値段と画質から選ぶソニーEマウントのおすすめ望遠レンズ厳選8本

ソニーEマウントの望遠レンズのおすすめ





ソニーのEマウントには望遠レンズが少ないというのは、もう昔の話です。

最近はEマウントレンズの開発が急速に進められていて、今では選べるほどのレンズラインナップとなってきています。

望遠レンズもかなりの種類が増えてきており、Eマウントは値段が高いというイメージももう今では消えつつあります。

Eマウントのカメラで使うのにおすすめしたい望遠レンズ8本を値段やデメリット、メリットをそれぞれまとめました。

カメオタくん
SEL70200GとSEL70300Gは期間限定で10000円キャッシュバック中です!
ソニーの一眼レフとEマウントレンズのキャッシュバックキャンペーン

スポンサーリンク

おすすめレンズを一覧表でチェック

Eマウントにおすすめの望遠レンズ8本の値段とかんたんなスペックを一覧表にまとめました。

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

レンズ名実売価格F値焦点距離手ぶれ補正
SEL552102万〜3万F4.5-6.355〜210mmあり
SEL18200LE6万〜7万F3.5-6.318〜200mmあり
タムロン 18-200mm B011SE5万〜6万F3.5-6.318〜200mmあり
SEL70300G14万〜15万F4.5-5.670〜300mmあり
SEL100400GM26万〜27万F4.5-5.6100〜400mmあり
EF70-300mm F4-5.6 IS II USM5万前後F4-5.670〜300mmあり
シグマ 18-300mm Contemporary5万前後F3.5-6.318〜300mmあり
シグマ 150-600mm Contemporary10万前後F5-6.3150〜600mmあり

【コスパ重視】Eマウントのおすすめ望遠レンズ

コスパで選ぶEマウント用の望遠レンズを3本セレクトしました。

7万円以内で買えるレンズを中心にソニーとタムロンで選んでいます。

ソニー E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210 (B)

ソニーEマウント用望遠レンズ E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210
 値段2万〜3万
 フルサイズ対応APS-Cのみ
 発売日2014年2月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 1m
 開放F値 F4.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径49mm
 レンズ構成9群13枚
 焦点距離  55〜210mm
 フォーカス AFのみ 
 最大径×長さ  63.8×108mm
 重量  345g

ソニー純正Eマウントの望遠レンズSEL55210。

望遠レンズとしては値段も安く、軽いお手頃な初心者にも扱いやすい入門レンズです。

デメリット

  • 解像度が低め
  • 暗所撮影には弱い

解像度は低めでズームすればするほど、解像感は落ちてしまいます。

値段が安いこともあるので、仕方ないレベルですが、運動会などバキバキに解像しなくていい場面では、取り回しもしやすくスマホやコンデジでは撮れない写真が撮れます。

暗い場所での撮影はそれほど得意なレンズではないので、日中晴れた場所では必要十分な性能を発揮してくれます。

メリット

  • コスパ最高
  • 軽量コンパクト

このレンズの1番のメリットは、とにかく安いこと。

ソニー純正の望遠レンズなのに、3万円以下で買えるコスパの良さは最強です。

特にEマウントの他の望遠レンズは、10万円を超えるものばかりなので、値段の安さがよくわかっていただけると思います。

レンズの重量も望遠レンズとしては軽いです。

せっかくのαシリーズのコンパクトさを損なわない望遠レンズとしては、このレンズが最良の選択と言えます。

こんな人におすすめ

  • 望遠レンズを使ったことがない人
  • コスパを抑えた望遠レンズを探している人
  • 重いレンズは嫌な人

ソニー E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200LE

ソニーEマウント用高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200LE
 値段6万〜7万
 フルサイズ対応APS-Cのみ
 発売日2012年6月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 0.5m
 開放F値 F3.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径62mm
 レンズ構成13群17枚
 焦点距離  18〜200mm
 フォーカス AFのみ 
 最大径×長さ  68×97.1mm
 重量  460g

