値段と画質から選ぶソニーEマウントのおすすめ望遠レンズ厳選8本

ソニーEマウントの望遠レンズのおすすめ





ソニーのEマウントには望遠レンズが少ないというのは、もう昔の話です。

最近はEマウントレンズの開発が急速に進められていて、今では選べるほどのレンズラインナップとなってきました。

ソニー純正以外のレンズも増えてきて、コスパのいいレンズも増えてきて買うなら今がチャンスです!

この記事では値段、画質で選ぶならどのレンズがいい?という疑問を解消し、あなたにおすすめの望遠レンズ選びをサポートします。

8本の望遠レンズの値段やデメリット、メリットをそれぞれまとめました。

おすすめレンズを一覧表でチェック

Eマウントにおすすめの望遠レンズ8本の値段とかんたんなスペックを一覧表にまとめています。

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

レンズ名値段F値焦点距離手ぶれ補正
SEL55210約2万F4.5-6.355〜210mmあり
SEL18200LE約6万F3.5-6.318〜200mmあり
タムロン 18-200mm約5万F3.5-6.318〜200mmあり
SEL70300G約14万F4.5-5.670〜300mmあり
SEL70200G約13万F4通し70〜200mmあり
キヤノン70-300mm約5万F4-5.670〜300mmあり
シグマ 18-300mm約5万F3.5-6.318〜300mmあり
シグマ 150-600mm約10万F5-6.3150〜600mmあり

【コスパ重視】Eマウントのおすすめ望遠レンズ

コスパで選ぶEマウント用の望遠レンズを3本セレクトしました。

7万円以内で買えるレンズを中心にソニーとタムロンで選んでいます。

ソニー E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210 

ソニーEマウント用望遠レンズ E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210

APS-C専用 E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210

 値段約2万
 フルサイズ対応APS-Cのみ
 発売日2014年2月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 1m
 開放F値 F4.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径49mm
 レンズ構成9群13枚
 焦点距離  55〜210mm
 フォーカス AFのみ 
 最大径×長さ  63.8×108mm
 重量  345g

とにかく値段を抑えて望遠レンズが欲しい!

そんな方にぴったりなのが、ソニー純正でありながら2万円前後で買えてしまうSEL55210です。

  • 望遠レンズでたった2万!
  • APS-C専用レンズ
  • なのに210mmまで望遠!

 

望遠レンズで2万円は正直破格で、どんなレンズよりも安いくらいの値段設定ですよね。

 

うーんと思った残念な点はこちら。

  • 解像度は低め
  • 暗いところの撮影は苦手

F4.5はじまりのため、室内や暗い場所での撮影はあまり得意ではありません。ズームすると特に手ぶれの危険は高くなってしまいます。

ですが、2万円でもレンズに手ぶれ補正がついているため、普通にシャッタースピードを気にしながら撮影すれば手ぶれは防ぐことができます。

 

ここがイイ!

  • 驚くほどのコスパの良さ
  • どこへでも持っていける軽さ

安い・軽いの2拍子そろった手が出やすい望遠レンズの決定版と言えるでしょう。

 

こんな方には特におすすめできるレンズです。

  • 初めて望遠レンズを買いたい人
  • そんな高い値段は出せない人
  • でも望遠レンズが欲しいひと

ソニー E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200LE

ソニーEマウント用高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200LE

APS-C専用 E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200LE

 値段約6万
 フルサイズ対応APS-Cのみ
 発売日2012年6月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 0.5m
 開放F値 F3.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径62mm
 レンズ構成13群17枚
 焦点距離  18〜200mm
 フォーカス AFのみ 
 最大径×長さ  68×97.1mm
 重量  460g

ソニー純正のお買い得高倍率ズームとしておすすめなのが、SEL18200LEです。

APS-Cユーザーで標準スペックのお得な望遠レンズを買いたいならコレを選んで間違いないでしょう。

  • 広角も撮れて望遠も撮れる
  • APS-Cなら300mmになる
  • 手ぶれ補正あり!

 

うーんと思った残念な点はこちら。

  • ズームリングがかたい
  • レンズもそれなりに重い

55-210mmと比べると、レンズは重めでズームリングの回転がちょっとかたく、慣れるまでは扱いにくいですが、勝手にズームリングが回らないので僕は反対に使いやすい工夫がされていて好きです。

 

ここがイイ!

