ソニーEマウントの神レンズ!SEL55F18Zの実写レビュー

ソニーの単焦点レンズSEL55F18Zのレビュー





ソニーのカールツァイス製単焦点レンズのSEL55F18Z。

単焦点レンズのわりには意外に値段が高く、ちょっと買うのを戸惑ってしまう人も多いのではないかと思います。

事実、私もその一人だったわけですが、1年以上使い続けてSEL55F18Zの酸いも甘いもわかってきたので、利用者目線でこのレンズをがっつりレビューしてみようと思いました。

カメオタくん
6/17までに買えば10000円キャッシュバックがあるので今が買いですよ!
ソニーの一眼レフとEマウントレンズのキャッシュバックキャンペーン

結論、このレンズは子供撮りから風景、ブツ撮りまで何かと使えるレンズで、単焦点レンズの中でもずば抜けた高画質を持っています。

今、SEL55F18Zの購入を検討されている方は一度私のレビューを読んでいただければきっとこのレンズの良さがわかっていただけるはずです。

このレンズのウリの高画質さが伝わるように作例写真の中には、ピント部分を拡大した写真も一緒に載せてあります。

写真もかなり多いので、ぜひともツァイスワールドへお越しください笑

スポンサーリンク

SEL55F18Zの主な特徴

ソニーEマウントの単焦点レンズ SEL55F18Z
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 0.5m
 開放F値 F1.8
 手ぶれ補正機構 なし
 フィルター径49mm
 レンズ構成5群7枚
 焦点距離  55mm
 フォーカス AFのみ
 最大径×長さ  64.4×70.5mm
 重量  281g

 

SEL55F18Zの値段は、だいたい8万円〜9万円の間くらいです。

単焦点レンズとしてはちょっと高いかなと思ってしまいますが、カメラレンズでは有名なカールツァイス社製のレンズです。

カールツァイスと言うと、初心者の方にはあまり聞きなれないかもしれませんが、レンズメーカーとしては世界的に有名で高級レンズの代名詞とも言える存在です。

ソニー純正の他のツァイスレンズを見ていると、ほとんどが15万円を超えるような高級レンズばかりなんです。

その中で考えると、単焦点レンズでもレンズのスペックから見れば決してべらぼうに高いというわけでもありません。

【メリット】良い点

開放F値がF1.8と明るく、とにかく解像感がものすごいです。

解像感というと、少しわかりにくいですが、このレンズは写真を撮って拡大した時のくっきり感が他のレンズとはケタ違いにきれいなんです。

後の作例で詳しく紹介しますが、髪の毛1本1本や木や鉄の質感など目で見ている以上に感動するほど鮮やかに映してくれます。

作例をすぐ見たい方はこちらをタップしてください。見出しまで飛びます。

他の単焦点レンズとは格が違う高画質がウリです。

写りには関係ありませんが、レンズ自体がプラスチックではなく金属筐体なので高級感があり、持っているだけでも嬉しくなるところも個人的に高評価です。

【デメリット】悪い点

特にデメリットはありませんが、しいて言えば、寄れないところです。

単焦点レンズで明るいレンズなので、カフェなどに行って料理をきれいに撮ったり、フィギュアやおしゃれな物をちょっとスナップがてら撮りたい時には使いにくいです。

離れて撮る必要がありますし、離れると料理が小さく写ってしまったりしてしまいます。

SSEL55F18Zでブツ撮りをしたい時は、小さく写りますが、ひとまずそれで撮影しておいて後からパソコンやアプリでトリミングすると解決できます。

こんな場面で活躍する

SEL55F18Zは、明るくて55mmという標準域なので小さい子供を撮るのには特におすすめのレンズです。

通常、人物写真を撮るポートレート用のレンズは85mm〜130mmくらいの中望遠レンズが使いやすいですが、小さい子供を撮る時はフレームいっぱいに写ってしまってどうも使い勝手がよくないんですよね。

そんな時に55mmは適度な画角で子供をフレーム内におさめることができます

モデルとなる子供が、赤ちゃんや小学生くらいまでの子供ならいい感じに撮れておすすめです。

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

レンズ外観のレビュー

では、具体的にSEL55F18Zのレンズの外観を詳しく紹介していきましょう。

レンズ単体の写真


SEL55F18Zのレンズ全体写真

レンズ全体【横】

SEL55F18Zを立てて写した全体写真

レンズ全体【縦】

 

