一眼レフで失敗しない集合写真の撮り方|レンズと設定方法

一眼レフで撮る集合写真の設定やレンズ





他の写真と違って、集合写真は失敗が許されない大事なシーンです。

その大事なシーンの撮影をあなたに任せるというのはカメラマンからすればかなり嬉しいことですよね。

失敗したくないけど、何を気にすれば良いのかわからないという昔の私のような方のために、一眼レフで集合写真を撮る時のコツやテクニックをまとめました。

最後まで読み終わる頃には、きっと集合写真の撮影方法や設定はマスターできていると思いますので、順に読み進めていってくださいね。

スポンサーリンク

集合写真の撮影で抑えておきたい2つのコツ

集合写真の撮影で押さえておきたいコツ

集合写真の撮影で押さえておきたいコツ

集合写真はポートレート写真やテーブルフォトなどとは違って、モデルとなる被写体の人数がかなり多くなります。

ここに書いた内容は1つでもできていないと失敗作になってしまいます。全てをクリアできるようにこの後順を追って解説していきますね。

 

  1. 全員が写っている
  2. 手ぶれなく全員にピントが合っている

 

当たり前ですが、写る人全員が写真の枠内に入っていないと始まらないですよね。

そして、全員にピントが合っていて、ぶれている人がいないことも大切なポイントです。

カメラの具体的な設定内容についてはあとで詳しく解説しますが、撮影前に必要なことだけざっくりお話しておきたいと思います。

全員が画面全体に入るような並び方で構図を考える

当たり前ですが、全員がフレーム内に入るような構図にします。

端っこが切れてしまっているとかは論外です。あれ、私写ってないでーとか言われますからね。

だいたい集合写真を撮り終わってからみんなにラインなんかで送ったりすると思いますが、その時に入ってないとか言われてももう遅いです。

 

フレームの中心をしっかりと確認し、画面全体の中心がとれているかどうかを確認します。

右寄りとか左寄りになってしまうと、バランスが悪く見た目も悪いです。

 

理想的な並び方

横一列で並んだ場合、10人くらいを目安に並んでもらいましょう。100人を超える人数の場合は、 1列20人〜30人で4列くらいでおさめるようにします。

5列以上で並んでしまうと、背景が全く入らずどこで撮ったものなのかがわからなくなってしまいます。

 

他人に撮ってもらうとき、この水平を保てていないことに気づかず、斜めになっていたりすることがよくあります。

誰かに撮影を頼む場合は、特に三脚にカメラをセットしてからシャッターボタンを押すだけの状態にしてから任せると失敗が無くなります。

左右の空間が同じくらいに空いているようにフレーミングしましょう。

掛け声をかけてポーズをとってもらう

実はこれが一番重要ではないかと思いますが、写す人とコミュニケーションをとることは大切です。

気心の知れた友人などと撮る場合は問題ありませんが、あまり知らない人の場合は、写真を撮る時に緊張してしまい、いい顔で撮れないことが多くあります。

できるだけ写す人と話すことで、緊張感を解いてあげることができます。

また、撮影時に動かれるとぶれの原因にもなるので、事前に声かけをしておくと失敗写真となる確率も減らせます。 

 

  1. 行きますよー、ハイポーズ
  2. ハイチーズ
  3. ここを見て笑ってくださいねー、撮りまーす

 

私がよくやる掛け声です。

3の掛け声をかけながら、何か雑談しながらシャッターを切ることもあります。

あまり構えないように自然体を引き出すためには、掛け声は長い方が自然な表情になりやすいです。

全ての条件をクリアするために必要な機材等を紹介しておきます。別に全てなくても大丈夫ですが、あれば良いくらいのレベルです。

 

必要なものリスト

  • 標準レンズ
  • 三脚
  • レリーズリモコン

 

標準レンズは、28mm〜50mmくらいのものを用意しておきます。後述しますが、広角レンズは集合写真には向きません。

三脚は安いものでもオッケーです。

被写体ぶれはもちろんですが、撮影する手が震えて手ぶれ写真になってしまったら、意味ないですよね。

手ぶれを防ぐためにカメラを固定しておくだけと考えておきましょう。

 