  • 望遠レンズなのに広角撮影もできる
  • 50cmまで寄って撮影できる

望遠レンズだけでなく、広角や標準域までがっつりカバーしているので、レンズ1本でいろんな撮影ができるのがこのレンズのいいところです。

かなり近寄って撮影できるのも他レンズにはありません。

 

こんな方には特におすすめできるレンズです。

  • レンズ1本でいきたい人
  • 何本もレンズを買いたくない人
  • まだカメラに慣れていない人

タムロン 18-200mm F/3.5-6.3 Di Ⅲ VC 

タムロンEマウント用望遠レンズ 18-200mm F:3.5-6.3 Di Ⅲ VC 

APS-Cミラーレス専用設計 18-200mm F:3.5-6.3 Di Ⅲ VC 18-200mm F:3.5-6.3 Di Ⅲ VC

 値段約5万
 フルサイズ対応APS-Cミラーレス専用
 発売日2011年12月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 0.5m
 開放F値 F3.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径62mm
 レンズ構成13群17枚
 焦点距離  18〜200mm
 フォーカス AFのみ 
 最大径×長さ  68×96.7mm
 重量  460g

タムロンの18-200mmはAPS-Cのミラーレスカメラ専用に設計された高倍率ズームレンズです。

NEXやα6000系のミラーレス使いでコスパのいい望遠レンズが欲しい方にはおすすめしたいレンズです。

  • APS-Cミラーレス専用設計
  • 2色展開でおしゃれ
  • 手ぶれ補正もある

 

うーんと思った残念な点はこちら。

  • 暗いところではAFが迷うことがある
  • ソニー純正じゃない

ちょっと暗い場所や室内の撮影は苦手な印象ですが、手ぶれ補正がついているので慣れたらそんなに問題にはなりません。

ソニーじゃないからと思う人もいますが、私もタムロン使っててソニーよりも安い値段でしかも同等スペックで買えるので、もう使わない手はないですよね。

 

ここがイイ!

  • 手ぶれ補正が強力
  • ぼけ感がなめらか

タムロンの看板手ぶれ補正VCとなめら〜かなぼけ具合が何ともステキです。

 

こんな方には特におすすめできるレンズです。

  • NEX、α6000系のユーザー
  • 手ぶれが不安な人

【高画質】Eマウントのおすすめ望遠レンズ

次に画質メインで選ぶEマウントの望遠レンズのおすすめを紹介します。

望遠でも選ぶレンズを変えるだけで劇的に写りが良くなるので、きめ細かな解像度やいい写りの写真を撮りたい方は画質重視のレンズを選ぶとみちがえるような写真を撮ることができるようになります。

15万円以内でおさまるレンズを厳選して紹介しています。

ソニー FE 70-300mmF4.5-5.6 G OSS SEL70300G

ソニーEマウント用望遠レンズ FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G

フルサイズ対応 FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G

 値段約14万
 フルサイズ対応フルサイズ対応
 発売日2016年4月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 0.9m
 開放F値 F4.5-5.6
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径72mm
 レンズ構成13群16枚
 焦点距離  70〜300mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  84×143.5mm
 重量  854g

画質と値段のバランスが一番いい望遠レンズが、SEL70300Gです。

解像度が高く、α7R系や高画質モデルとの相性も抜群でレンズを変えるだけでまぁ写真がみちがえります。

14万円で買えるフルサイズ用の望遠レンズとしてはコスパ最強です!

  • フルサイズ対応!
  • 解像力もナイスな300mm
  • α7系には必須望遠レンズ

 

ちょっとうーんと思う残念なところ。

  • レンズの幅は太め
  • つまり、コンパクトな一眼レフにはでかい

NEXやα6000などのミラーレスにつけると前が重くなってしまうので、α7やα7 Ⅱなどフルサイズミラーレスにつけるとナイスバランスで超絶かっこいいです!

 

ここがイイ!

  • Gレンズなのに安い!
  • くっきり写る解像度の高さ
  • とろけるチーズばりのあまーいぼけ

高級レンズのGレンズのわりに値段は安く、くっきりとろけるぼけ具合はもうたまりません。

α7系なら買って損なしのベスト望遠レンズ!

 

特にこんな方にはおすすめできるレンズです。

  • α7やα7 Ⅱなどのフルサイズユーザー
  • 高画質でも安く買いたい人

ソニー FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

ソニーEマウント望遠レンズ FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

フルサイズ対応 FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

 値段約13万
 フルサイズ対応フルサイズ対応
 発売日2014年3月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 1m
 開放F値 F4
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径72mm
 レンズ構成15群21枚
 焦点距離  70〜200mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  80×175mm
 重量  840g

高級望遠レンズの代名詞的存在の白レンズがSEL70200Gです。

  • フルサイズ対応
  • 高級白レンズ
  • ズーム全域でF4!

200mmまでの望遠ができるのに、ズーム全域でF4通しのまさに神レンズと言える究極の望遠レンズです。

 

もちろんイイことばかりじゃないです、ちょっと残念だなと思うところを。

  • テレコンは使えない
  • 逆光耐性は弱い

200mmだとフルサイズで使うと、ちょっと望遠が足りない時ってあるんですが、テレコンに対応していないので200mmまでしか使うことができません!

