【作例多数】SEL85F18の実写レビュー|価格と描写力に感動!

SEL85F18を1年近く使って感じた感想とレビュー





ソニーEマウントの単焦点レンズ群の中で忘れられがちなのが、SEL85F85。

85mmと聞くと、どうも扱いにくいというイメージを持たれている方がほとんどではないでしょうか?

人物などのポートレート写真はもちろんですが、いろんな用途に使える万能レンズです。

この記事では、カタログには書いていないEマウントの無印85mmのSEL85F18の詳細レビューをまとめています。

結論、安いわりにすごい性能なので買って損はないレンズです。


スポンサーリンク



SEL85F18の主な特徴

ソニーEマウント中望遠レンズ SEL85F18

ソニーEマウント中望遠レンズ SEL85F18

 

 値段 6万前後
 フルサイズ対応 フルサイズ対応
 発売日 2017年3月
 絞り羽根枚数  9枚
 最短撮影距離  0.8m
 開放F値  F1.8
 手ぶれ補正機構  なし
 フィルター径 67mm
 レンズ構成 8群9枚
 焦点距離   85mm
 フォーカス  AF/MF
 最大径×長さ   78×82mm
 重量   371g

SEL85F18はソニーEマウント用の中望遠の単焦点レンズですが、ツァイスでもGレンズでもなくごく普通の無印レンズです。

称号がつかないレンズを俗に無印レンズと呼びますが、このレンズは無印レンズながらGレンズに匹敵するほどのスペックを持っています。

特にポートレート写真は抜群に使いやすく、子供の写真は誰でもワンランク以上レベルの高い写真がかんたんに撮れるようになります。

 

開放F1.8で明るい

6万円で買えるEマウントの単焦点レンズでは珍しく、開放F値はF1.8ととにかく明るいです。

その明るさからボケを強くいかした写真はもちろん、ふんわり柔らかいボケの写真や室内や暗いところでの撮影も余裕でこなせます。

手ぶれ補正こそついていませんが、開放F1.8という明るさで手ぶれ補正がなくても問題はありません。

 

解像度が高い

無印レンズでありながらも驚くほど解像してくれて、描写力の非常に高いレンズです。

人物撮影をしていても、人の輪郭や髪の毛、服の色など細かなところに至るまでその描写力は圧巻です。

フルサイズのレンズだと、ピントがジャストで合ったところでないと、写りがイマイチということもあります。

でも、このレンズならそんな心配もありません。

開放気味で撮れば、シャッタースピードが不足することもないので、解像力をフルにいかした写真を撮りやすいのも高評価ですね。

 

ボケが上品

SEL85F18は、上品なボケを出してくれる点も評価の高いポイントです。

背景をぼかした写真でも、ぼかした境界線とぼけていない箇所が自然に写せます。

ぼけぼけに写るのではなく、ほどよく滑らかな感じになってくれます。

ぼけすぎると肝心の被写体がぼやけてしまうこともありますが、SEL85F18なら、被写体を損なわないぼけ具合で主張しすぎないぼけ方をしてくれます

なだらかに自然な感じでぼける上品さに私は惚れました。

 

SEL85F18の実機のレビュー

実機のレビューをレンズ単体と私が普段から使っているα7 Ⅱに装着した写真にわけて紹介します。

レンズ単体の写真

SEL85F18のレンズ正面
レンズ全体
SEL85F18の側面写真(AFボタンとフォーカスロックボタン)
レンズ側面

 

レンズ自体はそれほど大きいこともなく、重量も371gと軽いです。

α7 Ⅱにつけていてもレンズだけが主張するようなこともなく、バランスが取れています。

レンズ側面には、フォーカスホールドスイッチとAFとMFの切り替えスイッチが付いています。

花やオブジェなど、止まっている被写体の場合、MFに切り替えるのがすぐできて便利です。

 

フォーカスホールドスイッチも、ピントを固定して構図を決めるときに重宝します

意外にこのボタンがついていないレンズがないので、安い値段なのに親切な設計と言えますね。

 

レンズフードをつけた状態のSEL85F18側面写真
レンズフードあり
SEL85F18のピントリングのアップ
ピントリング部
SEL85F18を上面から撮影した写真
レンズ上面

 