ソニー純正の高倍率ズームレンズと言えばSEL18200LEです。

フルサイズには対応しておらず、APS-C専用レンズとなっていますが、フルサイズでもクロップ撮影であれば使うことはできます。

デメリット

  • ズームリングが重め
  • それなりに重い

人によって感じ方は違いますが、他のレンズと比べるとズームリングが少し重いという口コミが多いです。

ただ、望遠レンズでズームリングが軽すぎるとピント合わせがしにくく、手ぶれの原因にもなるので、それほど気にするレベルではないと思います。

広角から望遠まで対応する高倍率ズームレンズのため、一般的な望遠レンズと比べると重量は少し重く感じます。

NEXシリーズやα6000系で機動性重視で持ち運びたい場合は、カメラよりフロント部分が重くなってしまうので軽量さ重視の方にはうーんとなるかもしれません。

メリット

  • 望遠レンズなのに広角撮影もできる
  • 50cmまで寄って撮影できる

このレンズの1番のメリットは、広角での撮影もできることです。

高倍率ズームレンズなので、広角は18mmから望遠端は200mm(APS-Cなら換算300mm)で使えるので、普段使いから本格的な望遠レンズとして使うこともできます。

 

特に運動会などで競技中は望遠、昼食や休憩の時には広角といった使い方ができるコスパの良いレンズとしては最高です。

 

荷物を減らしてカメラ1台だけで出かける時には、このレンズ1本あればだいたいの撮影にも対応できるので便利なレンズと言えます。

こんな人におすすめ

  • レンズ1本でいきたい人
  • 何本もレンズを書いたくない人
  • 運動会で安い望遠レンズを探している人

タムロン 18-200mm F/3.5-6.3 Di Ⅲ VC 

タムロンEマウント用望遠レンズ 18-200mm F:3.5-6.3 Di Ⅲ VC 
 値段5万〜6万
 フルサイズ対応APS-C・ミラーレス専用
 発売日2011年12月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 0.5m
 開放F値 F3.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径62mm
 レンズ構成13群17枚
 焦点距離  18〜200mm
 フォーカス AFのみ 
 最大径×長さ  68×96.7mm
 重量  460g

タムロンの18-200mmは、APS-Cでかつミラーレスカメラ専用に設計されています。

レンズの高いEマウントレンズの中でサードパーティ製品はこのレンズだけです。

デメリット

  • AFが迷うことがある
  • サイズが大きめ

取り上げて言うほどのデメリットはありませんが、暗所などシーンによってはオートフォーカスが迷ってしまうことがあります。

ミラーレス専用設計となってはいますが、サイズは普通のAPS-Cカメラ用と同等クラスなので、同クラスのレンズとしては大きめのサイズとなっています。

ただ、SEL18200LEと比べてもサイズはそれほど大きく違うというわけではないので、通常使用には問題ありません。

メリット

  • 手ぶれ補正が強力
  • ぼけ感がなめらか

タムロンのレンズ全般に言えることですが、手ぶれ補正VCの効きがかなりすごいです。

望遠端の200mmでもVCのおかげでピタッと止まってくれます。

高倍率ズームレンズということで、画質やぼけがイマイチと思ってしまいがちですが、意外に画質とぼけには定評があります。

公園で子供と遊んでいる時など、遠くから子供の自然な表情を撮ることもできますし、近くでアップの写真も撮れるのでミラーレスユーザーには人気の高いレンズです。

こんな人におすすめ

  • NEX、α6000系のユーザー
  • 手ぶれが不安な人

【高画質】Eマウントのおすすめ望遠レンズ

次に画質メインで選ぶEマウントの望遠レンズのおすすめを紹介します。

画質と言えば、GレンズとG Masterレンズの出番です。

ただ、高いです笑

ソニー FE 70-300mmF4.5-5.6 G OSS SSEL70300G

カメオタくん
6/17までの期間限定10000円キャッシュバック対応レンズですよ。
ソニーEマウント用望遠レンズ FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G
 値段14万〜15万
 フルサイズ対応フルサイズ対応
 発売日2016年4月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 0.9m
 開放F値 F4.5-5.6
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径72mm
 レンズ構成13群16枚
 焦点距離  70〜300mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  84×143.5mm
 重量  854g

