旅行へ持って行くレンズの選び方とおすすめレンズの紹介

旅行用の一眼レフの交換レンズの注意点とおすすめ





一眼レフを持っていると、普段のお出かけや旅行には持って行きたいですよね。

買ったばかりの時はもちろん、いつも持ち歩いている人も旅行となれば、普段撮れないような写真を撮るチャンスです。

持っているレンズを全部持っていけば、レンズ選びに迷うことはないのですが、そうもいかないですよね。

 

レンズ3本くらいカバンに入れれば、それだけで軽く1kgは超えてしまいます。

 

モバイル用のノートパソコンを持っているのと同じくらいの重さになってしまうので、できる限り持ち運びするレンズは少なくしておきたいですね。

 

旅行へ行く場所によってレンズ選びは変わってくるので、旅行先ごとのおすすめレンズを紹介します。

当記事では、CanonとソニーEマウントのユーザー向けに書いています。

スポンサーリンク

旅行へ行く場所に合わせたレンズ選び

旅行用のレンズ選びは、行く場所に合わせてレンズを選ぶことが大切です。

北海道のような雄大な自然のある場所へ行くのと、動物園や水族館のように狭い場所とでは撮る写真が変わってきますよね。

レンズ選びに必要なことが、レンズの焦点距離です。

レンズごとに焦点距離が決められていて、その数字によってファインダーをのぞいた時に写る範囲が変わってきます。

焦点距離ごとの写り方の違いについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

焦点距離別の写り方を比較|画角を考えたレンズの選び方

2016.10.09

レンズの種類もいくつかあります。代表的なレンズをまとめました。赤字のレンズが今回主に紹介するレンズです。

マクロレンズは旅行で使う機会はないので、省略しています。

  • 広角レンズ
  • 魚眼レンズ
  • 標準レンズ
  • 魚眼レンズ
  • 望遠レンズ

 

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

すぐにおすすめレンズを見たい方はここから各レンズを選んでください。

どこでも活躍するのは標準ズームレンズ

旅行へ行くところによってレンズを変えるのが一番いいのですが、どんなところへ行っても必ず活躍するのが標準ズームレンズです。

旅行で一番撮る機会の多い写真は、おそらく『風景写真』です。

観光地を巡ると、絶景スポットをはじめ、写真に残しておきたい場面が必ず出てきます。

そんな時には自分の見ている感じよりも広く写せる広角レンズがおすすめですが、他に撮りたい写真が出てきた時に少し物足りなくなります。

風景以外に子供を撮ったり、街中のスナップ写真を撮りたい時は広角レンズ1本では不満が出てきます。

標準ズームレンズであれば、24mmくらいから70mmくらいまでをカバーしているので、風景写真からテーブルフォト、スナップ写真までレンズ1本で幅広く使うことができます。

 

スペックも高く長く使える標準ズームレンズをCanonとソニーで選びました。

Canonのおすすめ標準ズームレンズ

まずはCanonから。Canon用では珍しく105mmまでのズームがきくレンズで、ズーム全域でF4通しのArtラインに恥じない高スペックです。

 

ソニーEマウントのおすすめ標準ズームレンズ

ソニーは設計も新しいこのレンズ。同じく105mmまで使えてF4通しという神レンズです。

高級レンズの代名詞Gレンズで、解像感をはじめとした描写性能もお墨付きです。24mm、50mm、70mm、100mmの4本のレンズを買うことを思えばかなり安くてお得な1本。

では、ここから旅行の行く先ごとに変わってくるおすすめレンズの選び方を紹介したいと思います。

海外旅行


一眼レフでハワイで超広角レンズで撮影した海の写真

ハワイの風景写真

一眼レフでニューヨークへ旅行へ行った時に広角レンズで撮影した写真

ニューヨークの街

一眼レフで南国リゾートで広角レンズで撮影した写真

グアムの朝焼け


 

海外旅行で撮る写真のほとんどは、風景写真がメインになってきます。

見る景色の全てが日本にはない絶景ばかりで、どんな風景を撮っても絵になるので、ついついシャッターを押してしまいますよね。

 

そんな海外旅行で使うのにおすすめなレンズは、超広角レンズです。

 

超広角レンズは広角レンズよりも画角が広く、実際に目で見ている景色よりもパノラマな写真が撮れます。

 

魚眼レンズは、海外での絶景写真を見たままに写すことができず、デフォルメされた歪んだ写りとなってしまうため、海外の風景で使うのは少しもったいないんです。

 