レリーズリモコンはなくても良いですが、自分も集合写真に一緒に写る場合は必須アイテムです。

レリーズリモコンとは

Bluetoothや赤外線等の電波で離れた場所からシャッターを押すことができるアイテム。

みんなに声かけをしながら、絶妙なタイミングでシャッターを切ることができるからです。

セルフタイマーでも代用できますが、今押したい!という時にタイミングが合わずに貴重なシャッターチャンスを逃してしまう恐れがあります。

集合写真は単焦点レンズよりズームレンズがおすすめ

集合写真はズームレンズが便利

集合写真はズームレンズが便利

さっき必要なものに標準レンズと書きましたが、できれば単焦点レンズではなく、ズームレンズを使うとより撮影が楽になります。

レンズの違い

単焦点レンズは、焦点距離が固定しているものでレンズにEF○○mmとか書いてます。ズームレンズはEF○○-○○mmというやつで、ズームがきくレンズのことを言います。

単焦点レンズでも撮影はできるんですが、集合写真を撮る場所の広さやみんなが並んだ時の広さなどが合わないと構図決めにかなり時間がかかってしまいます。

 

集合写真は多くの人を待たせることになるので、だらだらとしていられません。

構図やフレーミングを素早く決めるためにもズームレンズを使うとカメラ自体の設定の時間も長めに撮れるのでおすすめです。

広角レンズは画角によっては歪みが出る

ズームレンズでも、高倍率ズームレンズのように18-300mmとかで広角側の18mmで撮ると、画面の端に歪みが出ることがあります。

これは広角レンズ特有の特徴で、ダイナミック感を出すために広角レンズは画面の端をまっすぐに写すことは難しいんです。

広角レンズの広角端で撮影した時の歪みの写真

広角レンズは端が歪んでしまう

これはとあるプールを16mmの焦点距離で撮影した写真です。

画面中央部が遠くに写って、画面手前になればなるほど広く写っていますね。

これが広角レンズ特有のパースを強調した写り方なんです。

これを集合写真に使うと、画面端がまっすぐ写らなくなって場合によっては画面端の人がふにゃっと歪んでしまうことになるわけです。

集合写真に向いているのは焦点距離24mm以内の広角レンズ

集合写真に向いているレンズをCanonとソニーで選んでみました。

集合写真は広い範囲を写す必要があるため、標準レンズでは画面に人が入りきらないことがあるので広角レンズがおすすめです。

プロが使うスペックになると、高くて手が出ないので、できるだけ安いレンズをセレクトしています。

【Canon】17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [キヤノン用]

シグマ標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

17mmから50mmと広角から標準域をカバーするズームレンズ。

集合写真のときは、24mmから35mmくらいを使いましょう。F2.8通しで3万円を切るコスパの良さが最強のレンズです。

多少暗い会場でもシャッタースピードを上げやすいのでおすすめです。

【ソニー】Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

ソニーEマウント標準ズームレンズ Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

24mm〜70mmまでと使いやすい画角をF4通しで撮れる万能標準ズームレンズ。

ツァイスレンズなので、解像度もまずまずですし、手ぶれ補正機能もついています。

集合写真はもちろん、パーティーやイベントのスナップ撮影でもそのまま使えるので、荷物を減らしたい時にはおすすめです。

 

友人とのツーショット写真はもちろん、グループでの集合写真にも使えて、1本で広角、標準を幅広くカバーしてくれる便利レンズですね。

1本持っておけば、風景やスナップまでいろいろ撮れるのですぐにもとは取れますよ。

集合写真のF値とシャッタースピードの設定目安

集合写真におすすめのカメラのF値とシャッタースピードの設定

集合写真におすすめのカメラのF値とシャッタースピードの設定

では、具体的な集合写真でおすすめのカメラの設定についてです。

今まで挙げてきたポイントを全てひっくるめたカメラの設定値はこんな感じがおすすめです。

カメラの設定値の例

  • 撮影モード:絞り優先モード(A、AV)
  • F値(絞り):F8
  • ISO感度:屋外は100〜800、室内は1000〜2500
  • 露出:明るさによって調整。背景の色が飛ばない程度に
  • AF:ワンショットで中央に合わせる
  • ホワイトバランス:オートか日陰

