プリミィの評判|悪い口コミを中心に使った感想と評価をまとめてみた

プリミィの口コミ・評判や使い方を解説


子育てをしていると、子供の写真を撮っても忙しくてついスマホに残ったままになってしまいます。

いい写真が撮れても、結局スマホの中にありませんか?

我が家もそうでしたが、最近時間をかけずにスマホの写真を活用するいい方法を見つけました。

 

そんなとき、プリミィという写真の保存・印刷サービスが便利です。

プリミィは、スマホの写真をかんたんにプリントできて、フォトブックが毎月無料でもらえるサービスです。

 

スマホのアプリから使うので、面倒な入力等もなく気軽にスマホの画像を写真にできます

月額300円の有料サービスですが、使う価値はあるのか実際使ってみました。

この記事では、プリミィの口コミと使ってみた感想をまとめています。

ネット上にあまり悪い口コミがなかったので、プリミィの悪い評判も隠さずご紹介します。

具体的な使い方も解説しているので、一通り目を通してみてください。


スポンサーリンク



プリミィは購入方法によって値段が違う!

プリミィは、申し込みするところによって月額料金が変わります!

Google Play StoreやApp Storeからアプリをダウンロードすると、月額料金は400円になってしまいます

僕は最初、これで失敗しました。

 

公式サイトから申し込めば、月額料金は300円になります。

申し込みする場所によって、値段が変わるので注意してください。

 

カメオタくん
当サイトからの紹介なら、月額300円で申し込めます。

 

300円で申し込むなら、ここから

 

プリミィ(primii)とは?サービス概要

スマホの写真をプリント・フォトブックにできるプリミィ

プリミィは、スマホの写真をアプリから選んで、L版プリントしたり、フォトブックが作れます。

登録月は400円かかりますが、翌月からは24ページのフォトブックが毎月1冊無料でもらえます。

プリミィの特徴を流し読み
  • L版写真プリントが1枚5円
  • フォトブックが毎月無料でもらえる
  • ネット上に写真を保存しておける
  • アプリで誰でも使えるわかりやすさ

 

カメオタくん
月額はかかるけど、フォトブックだけでもとは取れる値段設定ですね。

 

プリミィの登録や実際の使い方は、ここから見出しへジャンプできます。

プリミィの使い方の見出しへ >

 

プリミィならスマホ写真プリントが1枚5円で相場より安い

スマホに入っている写真をL版写真にしても、プリミィは1枚たった5円です。

カメラのキタムラでネットプリントを頼むと、1枚29円かかります。

ネットの写真プリントとして考えるなら、1枚5円はかなり安いです。

 

100枚印刷して写真にしても500円のワンコインですみます。

圧倒的なコスパですよね。

 

プリミィの写真プリントはL判プリントでも1枚5円の安さでお得

安いのに高品質

プリミィの写真プリントはインスタやSNSで使えるましかくプリントも選べる

ましかくプリントも可能

 

値段が安いからといって画質が悪いということはなく、画質は普通のネットプリントと同等です。

また、壁に飾ったらおしゃれな雰囲気が出やすい正方形の写真プリントにも対応。

ましかくプリントは1枚10円ですが、独特の正方形の写真は飾るだけで一気に部屋がおしゃれになります。

 

さらに、プリミィで写真印刷を頼むと自宅まで郵送してくれます

カメラのキタムラなどのネットプリントは、依頼してお店まで出来上がった写真を取りに行く必要があります。

 

カメオタくん
プリミィなら送料100円で、お店に取りに行く必要もありません。

 

120枚以上でまとめれば、送料も無料にすることができます。

 

>>今すぐプリミィで格安プリントを試す

 

プリミィはフォトブックが毎月1冊無料でもらえる

普通であれば、フォトブックを作ると最低でも2000円近くはかかってしまいます。

でも、プリミィならフォトブックも登録翌月から、毎月1冊が無料でもらえてしまいます。

 

プリミィの無料フォトブック

デザインも多い

プリミィのフォトブックのアルバムの大きさはA5とA6でサイズも豊富

サイズも2種類

 

A5サイズのフォトブックを無料でもらえるところは他にありません。

1冊は無料ですが、2冊目以降でも1冊400円の格安で作れます。

親戚や祖父母へのプレゼントにも使えるので便利です。

 