海外での風景など目で見た感動をそのまま伝えたい時は、超広角レンズで幅広く写すと後から見てもその時の感動が伝わる写真になります。

こちらにCanonの超広角レンズのおすすめをまとめています。

Canonの超広角レンズのおすすめ6選|メリット・デメリットで解説

2018.02.18

観光メインの国内旅行

観光がメインの国内旅行でも海外旅行と同じく風景写真を撮る機会が多いと思います。

国内旅行では海外旅行ほどパノラマスケールの絶景に出くわすことはそれほどないので、観光メインの国内旅行では広角レンズがおすすめです。

 

広角レンズならふとしたところで記念写真を撮りたいと思っても、周辺が歪むことも少なく、とっさの人物撮影にも対応できます。

超広角レンズになると、人物撮影は100%と言っていいほど周辺が歪んで写ってしまうので、この点は広角レンズが使いやすいです。

 

海外旅行では絶景を損なってしまうので、使いにくいですが国内旅行なら普段見た感じをおもしろく写すことができる魚眼レンズもおすすめです。


一眼レフで魚眼レンズで撮影した夕焼けの写真

魚眼レンズで撮った夕焼け

一眼レフで魚眼レンズで撮影した駅構内の写真

魚眼レンズで撮った駅


 

魚眼レンズは超広角レンズよりも画角が広く、周辺が歪んで写ることが大きな特徴です。

自分で見ている景色よりもかなり広い範囲を写すことができるので、旅行で見た印象的な風景も魚眼レンズで撮ればさらに面白い写真になります。

普通の景色でもインスタ映えしそうな感じに写すこともできるので、旅行の時でも1本カバンに忍ばせておくと楽しくなります。

ただ、かなり歪んだ写りになるため、人を撮影する時には向いていません。

風景写真をメインで考えている方は、魚眼レンズも候補の1つとして考えることもアリです。

シグマの魚眼レンズは逆光にも強く、明るいのでおすすめです。 

Canon用のおすすめ魚眼レンズ

ソニーEマウントで魚眼レンズを使うならコレ

ソニーのEマウントレンズには魚眼レンズがないので、シグマのマウントアダプタMC-11を使うことでキヤノンのレンズが使えますよ。

 

子供遊びメインの国内旅行


一眼レフカメラの単焦点レンズで撮影した花で遊ぶ女の子

単焦点レンズと子供①

一眼レフカメラの単焦点レンズで撮影した女の子の写真

単焦点レンズと子供②


 

子供を遊びに連れて行くような子供メインになる国内旅行では、被写体は風景ではなくもちろん子供たちですよね。

旅行へ持って行くのに単焦点レンズは使いにくいという意見は多いです。

確かにそれも一理あって、単焦点レンズはズームができずに焦点距離が固定されてしまいます。

なので、今撮りたいという時に被写体が近すぎたり遠すぎたりすると、撮りたいものをすぐ撮れないという欠点があります。

 

ただ、単焦点レンズは子供を撮るには最高のレンズです。

 

背景をがっつりぼかした写真がうまく撮れたり、レンズが明るいので、動き回る子供を捉えやすかったり、色々とメリットがあります。

まだ子供が小さい時や赤ちゃんの場合は、悠長に風景写真を撮っている余裕もないですし、単焦点レンズ1本で行くのがおすすめです。

 

私も長男がまだ1歳くらいの時は、1泊の旅行へ行っても35mmの単焦点レンズだけで行っていました。

 

Canonのおすすめ単焦点レンズ

 

 

ソニーEマウントのおすすめ単焦点レンズ

ソニーのEマウント用は少し値段が高いですが、フルサイズにも使えて将来性の高いSEL35F28Zが長く使えていいですね。

単焦点レンズ1本だけでは不安な方へ

 

30mmの単焦点レンズ1本だけではどうも不安という方は、シグマのこのレンズがおすすめです。

 

APS-C専用の広角ズームレンズですがF1.8通しなので、このレンズなら広角18mmでは風景写真も撮れますし、35mmなら子供を背景をぼかして撮影することもできます。

私も以前Canonユーザーの時は使っていましたが、単焦点レンズと広角レンズを融合させたレンズで画質も良く、だいたいのお出かけはこのレンズ1本だけでした。

単焦点レンズの使い方と撮り方|おすすめレンズも紹介

2016.07.12

ちょっとした日帰り旅行

日帰り旅行のレンズ選びで悩む女性

日帰り旅行では何を撮るかによってレンズを考えます。

単焦点レンズ、標準ズームレンズ、望遠レンズの3種類のレンズでそれぞれ向いている場面を私の経験から考えてみました。

単焦点レンズが向いている場面

単焦点レンズはさっきも書きましたが、やはり子供の写真撮影が一番おすすめです。

そのため、子供とよく行くであろう場所に行く時は必ず持っていきたいですね。

  • ショッピングモール
  • 各種イベント会場

 