Gレンズで画質も良くて値段も抑えたいなら、SEL70300Gはおすすめです。

フルサイズにも対応しており、解像度も高いのでα7R系の高画質モデルとの相性もバッチリです。

デメリット

  • 廉価版望遠レンズと比べると、レンズが太い
  • コンパクトな一眼レフには不釣り合い

レンズ自体の筐体が太めなので、手が小さい人はズームリングを回しにくいことがあります。

α6000系などの軽量さ重視のミラーレスで使うと、明らかにレンズの方が重くなってしまい、バランスが取れなくなってしまいます。

フロントヘビーになるため、三脚や一脚を使用しないと使いにくい点はデメリットと言えます。

α7 Ⅱなどのフルサイズ一眼レフで使うなら、カメラとのバランスが大きく崩れることもないので、使いやすいですね。

メリット

  • 解像度は高い
  • ぼけがきれい

Gレンズということもあって、望遠300mmでも画質は良く、ぼけ具合もきれいに写せます。

手ぶれ補正のないα7でもレンズについているOSSの効きが良く、カメラの設定にそれほどこだわらなくても高画質できれいな写真をかんたんに撮ることができるコスパと画質のバランスがとれたレンズです。

解像度が高いので、動物を撮っても毛のふさふさ具合までくっきり写すことができ、思わず写真が上手くなったかなと錯覚してしまうほどです。

300mmで高画質という特性をいかして、遠くから子供のさりげない笑顔を狙うと普段見ることのできない一面に出会えるかもしれません。

こんな人におすすめ

  • α7やα7 Ⅱなどのフルサイズ一眼ユーザー
  • 高画質重視で撮りたい人

ソニー FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

カメオタくん
6/17までの期間限定10000円キャッシュバック対応レンズですよ。
ソニーEマウント望遠レンズ FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
 値段13万〜14万
 フルサイズ対応フルサイズ対応
 発売日2014年3月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 1m
 開放F値 F4
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径72mm
 レンズ構成15群21枚
 焦点距離  70〜200mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  80×175mm
 重量  840g

ソニー純正レンズの中でも、高級望遠レンズの特徴として有名な白レンズがSEL70200G。

200mmまでの望遠域を持ちながら、F4通しという素晴らしいスペックを持っています。

デメリット

  • テレコンは使えない
  • 逆光耐性は弱い

200mmの望遠なので、もう少しズームしたいなと感じた時に使うのがテレコンですが、このレンズはテレコンに対応していません。

α6300などのAPS-Cのカメラで使えば、300mmまで望遠が可能ですが、α7などのフルサイズのミラーレスで使うと、焦点距離が足りないと感じることがあるかもしれません。