>>無料のフォトブックを詳しく見る

 

プリミィはスマホの写真をクラウド上に保存できる

スマホも精密機器なので、SDカードや本体のアップデートや水没でデータが消えるリスクがあります。

そんなときでも、プリミィは写真データをインターネット上のクラウドへ預けることができます。

 

容量も5GBまであるので、普通の画素なら写真8000枚近くを保存できます。

 

もちろん、画質やサイズによって変わってくるのであくまで目安です。

万が一、スマホの写真が消えても自動的にバックアップが取れるのはメリットです。

ただ、容量が5GBと制限があるので制限なしで保存するなら、プライムフォトの方が便利です。

Amazonプライムフォトの特徴や使い方を解説

アマゾンプライムフォトの魅力とメリット|使い方・セキュリティの解説

2018年7月8日

 



プリミィ(primii)を使って思ったデメリット

まずは、プリミィを使ってみて残念だなと感じたデメリット部分を紹介します。

使う前はわからなかったけど、実際に使ってみるとあれ?と思うことがありました。

 

プリミィは無料では使えない

プリミィは月額300円の有料サービスです。

無料で使えるわけではないので、最初に知っておいてください。

ただ、利用できるサービスを考えれば、300円はすぐにもとが取れます。

 

カメオタくん
お店でコーヒーを1杯我慢すればOK。

 

有料なだけに受けられるメリットもたくさんあるので、それほどのデメリットとも言えません。

メリットについては後で詳しく解説します。

 

プリミィの写真アップロード速度は遅い

実際、アプリを使って写真を登録してみましたが、アップロード速度は遅めです。

プリミィはアプリからでないと、写真のアップロードはできません。

 

回線にもよりますが、写真のアップロード速度が遅いように感じました。

ただ、他の画面を見ていてもバックグラウンドでアップロードしてくれます。

気長に待てるのであれば、それほどのデメリットとも言えません。

 

プリミィは一度に50枚までしか写真を登録できない

プリミィは、1つのアルバムに写真を50枚まで登録することができます。

ただ、スマホの写真って50枚でおさまらないですよね。

普通は最低でも100枚近くの写真があると思います。

まして、子供の写真となればさらに増えるはずです。

 

そんなときに、プリミィは1つのアルバムに写真50枚までとなっています。

大量の写真を取り扱うのには、不向きであると言えます。

 

毎回プリミィのアプリでアルバムを作る必要がある

僕が使ってみて感じた1番のデメリットは、写真をプリントしたりフォトブックを作るのに必ずアルバムを作らないといけないことです。

 

アルバムを登録して、そのアルバムから写真プリントやフォトブック作成画面に入れます。

つまり、アルバムを作らないとプリントやフォトブック作成ができません

 

カメオタくん
でも、アルバムを登録すれば自動で写真をプリミィに預けることはできます。

 

アルバムを作ったら、自動的にクラウド上に写真を預けることができます。

バックアップも兼ねてと思えば、まだ気は楽ですね。

 

プリミィを利用された方のSNSの口コミ

プリミィを利用された方の口コミをSNSから引用しました。

改ざんできず信ぴょう性が高いTwitterの口コミをいくつかご紹介します。

 

 

プリミィのサービスを詳しく見てみる >

 



プリミィ(primii)を使って感じたメリット

プリミィを使ってみていいなと感じたのは、手軽さです。

登録はもちろん、アプリの使い勝手もよく、誰でも簡単に使うことができます。

  1. スマホの写真を気軽に印刷できる
  2. アプリだから使いやすい
  3. 毎月無料でフォトブックがもらえる

 

プリミィならスマホの写真を気軽に印刷できる

スマホにある写真を現像したり、フォトブックにするのは面倒です。

毎回いろいろと個人情報を登録したり、使い方がわからないということはありません。

 

現像やフォトブック作成も画面がわかりやすく、迷うことなく進められます。

スマホに眠っている写真を1番かんたんに活用できると言っても過言ではありません。

 