レンズ全体を見てみると、側面にここぞとばかりZEISSの青色のロゴが主張しています。

レンズ自体はそれほどかさばるような大きさではなく、手になじむくらいの大きさで扱いやすいです。


SEL55F18Zのレンズ正面レンズ正面
SEL55F18Zのレンズマウント部レンズマウント部
SEL55F18Zのピントリングピントリング部拡大

 

レンズを正面から見ると、口径が小さくコンパクトサイズであることがわかります。

フィルター径49mmしかないので、普通の単焦点レンズと比べてもレンズ自体はこじんまりとしたサイズ感です。

ピントリングの部分は適度なトルクがあって、まわす時も滑らかに動いてくれていい感触でした。

オートフォーカスのみですが、フォーカスモードをDMFにしておくと、オートフォーカスでピントを合わせた後にさらにマニュアルでピントを追い込むことができます。


SEL55F18Zに付属のレンズフードを装着した写真

レンズフードをつけた時

SEL55F18ZとキットレンズのSEL2870の比較

キットレンズと比較

 

SEL55F18Zは単焦点レンズなので、レンズ自体の大きさはそれほど大きくなく、コンパクトです。

付属のレンズフードが結構大きいので、レンズフードを装着するとそれなりの大きさに見えますが、実際触ってみると意外に重さは感じられません。

α7 Ⅱにキットレンズとして付いているSEL2870とSEL55F18Zを比較してみると、ズームレンズと単焦点レンズということもあり、見た目は一回りSEL2870の方が大きいですね。

α7 Ⅱに装着した写真

実際にSEL55F18Zをα7 Ⅱに装着していろんな写真を撮ってみました。

ミラーレス一眼で小ぶりなα7 Ⅱにつけてみると、そのコンパクトさからバランスはいい感じになります。

さすがソニー純正と言わんばかりのデザインのなじみ方はバツグンですね。


α7 ⅡにSEL55F18Zを装着した写真(正面)α7 Ⅱに装着【正面】
α7 ⅡにSEL55F18Zを装着した写真(側面)α7 Ⅱに装着【側面】
SEL55F18Zをレンズフードなしの状態で撮影α7 Ⅱに装着【フードなし】

 

レンズフードをつけずにレンズだけを見ると、ちょっと頼りない感じに見えますが、レンズフードを付けたらバランスも良くなり一気に貫禄が出ます。

フレアやゴーストの写り込みを減らすために、見た目だけじゃなくてレンズフードは使うようにしましょう。

参考までにSEL55F18Zとα7 ⅡのキットレンズSEL2870を付けた時のサイズ感を測ってみました。


α7 ⅡにSEL55F18Zを装着した写真(ロゴなしの側面)

α7 Ⅱ+SEL55F18Z

α7 ⅡにSEL55F18Zを装着した写真(ロゴなしの側面)

α7 Ⅱ+SEL55F18Z

 

サイズ感については、キットレンズと付け変えて実際に測ってみましたが、サイズの差はわずか5cmしかありませんでした。

レンズフードが少し大きめなので、同じくらいになりましたが、レンズ自体の大きさは写真を見比べるとズームレンズより小さいことがわかります。

実際に手に持ったサイズ感

では、実際に手に取った感じはどうなのかを見ていきます。

私が実際にα7 ⅡにSEL55F18Zを付けて持ってみました。


SEL55F18Zをα7 Ⅱにつけて持ってみた(正面)

正面から

SEL55F18Zをα7 Ⅱにつけて持ってみた(側面)

側面から

 