裏技として『超解像ズーム』を使えば、画質劣化なしで焦点距離を2倍にすることができるので、フルサイズでも400mmまで望遠が可能になります。

また、逆光耐性はそれほど強くありません。

電車などを撮る時に太陽を一緒に入れて写すと、ゴーストが出てしまうこともあるようです。

ただ、構図を変えたりすれば問題なく、あまりそのような撮り方はしないと思うので、それほど気にする必要もないかと思います。

メリット

  • 発色、コントラストが高い
  • 三脚穴がついている
  • ズーム全域でF4で使える

白レンズにふさわしく、解像度は高く、人物を撮っても色ノリが良いのでJPEG撮って出しでも十分な写真を撮ることができます。

高級レンズにふさわしく、レンズに三脚穴がついており、三脚座を使うことができます。

前が極端に重くなってしまうのを防ぐためですね。

運動会やイベント撮影など長時間の撮影になるときにありがたい機能です。

このレンズ唯一のメリットとして、ズーム全域でF4固定で撮ることができます。

200mmの望遠域でもF4で撮れるので室内や薄暗い場面でも手ぶれしにくい点はこのレンズだけの強みです。

F2.8通しのモデルもありますが、レンズだけで25万を超えてしまうので、なかなか手が出る金額ではありませんよね。

14万以内でF4通しの望遠レンズと考えると、納得の値段であると言えます。

運動会だけでなく、公園や広場で遊んでいる子供に気づかれず無邪気な姿を写すことができるので、よりきれいに写真を残したいという方にはおすすめのレンズです。

超解像ズームを使うことで、飛行機や普段撮れない被写体を写すこともできるようになります。

白レンズで目立ちますが、1本持っていれば10年単位で長く使えるレンズなのでおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 子供撮影が中心な人
  • 小規模の運動会で使いたい人
  • 室内や暗所撮影が多い人

 

Eマウント以外のおすすめ望遠レンズ

Eマウント以外の望遠レンズは、キヤノンのレンズをαシリーズで使うことができるマウントアダプターMC-11がおすすめです。

キヤノンのレンズがαシリーズでも使えるようになることで、レンズの選択肢が大幅に増えます。

ここでは、MC-11で使えるキヤノン用の望遠レンズのおすすめを紹介していきます。

マウントアダプタ MC-11

キヤノンのレンズをソニーのEマウントで使えるようにするマウントアダプターMC-11
 値段2万〜3万
 対応マウントキヤノン↔︎Eマウント
 発売日2016年4月
 対応レンズ 30本(順次追加予定)
 対応カメラ

 α9,α7シリーズ,NEXシリーズ

α5000シリーズ,α6000シリーズ

 Exifデータ反映 可能
 重量 125g

αシリーズをはじめとするEマウントのカメラに装着することで、キヤノンのレンズを装着することができます。

NEXシリーズから新しいα9に至るまで、ほぼ全てのEマウントカメラに対応しています。

重量もそれほど重くなく、コンパクトなソニーのミラーレスの機動性を損なうこともありません。

キヤノン EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

キヤノン望遠レンズ EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM
 値段5万前後
 フルサイズ対応フルサイズ対応
 発売日2016年12月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 1.2m
 開放F値 F4-5.6
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径67mm
 レンズ構成12群17枚
 焦点距離  70〜300mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  80×145.5mm
 重量  710g