※三脚を使うときは手ぶれ補正はOFFに

絞りを絞って全体にピントを合わせる

絞り(F値)の数値を上げる(=絞ると言います)ことによって、全体にピントを合わせられ、意図的に背景をぼかさないようにすることができます。

 

参考までに実際に集合写真でF値を変えるとどんな写り方になるのかサンプル写真で見てみましょう。

集合写真のサンプルをF値を変えて、撮り比べてみました。

F1.8、F2.8、F5.6、F8、F16、F20で撮影しました。

 

※クリックで拡大します。

ここで見ていただきたいのは、開放F1.8やF2.8あたりで撮影した写真です。後列端っこがぼけてしまっていますよね。

こうなってしまうと、せっかくの集合写真も台無しです(笑)

F8くらいから全体にピントが合ってきていることがわかります。

 

この状態をカメラ用語で『パンフォーカス』と言います。

逆にF16とF20の写真では、写り方に違いがありません。F値をむやみに上げすぎると、解像度が落ちてしまうという現象が起きてしまいます。

この状態を『回折現象(かいきげんしょう)』と呼びます。回折現象については、また別記事で解説したいと思います。

シャッタースピードは手ぶれしない範囲に

絞り優先モードで撮影すると、シャッタースピードは自動で決められるのでそれほど問題はありません。

マニュアルモードなどで手動撮影する場合は、シャッタースピードを自分で決める必要があります。

手ぶれしないシャッタースピードは、今あなたが使っているレンズの焦点距離と同じと言われています。

つまり、50mmのレンズを使っているのであれば、シャッタースピード1/50秒あれば手ぶれはしないということになります。

シャッタースピードが1/50を超えない場合は、絞りを開いたり、ISO感度を上げることでシャッタースピードを速くすることができます。

より詳しく設定を理解するなら、独学で勉強するのもありです。僕の勉強方法をまとめていますのでご参考にどうぞ。

>>カメラの勉強方法とおすすめの教材

屋外と室内の設定の違い

天気や明るさによってカメラの設定も変わる

天気や明るさによってカメラの設定も変わる

集合写真だけに限った話ではありませんが、露出(明るさ)には注意しておく必要があります。

特に集合写真では、中央にいる人と端っこにいる人では光りの当たり方が変わってきます。

中央は光が当たりやすいですが、端っこの人には光が届いていないことが稀にあるので、そういった場合は露出補正を使って、明るさを調整します。

屋外での設定

日中に屋外で撮影する時は光の当たり方が変わってくるので、この露出で調整する必要があります。

明るさの目安

天気がいい時の屋外は露出をマイナス補正に、曇り空の屋外は露出をプラス補正にしましょう。

晴れた日に露出を上げすぎると、背景が白くなってしまい(白飛び)補正が効かなくなってしまうのでモニターを見ながら調整するようにしてください。

室内での設定(ストロボがあるときれいに写せる)

逆に室内ではプラス補正で明るめに撮影すると、暗い写りを防ぐことができます。

どうしても明るさが足りなくてシャッタースピードが稼げない場合は、外部ストロボ(フラッシュ)を使うと明るく写すことができます。

 

ただ、カメラに内蔵されているストロボは光量が少なく、真ん中だけに光が当たって不自然な写りになるため、あまりおすすめはできません。

内蔵フラッシュで撮影した失敗例については、『一眼レフで室内撮影する時の設定|暗い場所での手ぶれを防ぐ』で写真つきで解説しています。

初心者にも手が出やすいおすすめストロボを紹介しておきます。

【Canon用】スピードライト 430EX III-RT

キヤノンスピードライト 430EX III-RT

Canonの入門用の外部ストロボが430EX Ⅲ-RT。

ガイドナンバー43で光量はかなりあるので、初心者だけでなくプロでも使えるほどのスペックなのに3万円を切る値段で買うことができます。

ワイヤレス発光やバウンス撮影、ハイスピードシンクロなど機能は十分で、1つあればどんなシーンにでも対応が可能です。

 

