【作例多数】SEL85F18の実写レビュー|価格と描写力に感動!

SEL85F18を1年近く使って感じた感想とレビュー





ソニーEマウントの単焦点レンズ群の中で忘れられがちなのが、SEL85F85。

85mmという一見マニアックな焦点距離のレンズで、どうも扱いにくいというイメージを持たれている方がほとんどではないでしょうか?

人物などのポートレート写真はもちろんですが、実はブツ撮りや風景写真にも全然使える万能レンズなんです。

コスパ最高のポートレートレンズを1年以上かけて使い倒した管理人のレビューをお楽しみください。

スポンサーリンク

【主な特徴】子供撮りやポートレートには最強のレンズ

ソニーEマウント用単焦点レンズ FE85mm F1.8 SEL85F18
 値段6万前後
 フルサイズ対応フルサイズ対応
 発売日2017年3月
 絞り羽根枚数 9枚
 最短撮影距離 0.8m
 開放F値 F1.8
 手ぶれ補正機構 なし
 フィルター径67mm
 レンズ構成8群9枚
 焦点距離  85mm
 フォーカス AF/MF
 最大径×長さ  78×82mm
 重量  371g

SEL85F18は、ソニーEマウント用の中望遠の単焦点レンズですが、ツァイスでもGレンズでもなくごく普通の無印レンズです。

称号がつかないレンズを俗に無印レンズと呼びますが、このレンズは無印レンズながらGレンズに匹敵するほどのスペックを持っています。

特にポートレート写真は抜群に使いやすく、子供の写真は誰でもワンランク以上レベルの高い写真がかんたんに撮れるようになります。

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

開放F1.8で明るい

6万円で買えるEマウントの単焦点レンズとしては、かなり優秀なスペックで、開放F値はF1.8ととにかく明るいです。

その明るさからボケを強くいかした写真はもちろん、ふんわり柔らかいボケの写真や室内や暗いところでの撮影も余裕でこなせます。

手ぶれ補正こそついていませんが、開放F1.8という明るさで手ぶれ補正いらずです。

解像度が高い

無印レンズでありながらも、驚くほど解像してくれて、描写力の非常に高いレンズです。

人物撮影をしていても、人の輪郭や髪の毛、服の色など細かなところに至るまでその描写力は圧巻です。

フルサイズのレンズだと、ピントがジャストで合ったところでないと、写りがイマイチということもありますが、このレンズはそんな心配もありません。

開放気味で撮れば、シャッタースピードが不足することもないので、解像力をフルにいかした写真を撮りやすいのも高評価ですね。

ボケが上品

SEL85F18は、上品なボケを出してくれる点も評価の高いポイントです。

背景をぼかした写真でも、ぼかした境界線とぼけていない箇所が自然で、ぼけぼけに写るのではなく、ほどよく滑らかな感じに写せます。

ぼかした写真を撮っていると、ぼけすぎると肝心の被写体がぼやけてしまうこともあります。

でも、SEL85F18なら、被写体を損なわないぼけ具合で主張しすぎないぼけ方をしてくれます。

なだらかに自然な感じでぼける上品さに私は惚れました。

SEL85F18の実機のレビュー

実機のレビューをレンズ単体と私が普段から使っているα7 Ⅱに装着した写真にわけて紹介します。

レンズ単体の写真

SEL85F18のレンズ正面
レンズ全体
SEL85F18の側面写真(AFボタンとフォーカスロックボタン)
レンズ側面

 

レンズ自体はそれほど大きいこともなく、重量も371gと軽いです。

α7 Ⅱにつけていてもレンズだけが主張するようなこともなく、バランスが取れています。

レンズ側面には、フォーカスホールドスイッチとAFとMFの切り替えスイッチが付いています。

花やオブジェなど、止まっている被写体の場合、MFに切り替えるのがすぐできて便利です。

フォーカスホールドスイッチも、ピントを固定して構図を決めるときに重宝します。

意外にこのボタンがついていないレンズがないので、安い値段なのに親切な設計と言えますね。

 

レンズフードをつけた状態のSEL85F18側面写真
レンズフードあり
SEL85F18のピントリングのアップ
ピントリング部
SEL85F18を上面から撮影した写真
レンズ上面

 

レンズフードが大きめですが、つけてみるとミラーレスのαが一眼レフみたいになっていい感じです。

ピントリングはいい感じの硬さで軽すぎず緩すぎずで回しやすいです。

α7 Ⅱの装着した写真

SEL85F18をα7 Ⅱに装着した写真②
側面写真①
SEL85F18をα7 Ⅱに装着した側面写真
側面写真②

 