レンズの設計も新しく、レンズに撮影時のデータを表示する液晶付きの望遠レンズです。

Lレンズに匹敵するくらいの評価を受けているキヤノンのEF70-300mm F4-5.6 IS II USM。

デメリット

  • ケース・フードがつかない
  • 望遠にすると伸びる

このレンズには、レンズフードとケースがついていません。必要な場合は別売りで買う必要があります。

ケースはつかないことも多いですが、レンズフードがないのは少し痛いです。

レンズの構造上、望遠端にしたときには結構長くなってしまうので、長時間使っていると埃の混入などに気を遣う必要が出てきます。

ある程度、望遠レンズの宿命ではありますが、使い終わったらブロワーでかんたんに手入れしておくことで解決できます。

メリット

  • 解像度が高く、AFも速い
  • 軽く持ち運びしやすい
  • コスパ最強の望遠レンズ

5万円前後で買えるレンズなのに、値段以上の解像度とAFがウリです。

解像度はLレンズがいらないくらいと言われるほど、画質には定評があります。

AFも最新のナノUSMを搭載しており、とにかく速く無音でピント合わせができます。

レンズ本体の液晶画面に、撮影時のデータ(焦点距離、手ぶれ補正、APS-C時の換算焦点距離)が表示され、初心者にも優しい設計となっています。

子供の運動会はもちろんですが、お子さんが男の子なら一緒に電車を見に行って、電車を撮るのにも最適なレンズです。

電車が嫌いな子供はいないですし、うちの子は大はしゃぎでついてきてくれます。

電車を見に行って、子供と風景を切り取るのもあり、意外にいろんな場面で使えるおすすめ望遠レンズです。

【参考】αシリーズとの互換性

手ぶれ補正もピント合わせも高速で、キヤノン純正で使っているのとほぼ変わらない感覚。

αでもAF-Cが使えて、動体追従性能も完璧です。

GレンズやLレンズがいらなくなるほどの解像度で写りに満足したという口コミが多数報告されています。

こんな人におすすめ

  • 手軽に高画質の望遠が欲しい人
  • 動きものの撮影がしたい人
  • 軽量重視の人

 

シグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 

キヤノン用望遠レンズ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
 値段5万前後
 フルサイズ対応APS-C専用
発売日2014年10月
 絞り羽根枚数 7枚
 最短撮影距離 0.39m
 開放F値 F3.5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径72mm
 レンズ構成13群17枚
 焦点距離  18〜300mm
 フォーカス AFのみ
 最大径×長さ  79×101.5mm
 重量  585g

18mmから300mmまでの幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズ。

3.5段分の手ぶれ補正と大型HSMを搭載しており、AFも高速で静かで扱いやすいレンズです。

デメリット

  • MFに対応していない
  • オート撮影では写りがイマイチ

このレンズは、マニュアルフォーカスの撮影は対応しておらず、AFのみです。

通常であれば問題ないのですが、せっかくマクロ撮影機能がついているのにMFが効かないのは少し残念な気もします。

マクロ時は、ピントをシビアに追い込む必要がありますが、慣れれば問題はないレベルです。

人によるのかもしれませんが、オート撮影ではあまり良い写真を撮れなかったという口コミがありました。

絞り優先モードで調整してあげることで解決はできます。

メリット

  • 高倍率でも画質は良い
  • 高級感のあるデザイン
  • マクロ撮影もできる

高倍率ズームなのにそれなりの画質で、望遠レンズにもなり、広角レンズ、マクロレンズとしても使えるかなりお買い得なレンズです。

1本で3本以上のレンズの役割を果たしてくれるある意味コスパの高いレンズと言えます。

シグマならではの高級感のあるデザインも所有欲を満たしてくれて高評価です。

頻繁にレンズの交換をしている暇がなく、シャッターチャンスを逃したくない結婚式で使うレンズとしてはベストバイのレンズです。

近寄って新郎新婦の笑顔を撮ったり、遠くから自然な表情を狙ったり、家族や友人との集合写真を撮ったり1本のレンズでほとんどのシーンに対応することができます。

結婚式や同窓会など失敗が許されないとき、シャッターチャンスを増やしたいならこのレンズを選んでおけば間違いはないですね。

【参考】αシリーズとの互換性

解像度が悪いということもなく、基本性能は問題ない。

シグマ公式サイトでもMC-11対応レンズにされているので、αシリーズとの相性もバッチリです。

α6300などのAPS-Cなら、換算450mmで野鳥撮影に使うこともできます。

ソニー純正のSEL24240よりももう1範囲広い焦点距離に対応しており、マウントアダプターを含めて考えても値段を安く抑えられます。

こんな人におすすめ

  • スナップ写真用にも使いたい人
  • レンズ1本で行きたい人
  • 結婚式の撮影に使いたい人

シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 

シグマ望遠レンズ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
 値段10万前後
 フルサイズ対応フルサイズ対応
発売日2015年3月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 2.8m
 開放F値 F5-6.3
 手ぶれ補正機構 あり
 フィルター径95mm
 レンズ構成14群20枚
 焦点距離  150〜600mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  105×260.1mm
 重量  1930g

