面倒な一眼レフのレンズ交換方法|ゴミやほこりに注意!

一眼レフカメラのレンズ交換方法とレンズ交換時の注意点を解説





こんにちわ。

レンズ変えてますか??

一眼レフはレンズを交換できるのが楽しいですし、醍醐味とも言えます。

レンズ交換は意外にリスクが多いので、やる前はちゃんとやり方を知っておく必要があります。

 

レンズが汚れていると、ほこりで目が見えねぇ!!なんてレンズが怒ってしまいます。

 

この記事では、正しいレンズの交換方法を写真付きでがっつり解説するので、レンズ交換マイスターになって帰っていってください。

スポンサーリンク

ミラーレス、一眼レフでも最大の敵は『ほこりとゴミ』

ミラーレスでも一眼レフカメラでもどちらにせよ、一番厄介なのは『ほこりとゴミ』です。

カメラはパソコンと同様、かなりの精密機器のかたまりでできており、ゴミがカメラ本体やレンズの内部へ入るだけで故障につながる可能性もあります。

普通に使っているだけではそれほど心配はありませんが、レンズを交換する時は一番危険な状態になります。

レンズ交換はカメラもレンズも丸はだかの状態になってしまいますからね。

ほこりやゴミがレンズやマウント部にたまってしまうと、写真を撮ったときに異物が写り込んでしまうのでここはちゃんと意識しておきましょう。

一眼レフのレンズ交換前に知っておきたい注意点

一眼レフのレンズの交換は、そんなに難しいものではありませんが、注意点がいくつかあります。

交換するレンズのレンズキャップはつけたままにしておきましょう。

余計な埃が入ると厄介ですので、キャップはつけたままが鉄則です。

事前準備として手はきれいにしておきましょう。

汗でべたべたな手や濡れた手ですると、レンズやカメラ本体が壊れる恐れがあります。

レンズやマウント部は触らない

センサー部(カメラ本体のむき出しになっているところ)とレンズのマウント部(レンズのむき出しになっているところ)は絶対に手で触らないようにします。

指紋がつくと、あとあと拭き取りも面倒なので触らないことが一番です。

ゴミやほこりが入り込んでしまうと、写真に変なものが一緒に映り込んだり、レンズの故障にもなりかねないので注意が必要です。

交換時は下向きにする

レンズを交換する時は、カメラを下向きにしてさっとレンズを交換します。

だらだらとやっていると、空気中に待っているほこりやゴミなどがレンズの内部に混入してしまう恐れがあります。

特にほこりは宙を舞っているので、上を向けた状態だと確実に入り込んでしまいます。

ほこりがついてしまったら、ブロアで飛ばせばいいのですが、できる限り面倒なことはしたくないですからね。

下向けにしてそこにレンズをあてがうように持ってくれば、ほこりやゴミの混入リスクもだいぶん抑えられます。

屋外ではほこりの少ない場所でする

屋外でレンズを変える場面も中にはあります。

完全に室内やほこりの少ないところで交換できることにこしたことはないですが、どうしても外で変えなければならない時も出てきます。

そんなときは、できるだけほこりの少なそうな場所で交換するようにしましょう。

特に運動会はグラウンドの砂埃がたちますし、海辺では潮風でほこりが飛び回っているような環境です。

ちょっと面倒でも、レンズの寿命を伸ばすためにも車の中で交換するなど少し一工夫が必要です。

屋外でレンズを変えないのが一番ベストですが、やむを得ない場合は交換する場所を考えるようにしてください。

レンズキャップは外さない

あとでレンズの交換方法を説明しますが、交換するときは交換前のレンズも交換後のレンズもレンズキャップはつけたままにしておきましょう。

レンズ交換の時に写真を撮ることはまずないので、わざわざレンズキャップを外しておくことはありません。

誤ってレンズの先端を触ってしまうことがないようにキャップははめたままでやりましょう。

交換時は電源を切る

当たり前ですが、レンズの交換時は必ずカメラの電源は切っておくようにします。

一眼レフも精密機器ですので、パソコンと同じように電源がついている状態でいきなり電源オフにしたりすると最悪機器の故障につながる恐れがあります。