テレコンとは、テレコンバーターの略で取り付けることで焦点距離を×1.4倍や×2倍にすることができるアクセサリーです。

小学校や中学校のグラウンドになるとちょっと望遠が足りないことも出てきますが、幼稚園などの比較的狭い運動会なら200mmでも十分足ります

 

ここがイイ!

  • 色が鮮やかできれいに写る
  • 三脚穴があるから長時間もオッケー
  • ズーム全域でF4が使える

本当におすすめなので何回も言いますが、ズーム全域でF4が使えるのはかなり魅力的です。

体育館や発表会など薄暗い室内でも手ぶれがしにくいので、どこでも使えますね。

 

こんな方には特におすすめのレンズです。

  • 子供撮影が中心
  • 幼稚園や保育園の運動会で使いたい
  • 体育館や室内でも使いたい

Eマウント以外のおすすめ望遠レンズ

Eマウントでキヤノンのレンズが使えるってご存知でした?

ソニーのカメラでキヤノンのレンズが使えるんです。

シグマが出しているマウントアダプタMC-11を使えば、使えるようになるんです、実は。

ここでは、MC-11を使ってキヤノンの望遠レンズを使うときのおすすめレンズを紹介していきます。

マウントアダプタ MC-11

キヤノンのレンズをソニーのEマウントで使えるようにするマウントアダプターMC-11

キヤノンのレンズが使えるマウントアダプタMC-11

 値段約2万
 対応マウントキヤノン↔︎Eマウント
 発売日2016年4月
 対応レンズ 30本(順次追加予定)
 対応カメラ

 α9,α7シリーズ,NEXシリーズ

α5000シリーズ,α6000シリーズ

 Exifデータ反映 可能
 重量 125g

NEXシリーズから新しいα9に至るまで、ほぼ全てのEマウントカメラに対応しています。

  • オートフォーカスも使える
  • 手ぶれ補正も対応
  • 対応レンズが多い!

重量も軽く、コンパクトなソニーのミラーレスの機動性を損なわず見た目もイイ感じですね。

キヤノン EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

キヤノン望遠レンズ EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM

フルサイズ対応 EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM

 値段約5万
 フルサイズ対応フルサイズ対応
 発売日2016年12月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 1.2m
 開放F値 F4-5.6
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径67mm
 レンズ構成12群17枚
 焦点距離  70〜300mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  80×145.5mm
 重量  710g

キヤノンの望遠レンズの中では画質と値段のバランスがイイです、このレンズ。

高級レンズの代名詞であるLレンズに負けず劣らずの高評価を受けているのに、究極のコスパの良さです。

  • 5万で純正望遠レンズが買える
  • もちろんフルサイズ対応
  • 手ぶれ補正もある!

 

うーんと思った残念なところ。

  • レンズフードが別売

普通レンズを買うと、レンズフードはついていることが多いですが、残念ながら別売りです。ここは残念!

でも、その分レンズが安いので、別売でも買っておくことをおすすめします。

 

ここがイイ!

  • AFが無音・高速でストレスなし
  • 安く買えるのに画質は◯
  • とにかくコスパ最強

AFは最新のナノUSMを採用しているため、ピント合わせは無音で合うのも速いです。

5万円でキヤノン純正の望遠レンズが買えるだけでもすごいのに、10万以上のLレンズと比べてもそこまで画質の差がわからないという声もあるほど高い評価を受けています。

こんな方には特におすすめのレンズです。

  • 望遠に高いお金は出したくない人
  • でも、画質はいい方がいい人
  • 運動会用のレンズが欲しい人

 

【参考】αシリーズとの互換性

手ぶれ補正もピント合わせも高速で、キヤノン純正で使っているのとほぼ変わらない感覚。

αでもAF-Cが使えて、動体追従性能も完璧です。

GレンズやLレンズがいらなくなるほどの解像度で写りに満足したという口コミが多数報告されています。

シグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 

キヤノン用望遠レンズ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

APS-C専用 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

 値段約5万
 フルサイズ対応APS-C専用
発売日2014年10月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 0.39m
 開放F値 F3.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径72mm
 レンズ構成13群17枚
 焦点距離  18〜300mm
 フォーカス AFのみ
 最大径×長さ  79×101.5mm
 重量  585g

カリッとしたシャープな写りに定評があるシグマ製の便利ズームがContemporary 18-300mmです。

ソニーで18mmからはじまって300mmまで望遠できる高倍率ズームレンズはコレだけです。

  • 高倍率ズームで300mmまで使える
  • なのにコスパはいい
  • 意外に軽い

 

ちょっとうーんと思う残念なところ。

  • APS-Cにしか対応していない

このレンズはフルサイズには対応していないので、フルサイズで使う場合はクロップ撮影などの機能を設定して使いましょう。

逆に言えば、α6000系などのAPS-Cなら300mmまで望遠できてコスパ最強のレンズなので進んで買うべきレンズと言えます。

 

ここがイイ!