キヤノンマウントに対応する150-600mmの超望遠バズーカレンズ。

αシリーズで使える超望遠レンズとしては、このレンズ1択しかありません。

手ぶれ補正もついており、超望遠域でも精度の高い手ぶれ補正が効くので野鳥撮影にもバッチリです。

デメリット

  • 手持ちは重い
  • かなり目立つ

超望遠レンズとして当たり前のことばかりですが、とにかく大きいです。

手持ちするとレンズだけで2kgあるので、カメラの重量と合わせると3kg近くになってしまいます。

長時間使う場合は一脚を一緒に持っていく方がいいですね。

ベルボン製おすすめ一脚ウルトラスティックスーパー8のレビュー

2016.08.01

ズームを伸ばすとものすごい長さになります。そして、目立ちます笑

ですが、600mmの超望遠レンズとしては普通なので、それほど気にする必要はありません。

メリット

  • ズームリングをロックできる
  • 三脚座がある
  • 発色・彩度がいい

ズームリングをロックして固定でき、斜め上向きで撮影するときに焦点距離がズレないため、花火や飛行機などを撮るときにも使いやすいです。

レンズ自体がかなりの重量になるので、三脚等に固定して撮れるのは長時間の撮影には重宝します。

三脚座もついているので、この点も安心です。

シグマならではの発色の良さとコントラストの高さを合わせ持っており、超望遠レンズですが、画質に妥協したレンズではありません。

F値は暗いですが、焦点距離が長い分、圧縮効果が出るため、背景をがっつりぼかした写真を撮ることもできます。

500人を超える規模の小学校や中学校など広いグラウンドでの運動会では、本領を発揮してくれます。

背の高い三脚があれば、一番前の場所取りをしなくても後ろの方から十分に子供の写真だって撮れます。

超望遠レンズと言うと、野鳥撮影や飛行機にしか使わないと思いがちですが、こういったメリットもあるので日常使いにもおすすめです。

【参考】αシリーズとの互換性

シグマの公式サイトでもMC-11の対応レンズに記載されているので、αシリーズで本レンズを使ってもAF等に支障が出ることはありません。

Eマウントで使える超望遠レンズは正直なところ、このレンズしかないので、αシリーズで望遠がもう少し欲しいという方には最良の選択肢であると言えます。

こんな人におすすめ

  • 飛行機を撮ってみたい人
  • 野鳥撮影を考えている人
  • レースや大規模の運動会で使いたい人

 

 
 

Eマウントのおすすめ望遠レンズ【まとめ】

Eマウントの望遠レンズは2015年くらいだと、1,2本くらいしかありませんでしたが、今ではこれだけのラインナップに拡大されてきました。

最近もソニーはEマウントのレンズの開発にかなり力を入れており、今後もEマウントのレンズはシグマやタムロンからも発売予定と報道されています。

私たちEマウントユーザーにとっては、夢が膨らむ一方です。

Eマウントはミラーレスだし、運動会とかで使うのはちょっと難しいかな…という声も聞きますが、そんなことはありません。

これだけたくさんの望遠レンズも発売されていますし、実際私も子供の運動会ではα7 Ⅱで撮影しています。

望遠レンズを選ぶ目安

保育園など小規模の運動会→200mm

小学校の運動会→300mm

中学校の運動会やレースなど→400mmから600mm

子供の成長は本当に一瞬で、写真に残してあげるのは大切です。

特に運動会などはビデオカメラばかりになって、静止画はあまり残っていないことが多いので、ぜひ写真として残してあげてください。

写真ならいつでもどこでも見て盛り上がれますしね。

 

ただ、レンズを変えるだけでは一眼レフはかんたんに上達はできません。

設定や基礎となる知識をしっかり理解してこそ、レンズやカメラの性能をフルで使いこなすことができるようになります。

本を読むのはどうも続かないという人向けのおすすめ講座があります。

>>一眼レフを最短で上達するためのおすすめ講座の詳細へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

ソニーEマウントの望遠レンズのおすすめ

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。