レンズフードが大きめですが、つけてみるとミラーレスのαが一眼レフみたいになっていい感じです。

ピントリングはいい感じの硬さで軽すぎず緩すぎずで回しやすいです。

 

α7 Ⅱに装着した写真

SEL85F18をα7 Ⅱに装着した写真②
側面写真①
SEL85F18をα7 Ⅱに装着した側面写真
側面写真②

 

α7 Ⅱにつけてみると、それほどレンズが主張するというイメージもなく、いい感じに馴染んでいます。

レンズの太さも程よい感じで握りやすく、がっしりしています。

α7系のフルサイズミラーレスにはサイズ感もぴったりでよく似合います。

α6000系でも望遠レンズほどサイズも大きくないので、扱いやすいサイズだと思います。

 

ボケ方を4つのパターンのF値で比較

ボケが上品と言っていたので、ボケ具合をF値を変えて、いろいろと撮影してみました。

開放のF1.8、F2.8、F5.6、F8、F13の4パターンで撮影してその写り方を比較しました。

それぞれ全体写真とピントが合っている部分の拡大写真をトリミングしてみましたので参考にしてください。

 

絞りF1.8で撮影

SEL85F18でF1.8で撮影した写真
F1.8で撮影
F1.8のピント部分拡大写真
ピント部拡大

 

F1.8だと背景はがっつりボケます。

ボケ方を見ると、被写体が浮かび上がるようにボケています。

ハットのリボン下あたりから自然な感じでボケているのがおわかりいただけるかと思います。

なだらかなボケ方がSEL85F18の特徴です。

 

絞りF2.8で撮影

SEL85F18でF2.8で撮影した写真
F2.8で撮影
F2.8のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

F2.8でもまだボケ具合は強く、パッと見はそれほど変わりありませんが、ハット全体の輪郭を見ると少し解像度が上がっていることがわかります。

 

絞りF5.6で撮影

SEL85F18でF5.6で撮影した写真
F5.6で撮影
F5.6のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

F5.6まで絞ると、ボケが少し少なくなって、さらにカリッとした描写になります。

被写体が浮き上がるように撮れるのもこのあたりの設定がドンピシャです。

個人的に一番好きなボケ具合です。

 

絞りF8で撮影

SEL85F18でF8で撮影した写真
F8で撮影
F8のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

パンフォーカスよりで撮影したいときは、F8まで絞るとさらにカリカリの描写になります。

ワインレッドの色味1つとっても、細かい色味の違いが表現できています。

普通であれば、F8になると背景にもピントが合いますが、85mmという焦点距離の特性上、少し圧縮効果が入ります。

そのためで、それほどボケボケにならないのもこのレンズのいいところです。

 

絞りF13で撮影

SEL85F18でF13で撮影した写真
F13で撮影
F13のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

F13まで絞ると、背景もくっきりとピントが合います。

子供2人以上で写真を撮りたいときは、これくらいまで絞ってあげると全体にピントを合わせることができます。

 

SEL85F18の作例写真(こんな写真が撮れる)

実際にSEL85F18で撮影された写真をSNSから探してきました。

ポートレートメインの作例が多くありましたが、できるだけいろんな作例を集めました。

このレンズに変えるだけで、今までとは一味違った写真が撮れるようになります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

taruphoさん(@taruphoto_ig)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gift of Lightさん(@gift.of.light)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

라희さん(@rarapic)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yeah sugaさん(@photogragon)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

날아라흑곰さん(@flybear0078)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

날아라흑곰さん(@flybear0078)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RYOTO IKEDAさん(@a7m2_ikd)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

忌廉波Creamy Ballさん(@creamyball)がシェアした投稿

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

 

SEL85F18のレビュー【まとめ】

85mmというと、一般的に中望遠レンズになり、扱いにくい画角でなかなか初心者には手が出せないレンズというイメージです。

しかし、このレンズは違います。

むしろ、初心者にこそ試してほしいレンズと言いたいくらいです。

 

値段も6万円前後で買える抜群のコスパなので、ノリで買っても十分にもとがとれるレンズと言えるでしょう。

悪いところも言いたいですが、正直それほどのデメリットが見当たらないレンズです。

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

 



関連コンテンツ一覧



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

SEL85F18を1年近く使って感じた感想とレビュー

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。