【実機レビュー】タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)|ソニーEマウントの最強標準ズームレンズ

タムロン 28-75mm F2.8 実機を使った作例多数の実写レビュー





2018年5月、ついにタムロンからソニーEマウント用のF2.8通しの標準ズームレンズが発売になりました。

28mmから75mmまでをカバーして、さらにズーム全域でF2.8という驚異のスペックを持つ最強ズームと言えるレンズが初めてソニー純正以外から発売されました。

今までは標準ズームでF2.8通しと言うと、ソニー純正のSEL2470GMしかなくレンズだけで20万円を超える値段でした。

今回発売されたタムロンの標準ズームA036は、Gマスターとほぼ同じスペックでありながらもF2.8通しで9万円を切る値段で買うことができます!

公式発表を見て、すかさず予約してしまいました。

そこで、どこよりも早くA036の良さを伝えたかったので、発売日に届いたA036を持って写真を撮りに行ってきました。

実機のレビューと作例を中心にタムロンの28-75mm F2.8を紹介します。

スポンサーリンク

タムロン 28-75mm F2.8(A036)の基本スペック

ソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズーム タムロン 28-75mm F:2.8 Di Ⅲ RXD (A036)のレンズ外観写真

ソニーEマウント用F2.8通しの標準レンズ タムロンA036

 値段9〜10万 
 フルサイズ対応 ◯
 発売日2018年5月 
 絞り羽根枚数9枚 
 最短撮影距離0.19m 
 最大撮影倍率1:4
 開放F値F2.8 
 手ぶれ補正機構なし
 フィルター径67mm 
 レンズ構成12群15枚 
 焦点距離28〜75mm 
 フォーカスAF/MF 
 最大径×長さ73×117.8mm 
 重量550g  

タムロンA036は、ソニーEマウントのフルサイズミラーレスに専用開発された強烈なスペックを持ったサードパーティ製標準ズームレンズです。

28mmから75mmまでの標準域の全域でF2.8通しで使える素晴らしい光学性能をはじめ、α7系のフルサイズミラーレスにぴったりのコンパクトなサイズとなっています。

主な特徴

  • 最短撮影距離が0.19m
  • ファストハイブリットAF対応
  • DMF・瞳AFにも対応
  • 外観に防滴・レンズ表面に防汚コート
  • BBAR(反射防止)コーティングの採用

タムロン 28-75mm F2.8 A036のデメリット

カタログや公式サイトではなかなかデメリットって書いていないので、実際に手にとって私が感じたデメリット部分を書きます。

  • ズームすると鏡筒が伸びる
  • レンズフードのバランスがイマイチ

ソニーの純正キットレンズのSEL2870は、インナーズーム構造となっており、ズームしてもレンズの鏡筒はそれほど伸びませんが、タムロンの28-75mm F2.8はアウトズームで鏡筒が伸びます

75mmの望遠端になると、それなりにズームレンズ感が出て、結構伸びてしまいます。

α7 ⅡにタムロンソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)を付けて望遠端75mmまで伸ばすとレンズの鏡筒が伸びてしまう