α7 Ⅱにつけてみると、それほどレンズが主張するというイメージもなく、いい感じに馴染んでいます。

レンズの太さも程よい感じで握りやすく、がっしりしています。

α7をはじめとするフルサイズミラーレスにはサイズ感もいい感じでした。

α6000系でも望遠レンズほどサイズも大きくないので、扱いやすいサイズだと思います。

ボケ方を4つのパターンのF値で比較

ボケが上品と言っていたので、ボケ具合をF値を変えて、いろいろと撮影してみました。

開放のF1.8、F2.8、F5.6、F8、F13の4パターンで撮影してその写り方を比較しました。

それぞれ全体写真とピントが合っている部分の拡大写真をトリミングしてみましたので参考にしてください。

絞りF1.8で撮影

SEL85F18でF1.8で撮影した写真
F1.8で撮影
F1.8のピント部分拡大写真
ピント部拡大

 

F1.8だと背景はがっつりボケます。

ボケ方を見ると、被写体が浮かび上がるようにボケています。

ハットのリボン下あたりから自然な感じでボケているのがおわかりいただけるかと思います。

なだらかなボケ方がSEL85F18の特徴です。

絞りF2.8で撮影

SEL85F18でF2.8で撮影した写真
F2.8で撮影
F2.8のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

F2.8でもまだボケ具合は強く、パッと見はそれほど変わりありませんが、ハット全体の輪郭を見ると少し解像度が上がっていることがわかります。

絞りF5.6で撮影

SEL85F18でF5.6で撮影した写真
F5.6で撮影
F5.6のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

F5.6まで絞ると、ボケが少し少なくなって、さらにカリッとした描写になります。

被写体が浮き上がるように撮れるのもこのあたりの設定がドンピシャです。

個人的に一番好きなボケ具合です。

絞りF8で撮影

SEL85F18でF8で撮影した写真
F8で撮影
F8のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

パンフォーカスよりで撮影したいときは、F8まで絞るとさらにカリカリの描写になります。

ワインレッドの色味1つとっても、細かい色味の違いが表現できています。

普通であれば、F8になると背景にもピントが合いますが、85mmという焦点距離の特性上、少し圧縮効果が入るので、それほどボケボケにならないのもこのレンズのいいところです。

絞りF13で撮影

SEL85F18でF13で撮影した写真
F13で撮影
F13のピント部拡大写真
ピント部拡大

 

F13まで絞ると、背景もくっきりとピントが合います。

子供2人以上で写真を撮りたいときは、これくらいまで絞ってあげると全体にピントを合わせることができます。

SEL85F18で撮影した作例の紹介【拡大写真あり】

実際にα7 ⅡにSEL85F18をつけて撮影した作例をいくつか紹介したいと思います。

  1. 子供・ポートレート写真
  2. 風景写真
  3. ブツ撮り
  4. 逆光条件

この4つのシチュエーションで撮った作例を紹介します。

写り方がより詳しくわかるようにピントが合った部分の拡大写真のトリミングも合わせて紹介したいと思います。

子供・ポートレート

SEL85F18で撮影した子供の写真
室内で撮った子供
SEL85F18で撮影した子供の写真のピント部分拡大
拡大写真

 

室内で子供の写真を撮った時のワンシーン。

外部ストロボをバウンスして撮影していますが、発色自体は現像もしていないので、JPEG撮って出しです。

発色とコントラストはツァイスレンズかと思わせるくらい色ノリがきれいですよね。

 

SEL85F18で撮影した女性のポートレート写真
女性のポートレート
SEL85F18で撮影した女性のポートレート写真の拡大
中心部の拡大

 

こちらは成人式の女性のポートレート写真。

人物と背景のボケ具合がたまりませんよね。これぞ中望遠の極みです。中心部を拡大してみても、しっかり写っています。

50mmくらいの焦点距離ではなかなかこの写りは難しいです。

 

SEL85F18で撮影したカップルのポートレート写真
2ショット写真
SEL85F18で撮影したカップルの写真のピント部分拡大
拡大写真

 

カップルの写真を後ろから撮影しました。

影がうまく表現できているところは文句なしの描写であると言えます。ピント部分をトリミングしても、色味の再現は忠実そのものです。

 

SEL85F18で撮影した子供のポートレート写真
子供ポートレート
SEL85F18で撮影した子供のポートレート写真
拡大写真

 

子供のポートレートの作例です。

子供全体をフレームに入れて、かつ背景をぼかすことができるのは85mmの明るい単焦点レンズならではです。

帽子の網目まで細かく描写できているところは圧巻の表現力です。

 

SEL85F18で撮影した赤ちゃんの足の写真
赤ちゃんの足
SEL85F18で撮影した赤ちゃんの足のピント部分拡大
拡大写真

 

こちらは赤ちゃんの足を撮影した写真です。

左足から緩やかにボケ始めており、うるさすぎないボケ具合が上品ですよね。

ピント部分を拡大して見ても、爪や皮膚の質感など細かいディテールも完璧に表現できています。

風景写真

SEL85F18で撮影した桜の写真
桜の風景
SEL85F18で撮影した桜の写真のピント部分拡大
拡大写真

 