イオンモールや大きめのショッピングモールで子供を遊ばせる時やヒーロー戦隊もののイベントやおかあさんといっしょなどの子供向けイベントには最適です。

子供のお出かけには荷物が増えてしまうので、そんな時も軽量コンパクトな単焦点レンズはかさばらず持ち運びも楽です。

標準ズームレンズが向いている場面

近くで撮りたい時やとっさに後ろに下がれないような場所では、単焦点レンズでは不自由に感じることもあります。

  • 水族館
  • 植物園
  • 室内アトラクション

 

人が多く、あまり動くことができないような狭い場所では標準ズームレンズがおすすめです。

近くで撮りたい時もあるけど、離れて撮りたい時もあるような場面では、標準ズームレンズがその威力を発揮します。

望遠レンズが向いている場面

旅行で望遠レンズはあまり使う機会はありませんが、場所によっては望遠レンズの方がいい時もあります。

  • 動物園
  • 遊園地

 

動物園で動物を撮りたい時は望遠レンズでないと撮れません。(子供とは関係ありませんがww)

望遠レンズなら、柵の中にいる動物でも柵を写さずに撮ることができます。

 

遊園地やテーマパークも同じで、近づいて撮影することができない時はやはり望遠レンズです。

Canonのおすすめ望遠レンズ|画質・手頃な予算で厳選したレンズ6選

2018.02.15

 

ただ、望遠レンズは他のレンズと比べるとそれほど出番がなく、買うと結構高いので、必要な時だけレンタルすると安く抑えることができます。

⇨一眼レフのレンズのレンタルサービス比較記事へ

レンズ1本だけで旅行へ行くときの選択肢【高倍率ズーム】

旅行へ行く時に荷物がかさばるから高倍率ズームレンズ1本持って行くのがおすすめという人もいますが、私はあまりおすすめはしていません。

高倍率ズームレンズとは?

焦点距離が広角の18mmから望遠として使える270mmくらいまでズーム域の幅が広いレンズを高倍率ズームレンズと呼んでいます。

高倍率ズームレンズは、その便利さから『便利ズーム』と呼ばれることもあります。

こんなレンズが1本あればどんな場面でも使えますからね。

ただ、旅行で全ての焦点距離を使うことがあるのでしょうか?一般的に使うであろう焦点距離をまとめてみました。

撮るもの使う焦点距離
自然の風景16mm〜28mm
子供・人物35mm〜70mm
食べ物50mm〜70mm
街角スナップ24mm〜50mm
パレードなど70mm〜100mm
記念写真28mm〜50mm
テーマパーク内24mm〜100mm

 

旅行へ行って撮りそうなものとその撮影に使われやすい焦点距離を見ましたが、ほとんどが標準ズームレンズでカバーできる範囲ですよね。

 

 

しかしながら、旅行先でこの画角が欲しい!と思ってないとどうしようもないので、遠くへ旅行へ出かける時やレンズ交換をしている暇がなさそうな時には重宝します。

 

どんなシチュエーションでも撮れることが高倍率ズームレンズの強みなので、レンズ1本で全てをおさえたい方にはおすすめなレンズと言えます。

Canonのおすすめ高倍率ズームレンズ

18mmから400mmの望遠域まで幅広い画角をカバーしてくれるタムロンの高倍率ズーム。

22倍の他にはないズーム性能で、設計も2017年で新しく今買うならこのレンズがおすすめです。

強力な手ぶれ補正VCもついており、Canonマウント用高倍率ズームではNO.1です。

 

ソニーEマウントのおすすめ高倍率ズームレンズ

ソニーEマウントは純正のSEL24240がおすすめです。

レンズの少ないEマウントの中で数少ない高倍率ズーム。

 

画質もまずまずでフルサイズで使えばかなりの解像力を持っており、レンズ交換しない場面では付けっ放しレンズにしててもあまり気になりません。

 

値段は10万を超えてしまいますが、何を撮るのにも使える便利ズームとして1本あると何かと重宝します。

旅行での望遠レンズの必要性


望遠レンズで撮影したスイレンの写真

望遠レンズで撮ったスイレン

一眼レフカメラの望遠レンズで撮影した飛行機の写真

望遠レンズで撮った飛行機


 

一方で、旅行で望遠レンズを使う場面は、先ほどの表を見てもらうとわかる通り、あまりないと思います。

 

あえて言うなら、夫婦岩のようなちょっと離れた場所にあるモニュメントなどをアップで切り取りたい時や動物園で動物を撮りたい時くらいかと思います。

 

望遠レンズはものによっては500gを超えるので、重量的にも重く、旅行中ずっとつけておいても街を歩いていたり観光中って使うことないですよね。

観光している時にとっさにカバンを出して、レンズ交換をするのも大変です。

その間にシャッターチャンスを逃してしまうこともありえますから、旅行で使うシーンが少ない望遠レンズの優先度は低いと言えます。

 