一眼レフは電源オンのままで機器の交換ができるような設計にはなっていません。

カメラ本体とレンズ両方がおかしくなってしまう危険があり、リスクしかないのでレンズ交換前は必ず電源を切っておくようにしてください。

【写真つき】素早くできるレンズ交換のやり方

一眼レフカメラのレンズを交換する方法を解説

実際のレンズの交換方法を外し方と付け方に分けて詳しく解説します。

一眼レフカメラのレンズの交換時間はおよそ5分から10分程度あればできます。

慣れたら1分ちょっとあればできるようになるので、はじめのうちは慎重すぎるくらいでも十分です。

レンズの外し方

一眼レフカメラのレンズ交換時はレンズの横にあるボタンを押してレンズを外す

ボタンを押す

一眼レフカメラのレンズ横にある取り外しボタンを押してレンズを外した状態

レンズを外す

一眼レフカメラのレンズを外した後はレンズキャップをはめてゴミの混入を防ぐ

レンズキャップを忘れずに

 

一眼レフカメラからレンズを外すのはかんたんです。

レンズの側面についているボタンを押すと、レンズのロックが外れるのでレンズをくるくると回転させると外れます。

レンズを外すと、カメラのセンサー部とレンズのマウント部がモロ見えになるので、取り扱いは注意してください。

外したレンズのマウント部には、これから交換するレンズについているレンズキャップをつけておきましょう。

レンズ交換はリスクだらけの作業なので、できる限りリスクは減らしておくことがポイントです。

 

一眼レフカメラでレンズを外した後は外したレンズを交換前に遠くへ置いておく

レンズはいったんよける

一眼レフカメラのレンズ交換でレンズを外した後はカメラのマウント部分のゴミや埃を飛ばしておく

マウントの掃除

一眼レフカメラのレンズ交換で交換するレンズもゴミや埃を交換前にブロアで掃除しておく

交換レンズもきれいに

 

取り外したレンズは、いったん離れた場所に置いておきましょう。

レンズ交換の際に邪魔になるので、手の届かないところが好ましいです。

カメラとレンズのマウント部は普段なかなかお目にかかることができない部分なので、外したついでにブロアで掃除しておくといいですね。

外しついでなのでたいした手間もかからないのでおすすめです。

レンズやカメラのセンサー部(はだかの絶対触ってはダメなところ)にほこりが入っていると画質にも影響が出るので、ほこりは飛ばしておきます。

レンズの付け方

一眼レフカメラのレンズ交換はレンズとカメラに書いてある目印を参考にしてレンズを装着する

目印を合わせる

一眼レフカメラのレンズを交換する時はカチッと音がするまで回して差し込む

音がするまでさす

 

レンズを付けるときも外すときと同じで、カメラのセンサー部分にある目印とレンズの目印を合わせます。

うまくはまると、カチッと音が鳴るので音がしたらオッケーの合図です。

音が鳴らない場合は、うまくはまっていないので最悪マウント部が傷ついてしまう恐れがあります。

焦らず無理に回さずに目印が合うところを探してやり直してください。

 

一眼レフカメラのレンズ交換はホコリやゴミの混入を防ぐために下向きにしてからやる

下向きで交換する

一眼レフカメラでレンズを交換した後の写真

レンズ交換後

 

レンズ交換のときは、ゴミやほこりが入りにくいようにカメラを下向きにします。

交換するレンズはカメラが上にあるため、直接的にほこりが入らないので安心です。

横向きで交換すると、カメラもレンズにもほこりが混入してしまう危険があるので、おすすめはできません。

一眼レフのレンズ交換を便利にするおすすめグッズ

一眼レフカメラのレンズ交換で交換にあったほうがいいおすすめのグッズの紹介

レンズ交換は特に必要なものがあるわけではありませんが、あると役立つアイテムがあるので合わせて紹介します。

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

あると便利なグッズは、ブロアとメガネ用の拭き取りクロスだけです。

ブロア(ほこりを飛ばす)

