いている場面は?

明るいレンズでないとうまく撮りにくい場面をいくつか紹介しておきます。

暗いレンズでも撮れないことはないですが、カメラの設定などをいろいろ触る必要があるので面倒ですよね。

次のような場面では、明るいレンズはその性能をフルに活かすことができます。

  • 室内撮り
  • 星空撮影
  • 夜景写真
  • 背景を大きくぼかしたい時

室内や体育館などの屋内で撮影するときや、夜景・星空などを撮りたいときは明るいレンズは必須です。

特に星空を撮りたいときは、レンズ自体が明るくないと、星が写らないので、できればF2以下のレンズが欲しいところです。

あと、背景をがっつりぼかしたいときも明るいレンズはおすすめです。

 

まとめ

一眼レフ用の交換レンズは、暗いよりも明るいに越したことはありません。

ズームレンズにこだわってしまうと、明るいレンズはかなり高くてなかなか買えないので、単焦点レンズを検討してみてください。

単焦点レンズは、安く買えて画質がいいので、1本買っておくだけで長い間飽きずに使い続けることができます。

 

12本で必ずいいレンズが見つかります

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

一眼レフの明るいレンズとは

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。