  • 高倍率でもナイスな画質
  • 高級感のあるデザイン
  • マクロ撮影もできる

シグマのContemporaryラインでレンズ外観の作りは高級感があって、所有欲はバツグンに満たされます

  1. 広角でも使える
  2. 望遠は300mmまで使える
  3. マクロ撮影もできる

まさに一石三鳥とも言える超便利なレンズです!

 

こんな方には特におすすめのレンズです。

  • スナップ写真用にも使いたい人
  • レンズ1本で行きたい人
  • 結婚式や旅行にも使いたい人

【参考】αシリーズとの互換性

解像度が悪いということもなく、基本性能は問題ない。

シグマ公式サイトでもMC-11対応レンズにされているので、αシリーズとの相性もバッチリです。

α6000などのAPS-Cなら、換算450mmで野鳥撮影に使うこともできます。

ソニー純正のSEL24240よりももう1範囲広い焦点距離に対応しており、マウントアダプターを含めて考えても値段を安く抑えられます。

シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 

シグマ望遠レンズ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

フルサイズ対応 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

 値段約10万
 フルサイズ対応フルサイズ対応
発売日2015年3月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 2.8m
 開放F値 F5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径95mm
 レンズ構成14群20枚
 焦点距離  150〜600mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  105×260.1mm
 重量  1930g

ソニーのミラーレス一眼で唯一使える超望遠対応のバズーカレンズ

ソニーのミラーレスでバズーカレンズ使うならほんと、コレしかありません。

  • 野鳥撮影にも最適
  • 撮れないものはない望遠レンズ

 

望遠レンズ界の王様と言っても過言ではないほど、どんなものでも撮れるレンズです。

 

ただ、ちょっと残念な点もあります。

  • 手持ちは重い
  • かなり目立つ

とにかく重い!コレに尽きます。レンズだけで2kgもあるので、手持ち撮影するならちょっと覚悟は必要なレンズですが、このレンズでないと撮れないものはたくさんあるので、グッとこらえましょう。

参考までにEOS70Dにつけた画像をお見せします。

シグマ 150-600mm ContemporaryをEOS70Dにつけた写真

シグマ 150-600mm ContemporaryをEOS70Dにつけてみた【ズームなしの状態】

ちなみに600mmまでズームしてみると、

シグマ 150-600mm ContemporaryをEOS70Dにつけて600mmまでズームした時の写真

シグマ 150-600mm ContemporaryをEOS70Dにつけてみた【600mmまでズームした時】

こんなんになります。

 

ここがイイ!

  • ズームリングをロックできる
  • 三脚座がある
  • きれいな色合いで写せる

重量級のレンズなので、重みでズームリングが動いてしまうことがありますが、ロック機構があるため安心です。

もちろん三脚座もついているので、一脚なんかを合わせて使うと肩が壊れることもないです。

Eマウントでここまでの望遠レンズが使えるのはこのレンズだけなので、子供が成長したことを考えて早めに買っておくのもアリです。

 

特にこんな方にはおすすめです。

  • 飛行機を撮ってみたい人
  • 野鳥撮影をしたい人
  • レースや大規模の運動会で使いたい人

【参考】αシリーズとの互換性

シグマの公式サイトでもMC-11の対応レンズに記載されているので、αシリーズで本レンズを使ってもAF等に支障が出ることはありません。

Eマウントで使える超望遠レンズは正直なところ、このレンズしかないので、αシリーズで望遠がもう少し欲しいという方には最良の選択肢であると言えます。

Eマウントのおすすめ望遠レンズ【まとめ】

Eマウントはミラーレスだし、運動会とかで使うのはちょっと難しいかな…という声も聞きますが、そんなことはありません。

これだけたくさんの望遠レンズも発売されていますし、実際私も子供の運動会ではα7 Ⅱで撮影しています。

望遠レンズを選ぶ目安

  • 保育園など小規模の運動会→ 200mm
  • 小学校の運動会→ 300mm
  • 中学校の運動会やレースなど→ 400mm以上

子供の成長は本当に一瞬で、写真に残してあげるのは大切です。

特に運動会などはビデオカメラばかりになって、静止画はあまり残っていないことが多いので、ぜひ写真として残してあげてください。

写真ならいつでもどこでも見て盛り上がれますしね。

 

ただ、レンズを変えるだけでは一眼レフはかんたんに上達はできません。

設定や基礎となる知識をしっかり理解してこそ、レンズやカメラの性能をフルで使いこなすことができるようになります。

本を読むのはどうも続かないという人向けのおすすめ講座があります。

>>一眼レフを最短で使いこなす講座の詳細へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

ソニーEマウントの望遠レンズのおすすめ

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。