撮る角度で変化を!順光と逆光での写り方の違いを実例付きで解説!





写真を撮る時に光をうまく使うと、おしゃれでワンランク上の写真が撮れるようになります。

こんにちわ、一眼レフ初心者のリョウヘイです。

光をうまく使うと言うと、難しく聞こえてしまいますし、実際に光を応用した写真はレベルが高いですが、順光と逆光の違いをうまく使うだけなら、そこまで難しくなく、結構簡単に応用できます。

順光と逆光に焦点を当てて、ワンランク上の写真へステップアップしていきましょう。

スポンサーリンク

順光と逆光とは?

順光と逆光とは、具体的に何が違うのでしょうか?

太陽の光の当たり方が違うのですが、
わかりにくいので参考に図にしてみました。

順光と逆光の違い

順光とは、太陽を自分の後ろ側に持ってきた時の光の当たり方のことで、一般的によく使われる光の使い方です。

どんなカメラでも程よい光の当たり方になり、写り方もくっきりとした感じで見た目よりも色が落ち着いて写ることが特徴です。

逆光とは、太陽を自分の前に持ってきた時の光の当たり方を言います。普通に写真を撮る時には、避けられやすいシチュエーションですね。

太陽の光が直接当たるので、使い方を間違えると、フレアが発生してしまい、真っ白な写真になったりしてしまいます。

逆光でフレアが出てしまった写真

これは、逆光で撮影してフレアが出てしまった失敗写真です。背景が真っ白になってしまっていますね…
撮る時の角度を間違えてしまうと、こうなるので注意が必要です。

【一眼レフで撮った写真で比較】順光と逆光の写り方の違い

実際に順光で撮った時と逆光で撮った時の写り方の違いを見てみましょう。

同じ写真を光の当て方を変えて2パターン撮影しました。

実際に撮り比べてみた結果がこちら。

左側が順光で撮った写真で、右側が逆光で撮った写真です。

逆光と順光の写り方の違い

順光で撮った場合は、だいたい自分の目で見たままの色味で撮れています。

写り方はそのままでもきれいに写ってはいますが、何か普通で特に感動するというわけではありませんね。

では、逆光で撮った場合はどうでしょうか?

逆光で撮ると、順光では出せなかった色味が出せて、さらに葉っぱ1枚1枚の細かな輪郭まで描写することができ、見た目のイメージが全く変わってきます。

見た目以上に鮮やかに写すことができるのも、逆光の特性を活かしたテクニックであると言えます。

一眼レフ撮影における順光と逆光のメリット

順光と逆光をどう使い分けるかということですが、個人的には、逆光の方がおすすめですが、それぞれのメリットを簡単にまとめてみました。

★順光のメリット

  • 見た目の色合いを出しやすい
  • 撮影が簡単
  • 失敗が少ない
  • 無難な写真が撮れる

★逆光のメリット

  • 柔らかい雰囲気で撮れる
  • 見た目以上に明るく写る
  • 背景のぼかしが活きる
  • スマホでは撮れない写真が撮れる

それぞれにメリットはありますが、簡単に上手な写真を撮るには、逆光の方が手っ取り早いということがわかっていただけると思います。

一眼レフの順光と逆光の違い【まとめ】

順光と逆光では、撮影する写真の写り方が全く違って見えてきます。

人物やオブジェなどのポートレート撮影では逆光で撮影することによって、より柔らかい優しい雰囲気で撮影することが可能となります。

特に女性や子供など肌の白いモデルを撮影する時は、特に逆光が向いています。

同じ写真を撮るのでも、光の当て方1つで全く違う写真になるので、ぜひ一度応用してみて下さい。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>一眼レフを最短で使いこなす講座の詳細へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。