プリミィはスマホアプリだから誰でも使いやすい

プリミィは全ての操作を専用のアプリだけで完結できます。

そのため、複雑な設定や入力は一切不要です。

画面自体もわかりやすく作られているので、スマホの操作にうとい方でも問題ありません。

 

カメオタくん
すぐにおちたりフリーズすることもなく、アプリの動作も快適でした。

 

翌月にもらえる無料のフォトブックでもとは取れる

登録した翌月からは、毎月フォトブックが無料で作れます。

普通にフォトブックを作ると、安くても2000円近くはかかるので、無料は正直すごいです。

しかも、毎月必ず1冊は無料なので作らないと損ですよね。

フォトブックの詳細
  • ページ数は24ページ
  • A5かA6サイズから選べる
  • 表紙も選べる

 

カメオタくん
24枚選べて無料はお得!

 

埋もれたスマホ写真を復活させる

 

プリミィ(primii)の使い方 登録〜フォトブックまで

プリミィの使い方を実際の画面で説明します。

使い方の流れは、下記の通りで3分もかからずに登録ができます。

  1. スマホアプリを入手する
  2. メールアドレスを入力する
  3. 認証コードを入力
  4. 登録完了

 

プリミィのアプリをインストールする

まず、公式サイトからプリミィのスマホアプリをインストールします。

パソコンの場合は、キャリアを選ぶとメールが送られてきます。

そのままインストールしてください。

 

プリミィに会員登録する

プリミィの会員登録画面

会員登録

プリミィの認証コード

認証メール

 

認証コードが届いたら、会員登録画面に戻ってコードを入力します。

プリミィの会員登録

コードを入力

プリミィの会員登録の規約

支払いはこれだけ

 

プリミィは、個人情報などを入力する必要はありません。

スマホのキャリア決済なので、ボタン1つで支払いもできるため登録と支払いは一瞬で終わります。

 

カメオタくん
個人情報を入れなくていいのは親切ですね。

 

はじめに言いましたが、アプリストアから直接ダウンロードすると、月額400円になるので、注意してください。

上の画像は、アプリストアからダウンロードした僕の失敗例です。

必ず公式サイトから申し込むようにしてください。

 

プリミィのアプリでアルバムを作って写真プリントorフォトブック作成

会員登録が終わると、アプリが使えるようになります。

実際にアルバムを作って、写真プリントとフォトブックを作るやり方をも詳しく解説します。

 

プリミィアプリのアルバムの作り方

プリミィで新規アルバムを作る

アルバムを作る

アルバム名を決める

アルバム名を決める

アルバムに追加する写真を選ぶ

追加する写真を選ぶ

 

アプリから『アルバムをつくる』を選択して、アルバム名を決めます。

追加する写真を選んだら、『追加』を押します。

 

アルバムの説明を入力する

説明入力(任意)

アルバムに写真を追加する

写真をアップロード

 

必要であれば、アルバムの説明を入力して追加します。

すると、プリミィのサーバーにアルバム用の写真がアップロードされます。

 

アルバムに写真を追加し終わる

写真を追加

アルバム作成後

アルバム完成

 

アップロードが終われば、アルバムの作成は終了です。

ホーム画面に戻って作成したアルバムが表示されているか確認しておきます。

>>特徴へ戻る

 

プリミィアプリの写真プリントの依頼方法

プリミィの写真プリントの依頼方法

写真プリントを選ぶ

プリミィの写真プリント

ブラウザが立ち上がる

プリミィの写真プリントの注文方法

写真のサイズを選ぶ

 

まずは、アプリを立ち上げて画面下にある『写真プリント』を選択します。

すると、別でブラウザが立ち上がって、注文画面になります。

注文画面で、写真のサイズと仕上がり方法を選びます。

 

プリミィのアルバムから写真を追加する

アルバムから写真を追加

アルバムから写真プリントする写真を選ぶ

写真を選ぶ

プリミィで写真プリントできる写真とできない写真写真サイズの注意点

 

アルバムからプリントしたい写真を選びます。

別のアルバムから写真を追加で選択することもできます。

写真によって画面ぴったりに表示できないものがあります。

写真を見て、記号が△とかの場合は画面端が切れることがあるので注意してください。

 

プリミィの写真プリントのオプション設定

オプション設定画面

プリミィ写真プリントの配送先設定

配送先の入力

 