意外としっくりきますよね。

フルサイズのα7 Ⅱにつけてもこのサイズ感なので、決して大きくはありません。

α6000や6500、NEXシリーズにつけるとカメラ本体がもう少し小さいので、もう少し大きくなりますね。

α7系につけるならベストバランスだと言えます。

4パターンのF値で写り方を検証

開放F1.8の明るさがSEL55F18Zの強みですが、F値を変えて実際にどのくらい写り方が変わるのかを同じ条件下で撮り比べてみました。

試してみたF値は次の4つのパターンです。絞り開放から風景写真に良く使われるF8までで撮ってみました。

F値による写り方の違い

  • F1.8
  • F2.8
  • F5.6
  • F8

SEL55F18Zで絞りF1.8で撮影したキーボード

絞りF1.8

SEL55F18Zで絞りF2.8で撮影したキーボード

絞りF2.8


SEL55F18Zで絞りF5.6で撮影したキーボード

絞りF5.6

SEL55F18Zで絞りF8で撮影したキーボード

絞りF8

 

開放F1.8だとさすがにピントの合う部分が狭く、なだらかに背景がぼけています。

F2.8で少しシャープさが出てきて、F5.6になるとピントの合った部分はかなり画質が良くキレのいい描写をしていることがわかります。

背景のぼけ具合も甘い感じになっていて、背景をぼかしつつ中心部分はきれいに撮りたい時に便利ですね。

F8まで絞ってもまだ背景は少しぼけているので、カリカリの描写にするにはもう少し離れてF11くらいまで絞ってあげると、全体にピントが合ったシャープな写りになることがわかります。

ピント部の拡大写真

さらにピントの合った部分を拡大して見てみました。


SEL55F18Zで撮影したF1.8の写真の拡大写真

F1.8のピント部

SEL55F18Zで撮影したF2.8の写真の拡大

F2.8のピント部


SEL55F18Zで撮影したF5.6の写真の拡大

F5.6のピント部

SEL55F18Zで撮影したF8の写真の拡大

F8のピント部

 

F5.6くらいから解像度がかなり高くなっていて、ピント中心部のキーボードがかなりくっきりと写っていることがわかります。

ただ、開放のF1.8でもピントが合っている部分は描写が甘いということはなく、ピント中心部はシャープに写っています。

SEL55F18Zの高い解像力の凄さがわかっていただけたかと思います。

SEL55F18Zで撮影した作例の紹介

たいした作例ではありませんが、私がお散歩やちょっと出た時にパシャりとした写真をいくつか作例として挙げておきたいと思います。

高画質さが伝わるように写真によっては、ピント中心部の拡大写真も合わせて紹介していきますね。

人物を撮った時のポートレート写真、風景を撮った写真、ものを中心に撮ったブツ撮りの3つのパターンごとにかんたんな作例を掲載しました。

ポートレート写真


SEL55F18Zで女性を撮影したポートレート写真

女性のポートレート

女性のポートレート写真の髪の毛の拡大写真

細部の拡大

 

女性のポートレート写真では、髪の毛1本1本まで細かく解像していることがわかります。

拡大写真は少し画像が重たいので、写真を圧縮していますが、実際の写真はこの写真以上にくっきりと写っています。

背景をぼかしながらもピントが合っている部分の写りがきまると、シャープに写るところがこのレンズのいいところです。


SEL55F18Zで撮影した2歳児のポートレート写真

子供のポートレート写真

SEL55F18Zで撮影した集合写真

集合写真

 

子供の写真は特に編集したりもしていませんが、発色がすごくきれいですよね。

これもツァイスレンズならではの高いコントラストが生み出す技と言っても過言ではありません。

パンフォーカス気味に撮った時も、ピントが合っているところの描写はきっちりシャープに写るので、ふんわりした写真でもかんたんにメリハリの効いた写真に仕上げることができます。

子供の成長は本当に一瞬です。

今しか見れない我が子のかわいい一瞬もこのレンズなら、最高の瞬間を切り取ることができます。

子供が大きくなって昔の写真を見ながら想い出話をする時も、お父さんの写真は上手って言ってもらえること間違いなしですね。

スマホでは決して撮れない写真に出会える そんなレンズだと私は思っています。

風景写真


SEL55F18Zでモノクロで遊具を撮影した写真

遊具の木の質感

SEL55F18Zで撮影した夜の橋の夜景

夜の橋の写真


SEL55F18Zで撮影した湖の風景写真

夕日の琵琶湖

SEL55F18Zで線路をモノクロで撮影した写真

とある駅

 