桜の写真を撮った時の作例です。

開放F1.8という明るさをいかして、前ボケをはさんで撮ることができます。

ただ、ピントが合っている部分は正直すごい解像しており、拡大しても画素が潰れることもありません。

花びら1枚まできれいに撮れていたことに気づいて正直驚きました。

 

SEL85F18で撮影した空の写真
盆栽と空
SEL85F18で撮影した盆栽と空の写真のピント部分拡大
拡大写真

 

盆栽と空を合わせて撮った写真ですが、緩やかなボケ具合とピント周辺部の解像感がすごいですよね。

蜘蛛の巣にかかった雨水まで描写する解像力は本当に驚きました。

Gレンズ並みの描写力です

正直なところ、Gレンズいらずと言えます。

 

SEL85F18で撮影した湖の風景写真
朝焼けの湖
SEL85F18で撮影した朝焼けの湖の写真のピント部分拡大
拡大写真

 

朝焼けの湖を撮った写真ですが、流木の細かい質感まで写っているところが感動しました。

ホワイトバランスは蛍光灯にしているので、少し青みがかっていますが、これだけ離れたところにあるものまでくっきり解像するところは無印レンズとは思えない描写力です。

ブツ撮り

SEL85F18で撮影した海岸沿いの風景写真
海で遊ぶ
SEL85F18で撮影した海で遊んでいる写真のピント部分拡大
拡大写真

 

後ろをぼかして海で遊んでいる子供たちの脱いだサンダルを撮った写真です。

ちょうど真ん中にあるサンダルの拡大写真をトリミングしましたが、かなりくっきりですよね。

F5.6の絞りでここまで解像してくれるのは驚きました。

 

SEL85F18で撮影した身体の影を強調した写真
身体の影
SEL85F18で撮影した紫陽花の写真
雨上がりの紫陽花

 

この作例はアップにすると、ちょっと賛否両論を呼びそうなのでトリミング画像はつけていません。

影の部分と輪郭の写りを参考にしていただければと思いますが、このように暗い被写体でも確実に捉えてくれます。

紫陽花を見ても、雨上がりの質感を忠実に再現できています。

SEL85F18で撮影した地蔵さんの写真
地蔵さん
SEL85F18で撮影した地蔵さんの写真のピント部分の拡大
拡大写真

 

神社にあった地蔵さんを撮影した写真ですが、石の質感や木の細かい部分までしっかりと描写しています。

真ん中あたりの落ち葉を拡大してみても、ものすごい解像力ですよね。

特に現像処理もしていません。

ノイズが出たり、画素が荒くなっている様子もないので、かなりの解像力であることがよくわかっていただける写真だと思います。

逆光の撮影

SEL85F18は逆光に弱いという口コミが多かったので、試しに撮ってみました。

SEL85F18で撮影した逆光条件の太陽の写真

太陽をもろに入れた構図で撮影しましたが、確かにそれほど逆光耐性は強くなかったです。

フレアが出やすくなるので、逆光で使うときは太陽を直接入れない・影を入れるなど構図に工夫すると回避できるレベルです。

フレアやゴーストのほんのりしたイメージをいかして柔らかい写真にしたい時は、あえて撮ってみてもおもしろい絵が撮れますよ。

ただ、85mmのレンズでこのような使い方はあまりしないと思うので、それほど気にするデメリットではありません。

逆光で撮るときは露出を低めにしておいて、あとでPhotoshopやLightroomなどの現像ソフトで調整すればいい感じにできます。

SEL85F18のレビュー【まとめ】

作例を一通り見て感じたことは、中望遠レンズという枠を超えているという点です。

85mmというと、一般的に中望遠レンズになり、扱いにくい画角でなかなか初心者には手が出せないレンズというイメージですが、このレンズは違いました。

むしろ、初心者にこそ試してほしいレンズと言いたいくらいです。

SEL85F18は中望遠を凌駕した単焦点レンズです。

しかも値段は6万円前後で買える抜群のコスパなので、ノリで買っても十分にもとがとれるレンズと言えるでしょう。

悪いところも言いたいですが、正直それほどのデメリットが見当たらないレンズです。

キットレンズでどうもうまく撮れないと悩んでいる方にはおすすめしたい珠玉のレンズです。

値段の比較をするとき、楽天市場は意外に安い値段で売っているショップがあるのでチェックしておくのがおすすめです。

アマゾンに比べて、タイムセールやお得に変えるタイミングが多いので比較検討の際は見てみてください。

 

 

ただ、レンズを変えるだけでは一眼レフはかんたんに上達はできません。

設定や基礎となる知識をしっかり理解してこそ、レンズやカメラの性能をフルで使いこなすことができるようになります。

本を読むのはどうも続かないという人向けのおすすめ講座があります。

>>一眼レフを最短で上達するためのおすすめ講座の詳細へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

SEL85F18を1年近く使って感じた感想とレビュー

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。