一眼レフカメラのマウント接合部は意外に汚れていてゴミがたまりやすいのでブロアで掃除する

マウント接合部の掃除

一眼レフカメラのレンズ交換の時に合わせてやりたいのがレンズマウントの接合部の掃除

レンズマウントの掃除

 

レンズ交換手順でもたびたび写真に登場してきましたが、ブロアはほこりを飛ばすことができて値段も安いので1つ持っておくことをおすすめします。

マウントや接合部分だけでなく、ファインダーの中やボディ全体についたほこりをさっと飛ばせるので便利です。

 

メガネ用クロス(傷つき防止)

レンズをはだかの状態で机などに置くのは、傷がついたりするのであまりよくありません。

レンズ自体も高いので、一眼レフ用のレンズは基本的にほぼ一生使ってもいいくらい寿命も長いです。

長く使うレンズに傷がついたら、使えてもモチベーションが上がりません。

そこで、あると便利なのがメガネ用のクロスです。

メガネのクロスは繊維も細かく、傷がつきにくいのでレンズを拭くのはもちろん、レンズの置き場所に敷くときにも重宝します。

カメオタくん
レンズ交換のときにレンズをメガネ拭きの上に置いておくと傷つき防止にいいですよ。

アマゾンでも20枚入りで500円を切る値段で売っているので、持っていない方はこの機会に揃えておきましょう。 

消耗品なので、枚数はあればあるほど助かります。

 

サブカメラを持ってレンズ交換しないのも1つの選択肢

デジタル一眼レフカメラだけだとレンズ交換が面倒なのでサブカメラを持っておくと便利

レンズ交換をしなくてもいいように、もう1台サブカメラを持つというのもアリです。

サブカメラというと、お金かかるから高いわ!ってなりそうですが、コンデジならそれほど高くもないのでおすすめです。

1型センサーを搭載する高級コンデジなら、画質はL判写真サイズなら一眼レフとほぼ変わりません。

【カメラ選びの基本】イメージセンサーの種類をサイズ別に比較

2016.06.25

標準ズームでカバーできる範囲はコンデジに任せて、一眼レフでは超広角や望遠域だけに特化するという使い方をする一眼レフユーザーは多いです。

ソニーのRX100は発売からずいぶんと時間がたっていますが、今でもまだ現役で売れ続けている人気の高級コンデジです。

発売当時は10万円近い値段でしたが、今では4万円を切る値段で買えちゃいます。

ポケットにも入るサイズなので、ふとしたときに撮りたい!今すぐ撮りたい!といった場面で大活躍してくれます。

センサーサイズが大きいので、スマホよりも高画質で撮ることができます。

一眼レフのレンズ交換【まとめ】

一眼レフはレンズを交換できる点が、スマホやコンデジにはない魅力です。

ただ、正しいやり方でしないと逆にレンズを痛めてしまう可能性もあります。

レンズも1本1本高いので、レンズ交換で傷つけたり汚していてはもったいないですよね。

特に屋外でレンズを変えるときは気をつけてください。私も昔にレンズにほこりが入ってしまってテンパった経験がありました。

 

ただ、レンズを変えるだけでは一眼レフはかんたんに上達はできません。

設定や基礎となる知識をしっかり理解してこそ、レンズやカメラの性能をフルで使いこなすことができるようになります。

本を読むのはどうも続かないという人向けのおすすめ講座があります。

>>一眼レフを最短で上達するためのおすすめ講座の詳細へ

 



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

一眼レフカメラのレンズ交換方法とレンズ交換時の注意点を解説

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。