背景をぼかさなくても見事な描写力で、55mmだからと言って人物撮影用のレンズとしておくのは正直もったいないです。

広角レンズと比べると、画角は狭くなりがちですが、ピンポイントで切り取るところを狙えば十分に風景写真にも使えます。

旅行へ行った時はもちろん、ちょっと出かける時でもシャッターチャンスは無限にあります。

ここに挙げた写真も子供と公園に行った時や買い物へ行った時に撮ったものばかりです。

何気に見過ごしている当たり前の景色もSEL55F18Zなら、特別な写真になることがあると気づかされました。

カメラを持ち出そうかなと思わせてくれるこのレンズは今では私の付けっ放しレンズになっています。

ブツ撮り


SEL55F18Zで撮影したオブジェ

おしゃれなオブジェ

SEL55F18Zでオブジェを撮影した写真の拡大

ピント部の拡大

 

ちょっとおしゃれなオブジェが合ったので撮ってみました。

中心あたりにピントを合わせており、拡大写真を見てみると、木の目地まではっきりと解像しています。


SEL55F18Zで撮影した神社の手水舎

神社の手水舎

SEL55F18Zで神社の手水舎を撮影した写真の拡大

ピント部の拡大

 

神社の手水舎の龍を撮影した写真ですが、全体的な質感はもちろんのこと、埃や蜘蛛の巣までくっきりと確認することができてしまいます。

ここまで拡大してくっきりと写るレンズはなかなかありません。


SEL55F18Zで鉄を撮った写真

遊園地の乗り物

SEL55F18Zで鉄を撮影した拡大写真

ピント部周辺の拡大

 

こちらはおもちゃ王国に行った時に撮影した遊園地の乗り物です。

鉄のさびた具合を見事に写しています。

鉄のくすみや影までかなりリアルに細かい部分を描写していることがよくわかります。

SEL55F18Zで絞り開放で玉ボケを入れた写真

F1.8の明るいSEL55F18Zなら玉ボケもかんたんに撮れます。

この写真はたまたま飲んでいる時にパシャりと撮っただけなんですが、夜の市街地や夜景をバックに撮る時にもきれいな玉ボケを入れ込むことができます。

SEL55F18Zのレビュー【まとめ】

レンズの外観からα7 Ⅱとのマッチング、かんたんな作例写真までを紹介してきましたが、SEL55F128Zは8万円の値段に十分に見合った名レンズです。

正直な感想として、私自身もこのレンズを買う前ものすごく値段については悩みました。

単焦点レンズで8万円オーバーって高すぎるなって。

ソニー純正でも8万円近く出せば、ズームレンズも選択肢に入ってきますし、シグマやタムロンなら結構いいレベルのレンズも変えてしまいます。

でも、1年以上使い続けた今、買ってよかったと思えるレンズの1つになっています。

私は5歳と3歳の子供が2人いますが、子供の写真を撮るだけでも十分もとを取れたと思うほどで、これからさらにいろんな写真を撮って行こうと思っています。

5歳の長男は最近、撮った写真をすぐに見せてってカメラを見に来るのですが、SEL55F18Zで撮った写真は『きれい!』と言って喜んでくれています

子供は正直で嘘をつかないので、このレンズの写りが本当にいいことを裏付けてくれていますよね。

子供が成人して一緒にお酒を飲みながら、昔の写真を掘り出して話すことが今の私の夢で、その時でもパパの撮った写真が一番好きって言ってもらえるようにいたいものです。

値段は少し張りますが、SEL55F18Zならそんな私の夢も叶えてくれそうな気がしています。

単焦点レンズと言うこともあり、後ろに下がったり前に行ったり構図決めが少し大変なところもありますが、写真の基礎を勉強できるところもある意味メリットと言えます。

 

ただ、レンズを変えるだけでは一眼レフはかんたんに上達はできません。

設定や基礎となる知識をしっかり理解してこそ、レンズやカメラの性能をフルで使いこなすことができるようになります。

本を読むのはどうも続かないという人向けのおすすめ講座があります。

>>一眼レフを最短で上達するためのおすすめ講座の詳細へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

ソニーの単焦点レンズSEL55F18Zのレビュー

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。