タムロンの28-75mm F2.8 A036はレンズ鏡筒が伸びる

私が今まで使ってきた標準ズームレンズがほぼ全てインナーズームだったので、今回ちょっと違和感を感じました。

慣れだと思うので、使っているうちに感じなくなると思いますが、はじめのうちは望遠レンズみたいに鏡筒が伸びるので馴染みのない方は少し違和感があるかもしれません。

レンズの鏡筒が伸びることに関連して、タムロンの28-75mm F2.8は付属してくるレンズフードが小さいです。

タムロンソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)はレンズフードが小さい

タムロン28-75mm F2.8はレンズのわりにレンズフードが小さい

このサイズならもう少し大きい花形フードの方がバランスがいいと思うので、これはマイナスと感じました。

望遠レンズのようにレンズフードが大きくて存在感があると、レンズの鏡筒が伸びてもそれほど違和感はありませんが、レンズフードが小さいため、バランスはイマイチです。

フレアやゴーストはレンズの設計で対策がなされているので、それほど気にはなりませんでしたが、もう少しゴツめのレンズフードの方が見た目はかっこいいかなと思います。

タムロン 28-75mm F2.8 A036のメリット

ただ、このレンズそれ以上にメリットが多くあります。

タムロンの28-75mm F2.8のメリットは発売前から出ている情報だけでも、結構ありましたが、実際手に持ってみるとなるほどと思う良さがありました。

実際に持って使った感想から、タムロンの28-75mm F2.8 A036のメリットを紹介します。

  • コスパは最強
  • かなり寄って撮影できる
  • AFが速く静か
  • レンズの汚れが落ちやすい

コスパの良さ

まずライバルになるレンズがソニー純正のSEL2470GMなので、値段の面で言うとコスパ面では最強のレンズと言えます。

SEL2470GMは20万以上するところ、タムロンの28-75mm F2.8は9万円以下で買えてしまいます。

もちろん、解像度などG  Masterには及ばないところはありますが、それでも高画質と値段のバランスで見ると最高です。

かなり寄って撮影できる

タムロンの28-75mm F2.8は、最短撮影距離が0.19m(19cm!)で最大撮影倍率1:4となっています。

被写体にかなり近づいて撮影することができ、デフォルメの効いた独特な写真を撮ることもできます。

ソニーEマウント用標準ズームレンズ タムロンの28-75mm F2.8で近接撮影した作例写真

タムロンの28-75mm F2.8 A036で近接撮影した作例

画像引用:タムロン公式サイト

寄って撮影しても最大撮影倍率は大きいため、フレーム内に小さく写ることはありません。

かなりパンチの効いたインパクトのあるSNS映えする写真が撮れます。

AFが速く静か

AFにはRXD(Rapid eXtra-silent stepping Drive)を搭載しており、モーター音はほぼ無音でピントが合うのも速かったです。

また、レンズ位置を高精度に検出するセンサーも組み込まれており、AF-Cなどの動体追従撮影や動画撮影時でもかなりの威力を発揮してくれます。

ソニーのファストハイブリットAFにも対応しているため、AF性能は純正レンズと大差ありません。

レンズの汚れが落ちやすい

タムロンの28-75mm F2.8は、屋外使用を考えて作られており、レンズ表面に防汚コートがされています。

撥水性・撥油性に強いフッ素化合物によるコーティングとなっていて、水滴や手垢がついても拭き取りが容易になっています。

レンズ全体には簡易防滴構造でシーリング部分が厚くなっているので、屋外使用で神経質になることもありません。

タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)のレンズ防滴構造

タムロン28-75mm F2.8 A036の防滴構造

見える部分だけでなく、レンズの内側にも数カ所に防滴用の専用シーリングがついているのでガンガン使えます。

生産が追いついていないのか現在納期が未定になっているショップも多いので、購入を検討される方は一度確認してみてください。

楽天市場は意外に安く売っているショップもあるので、比較する場合はチェックしておいた方がいいです。

タムロン 28-75mm F2.8(A036)のレンズ外観

レンズの外観写真を角度を変えて何枚か撮影してみました。

F2.8通しというスペックから、サイズ感は小さいということはなく、それなりの存在感があって個人的には好きな大きさで持ちやすいです。

レンズ各部の詳細写真

ソニーEマウント用標準ズームレンズ タムロン28-75mm F2.8 A036のレンズ外観

レンズ外観

ソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)のレンズ鏡筒

ピントリング部

ソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロンソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)のレンズマウント

レンズマウント部

 

レンズ単体で見ると、結構サイズは大きく見えますが、持ってみるとなかなかしっくりきていい感じです。

望遠レンズのような液晶画面やフォーカススイッチなどスイッチ類はついていないため、シンプルな構造になっています。

ソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)のズームリング

ズームリング部

ソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)のレンズ鏡筒の拡大写真

レンズ鏡筒中心

 

ズームリング、フォーカスリング共に適度なトルク感となっており、重すぎず軽すぎず使いやすい重さでした。

ソニー純正のキットレンズSEL2870と比較してみました。

ソニーEマウント用標準ズームレンズ タムロン28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)とソニー純正SEL2870の比較