撮る被写体が決まっていて、望遠レンズでないと撮れない時はこの上ない威力を発揮してくれます。

旅行で一眼レフ以外にあるといいアクセサリー類

電車で行くにせよ車で行くにせよ旅行は荷物が多いですよね。

 

特に赤ちゃんや小さい子供がいる場合は、着替えも大人の倍以上はいりますし、お茶やおやつ、オムツなどなど大人だけで行く時よりカバンが2つくらいは多くなります。

一眼レフも首や肩からぶら下げることができますが、子供を抱っこしたりすると邪魔になり、結構かさばってしまいます。

 

そんな時、家族連れの旅行ではベビーカーが活躍してくれます。

ベビーカーにフックをつけると、そこに荷物をかけて移動することができ、抱っこする機会も減らすことができます。

カメラの入ったカバンをこのフックにかけておけば、盗難防止にもなりますし、ベビーカーの重りがわりになって押しやすくなるので便利です。

カメラバッグもトートタイプやショルダーバッグよりもリュックタイプの方が手が空き、撮影にも集中できるのでおすすめです。

結構安い値段でカメラ用のリュックがあるので、持っていない方は1つあるといいかもしれません。

機能性とデザインを満たすものでも意外に安いですよ。

その他に旅行の時、あったらいいアクセサリー類を一挙紹介します。

  • 予備バッテリー
  • 充電器
  • ブロワー
  • クリーニングティッシュ
  • レンズペン
  • 一脚

 

私が使っているソニーのα7 Ⅱをはじめ、ミラーレス一眼はバッテリーの減りがかなり早いので、予備バッテリーは必須アイテムです。

ソニーのαシリーズは、アンドロイドと同じ端子で充電が可能なので、1日に100枚近く撮影するなら、モバイルバッテリーもおすすめです。

バッテリーを持たせるための技の1つとして、背面液晶の設定も覚えておくと電池の節約に貢献できます。

積み重ねが大切!一眼レフのバッテリーを長持ちさせる6つのコツ

2016.08.09

Canonをはじめ一眼レフ機は、バッテリーの持ちもいいのでそれほど心配はありません。

でも、1日終わったら充電しておいた方が次の日にいらない心配もないので、充電器は必ず持って行きましょう。

旅行など慣れない場所に行くと、知らない間に手汗をかくことも多いです。

なので、1日が終わったらブロワーとクリーニングティッシュ・レンズペンで軽くレンズやボディを拭いておくことをおすすめします。

もしまだ持っていない方は安いので、旅行前に一通り揃えておくといいかもしれませんね。

旅行に三脚を持って行くと、荷物としてもかさばりますし、人混みで三脚を開くのはちょっと勇気もいります。

集合写真は誰かにシャッターを押してもらうようにして、普段の撮影は一脚を利用します。

一脚ならカメラバッグにもさっと入り、取り出してすぐに使えるので手ぶれが気になる環境での保険として持っておくと使い道はあります。

ベルボン製おすすめ一脚ウルトラスティックスーパー8のレビュー

2016.08.01

 

旅行へ行く時だけしか使わないものは、ものも増えないのでレンタルしてしまうのも1つの手です。

DMMがやっているレンタルサービスなら、スーツケースなどの旅行用品からレジャー用品までレンタルして安く済ませることができます。

 

めったに行く機会がない旅行にそれほどお金かけてられないですからね。

 

旅行でのおすすめレンズ【まとめ】

旅行へ行く時のレンズ選びは、誰と行くか・どこへ行くのかで大きく変わってきます。

標準ズームレンズならだいたいの場面でも問題なく使えますが、どことなくインパクトがなく、普通の写真になってしまうこともあります。

海外、国内など旅行先によって撮りたいものも変わってくるので、まずはどこへ行くかを基準にレンズ選びをすると失敗は減ります。

壮大な風景写真には超広角レンズ、子供メインなら背景をぼかしやすい明るい単焦点レンズを選びましょう。

広角から標準レンズまでを使い慣れてくると、それぞれのレンズの特徴がわかってきます。

慣れるまでは高倍率ズームレンズ1本で自分が普段よく使う得意な画角を知ることも1つの手です。

自分が好きな画角がわかれば、レンズ選びもしやすくなります。

楽しい旅行の思い出をきれいに残すためのお話でした。

 

ただ、レンズを変えるだけでは一眼レフはかんたんに上達はできません。

設定や基礎となる知識をしっかり理解してこそ、レンズやカメラの性能をフルで使いこなすことができるようになります。

本を読むのはどうも続かないという人向けのおすすめ講座があります。

>>一眼レフを最短で上達するためのおすすめ講座の詳細へ

 



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

旅行用の一眼レフの交換レンズの注意点とおすすめ

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。