Exif情報で日付が入っている写真は、プリント時に日付を出力することができます。

色補正はプリミィが自動で明るさを調整してから、プリントしてくれる機能です。

自分で補正や編集をしている場合は、色がおかしくなるのでなしにしておきます。

全て入力が終われば、配送先の情報を入力して終了です。

>>特徴へ戻る

 

プリミィアプリのフォトブックの作り方

フォトブックを注文する

フォトブック注文

フォトブックのサイズを選ぶ

サイズを選ぶ

 

 

写真プリントと同様にアプリの画面下の『フォトブック』から進みます。

はじめに、作成するフォトブックのサイズを2種類から選択します。

どちらのサイズを選んでも、ページ数は24ページとなっています。

 

フォトブックの表紙を選ぶ①

表紙①

プリミィのフォトブックの表紙を選ぶ②

表紙②

プリミィのフォトブックの表紙を選ぶ③

表紙③

 

次に、フォトブックの表紙を選びます。

好きな写真にすることもできますし、テンプレートから選択することもできます。

 

フォトブックに追加する写真を選ぶ

写真を選ぶ

フォトブックの写真の選び方

写真の選び方

 

フォトブックに追加したい写真をアルバムから選びます。

事前にアルバムを作っておかないと、追加できないので先にアルバムを作っておきましょう。

 

写真サイズが小さくなる写真

サイズによる注意点

フォトブックに追加する写真サイズ

写真サイズ

写真サイズが小さい時の注意点

サイズによる警告

 

フォトブックに追加する時、写真によってぴったり表示されない写真があります。

端が切れたり、空白が入ってしまう写真があるので、選ぶ時は記号を参考にしてください。

 

フォトブックのページを編集

ページの編集ができる

フォトブックの表紙を選ぶ

表紙を決める

プリミィでフォトブックの配送先を入力する

配送先を入力する

 

フォトブックに入れる写真の並び順を入れ替えることができます。

ページを編集したら、表紙のレイアウトを決めます。

最後に、配送先を入力すれば注文完了となります。

>>特徴へ戻る

 

プリミィ(Primii)に月額300円払う価値はあるか?

プリミィは月額300円かかるサービスですが、有料でも試す価値は十分にあります。

1番の魅力は、フォトブックがかんたんかつお金をかけず作れるところです。

 

フォトブックは普通なら、最低でも2000円近くかかってしまいます。

しかも、1回作るだけではお気に入りの写真を全て入れることはできません。

 

カメオタくん
毎月24枚の写真を無料でフォトブックにできるところがいい。

 

プリミィは毎月写真が増えても、月ごとにアルバムを作って整理することができます。

毎月の子供の成長をきれいな形で面倒な手間なく残せるところは魅力です。

 

アプリで簡単に写真プリント

 

プリミィ(Primii)を解約するときの注意点

プリミィは月額課金サービスですが、かんたんに解約することができます。

解約はアプリ内からすぐにできます。

ただ、解約前に知っておいた方がいい情報もあるため、まとめておきます。

 

プリミィに保存していた写真が消えてしまう

いったん解約してしまうと、プリミィに預けておいた写真は全て削除されてしまいます。

機種変更の場合は『引き継ぎコードの発行』をすれば、データを引き継ぐことができます

2週間以内なら、このコードを使うことで、以前の状態を復元することができます。

 

月単位で日割り計算ができない

プリミィの日数の数え方は、月のはじまりから終わりまでのみです。

つまり、日割り計算に対応していません。

 

そのため、月の半ばで解約すると残りの半月分が無駄になってしまいます。

解約する場合は、月の終わりまで使い切ってからする方がお得です。

 

プリミィ(Primii)の口コミ・評判【まとめ】

プリミィは、スマホの写真を活用するのには便利なサービスです。

写真プリントやフォトブックだけのサービスはたくさんあります。

しかし、どちらにも対応していて月額300円で使えるものはありません

 

2ヶ月も使えば、すぐにもとが取れるのでぜひ試してみてください。

毎月のフォトブックが増えていくのは楽しいですよ。

 

 



関連コンテンツ一覧



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

プリミィの口コミ・評判や使い方を解説

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。