純正キットレンズSEL2870とタムロンA036の比較

純正キットレンズのSEL2870と比べてみると、結構大きいことがわかります。

レンズの重さ比較

  • キットレンズSEL2870 →  295g
  • タムロン 28-75mm F2.8 →  550g
  • 純正Gマスター SEL2470GM →  886g

GマスターのSEL2470GMはさすがに重いですが、タムロンのA036はキットレンズとちょうど間くらいの重さでスペックから考えればむしろ軽いくらいです。

α7 Ⅱに装着した写真

α7 Ⅱにタムロンの28-75mm A036を装着してみましたので、レンズ装着時の写真を何枚か紹介します。

ソニーEマウントフルサイズミラーレス一眼α7 ⅡにタムロンソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)を付けて正面から撮った写真

正面から撮影

ソニーEマウントフルサイズミラーレス一眼α7 ⅡにタムロンソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)を付けて正面から撮影した写真

レンズフードあり

 

次に側面から撮った写真を紹介。Gマスターと比べると小さいですが、それなりに存在感はあります。

ソニーEマウントフルサイズミラーレス一眼α7 ⅡにタムロンソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)を装着して撮った写真(側面)

側面から撮影

ソニーEマウントフルサイズミラーレス一眼α7 ⅡにタムロンソニーEマウント用フルサイズ対応標準ズームレンズ タムロン 28-75mm F:2.8 Di III RXD (Model A036)を付けて撮影した写真(レンズフードありで側面から撮影)

レンズフードあり

 

α7 Ⅱに装着すると、レンズと合わせて1kgをちょっと超えるくらいですが、男性なら持った感じそれほど重いと感じることはありません。

ストラップなしで持つ場合や女性の方が持つには少し重いと感じるかもしれません。

【作例写真】タムロン 28-75mm F2.8(A036)で撮影してきた

滋賀県の近江八幡にある八幡堀へ行ってきました。色味がイマイチですが、画質は良好でした。

タムロンの28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡堀の写真

映画るろうに剣心の撮影場所

タムロンの28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡堀の船着場

八幡堀の船着場

タムロンの28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡堀を巡る屋型船

八幡堀の水郷めぐりの屋型船

タムロンの28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡堀の散歩道

八幡堀沿いの散歩道

タムロン28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡堀の商店街の石畳

八幡堀の商店街の石畳

これらの風景写真はほぼ全て広角端の28mmで撮影しています。

散歩道の写真だけ50mmで撮っていますが、広角端でもなかなかキレのある描写をしていて驚きました。

次に近接撮影がどれくらいのものなのか、近寄って撮影してみました。

自宅で飼っている猫ちゃんを撮ったものですが、これも25cmくらいの距離から撮影しています。

タムロン28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した猫の写真

自宅で飼っている猫ちゃん

次に縦構図で撮った写真を何枚か紹介します。

タムロン28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡堀の枝垂れ柳

八幡堀にある枝垂れ柳

タムロン28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した逆光の八幡堀の枝垂れ柳の写真

枝垂れ柳を逆光で撮影

逆光で撮影しても、目立つフレアやゴーストは出ずいい感じに写りました。

最後に八幡神社の建物写真。

タムロン28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡神社の本殿

八幡神社の本殿

タムロン28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡神社の正門

八幡神社の正門

タムロン28-75mm F2.8(Model A036)で撮影した八幡神社の賽銭箱の七福神

賽銭箱の七福神

ちょっと画像を圧縮しているので、描写が甘く見えますが等倍に切り出すとカリカリに描写しています。

神社の建物はF8で撮影していて、仏閣や木々まで細かいところもしっかり解像してました。

まとめ

SEL2470GMの半値で買える優秀な標準ズームレンズがこのタムロンのA036です。

実売9万円以下で買えることを考えると、このスペックではかなりお買い得なレンズであると言えます。

個人的に何のレビューもない発売前に予約して買うという強烈な衝動買いをしてしまいましたが、このレンズに関しては買ってよかったと思っています。

Eマウントの標準ズームは、キットレンズかツァイスの1670ZかGマスターくらいしか選択肢がない中で、このレンズは値段と性能を高次元で融合させた最高のレンズです。

キットレンズからのステップアップに検討されている方はおすすめです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

タムロン 28-75mm F2.8 実機を使った作例多数の実写レビュー

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。