【ソニー用】HVL-F32M

ソニー用外部ストロボ HVL-F32M

私も使っているストロボですが、ガイドナンバー32で少し光量が足りないかなと思いがちですが、使ってみると全然足ります。

かなり明るく写せるので、体育館やホールのような場所でない限りは問題ありません。

重さも235gとそれほど重くないので、α7 Ⅱにつけて使っていますが、重く不便なことは今のところないです。

値段も25000円程度と安く、一度買えば逆光で顔が暗くなってしまうときなんかにも使えるので買っておいて損はないストロボです。

 

 

外部ストロボは直接光を当てるよりも、天井などに向けて撮影する『バウンス撮影』の方が柔らかい光が当たっていい感じの明るさにできます。

また、夜の室内ではISO感度も高めに設定しておくことで、被写体のぶれを防ぐことができます。

結婚式やパーティーなどのイベント写真はプロに任せるのも手

結婚式のフラワーシャワーでの集合写真

結婚式やパーティーの写真はプロに任せるのもアリ

結婚式やパーティーでの集合写真は、招待されているあなた自身も写真に入る必要があります。

また、最近の結婚式場はカメラの持ち込みが規制されていて、持ち込みが禁止となっている場所も多くなってきています。

せっかく呼ばれて行ってるのに、自分だけカメラマンに徹して写真に写っていないのは切ないですよね。

 

三脚とレリーズを使って撮影できないこともないですが、特に結婚式や大きなイベントでの集合写真はプロに任せるのがおすすめです。

fotowaの出張撮影サービスなら、所属するカメラマンの中から好きな人を選び、日時を指定して予約すれば出張撮影に来てくれます。

 

出張撮影の料金

  • 平日19800円・休日23800円で対応
  • 指名料や出張料金も含まれます

 

60分間の撮影と75枚以上の写真データも含まれるので、パーティーで盛り上がる時などから撮影に入ってもらうこともできます。

都道府県から所属するカメラマンを選ぶことができるため、カメラマン選びに時間もかからず便利です。

大人数での集合写真撮影なら損はしないので、ぜひお試しください。

集合写真の撮影枚数は5枚を目安に

集合写真で撮る枚数は何枚がベスト?

集合写真で撮る枚数は何枚がベスト?

三脚をばっちり用意して、カメラを固定して撮影したとしても、モデルとなる被写体が動いてしまってはせっかくの集合写真もぶれてしまいます。

被写体ぶれは撮影するあなたの責任ではないのですが、出来上がった写真を見たら、へこみますよね。

そんなことを防ぐためにも、集合写真の撮影では同じ条件で最低でも5枚は撮っておきましょう

 

何枚か撮る間に声かけしたりして、できるだけ違った感じで撮影すると、笑顔の写真や和んだ感じの写真が撮れます。

2枚くらいだとモデルとなる人たちも緊張した状態が抜けきれません。

3枚目くらいから徐々に落ち着いてきていいポーズをとってくれるようになります。

フレームに入れる人数が多いので、誰かが動いてしまっていることはよくあることなんです。できるだけ枚数を撮っておけば、そのようなことも防ぐことができます。

まとめ

集合写真はモデルひとりだけを撮るわけではありません。

たくさんの人を撮ることをまずは意識しておきましょう。しかも、失敗したら撮り直しするのがなかなか難しいシチュエーションです。

いざ撮り終わって、パソコンで写真を確認してうまく撮れていなかったら、撮り直しもききません。

 

集合写真を撮り終わったら、まずはぶれていないか・全員が入っているか・構図がまっすぐであるかの3つだけは確認しておくと失敗してもその場で撮り直せます。

その瞬間をうまく残すことができるように、設定内容から保険となる写真の撮影までできる限りのことはやっておくようにしましょう。

その分、うまく撮れた時の感動も大きいです。

時間をかけて準備して、大切な瞬間をうまく切り取りましょう。

一眼レフなのにうまく撮れない 一眼レフは専門用語が多くてわからない 一眼レフが上達できない 一眼レフ下手だった僕が上達できた理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

一眼レフで撮る集合写真の設定やレンズ

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。