露出とは?一眼レフで露出を変えて一風変わった写真を撮る





一眼レフで写真を撮るとき、『露出』という言葉があります。撮像素子に光を当てることの意味で、簡単に言うなら、写真の明るさにあたるものです。

露出を調整することで、明るいところで撮った写真を暗くしたり、逆に暗い写真を明るくしたりすることができます。

コンデジやスマホで写真を撮っていて、暗いなぁと感じたことはありませんか?

あの違和感がまさに露出です。一眼レフではその暗さを明るくしたり調整をすることができます。

光の当てる量を変えるというイメージです。

スポンサーリンク

一眼レフの適正露出を理解する

一眼レフの多くは、オートモード、プログラムAE、絞り優先、シャッター速度優先モードでカメラ側で露出を自動で設定してくれます。

カメラの自動露出は、絞りやシャッター速度などをいろいろ計算して最終的に適正な露出を設定します。

ただ、カメラが設定する数値が必ずしも自分の撮影イメージに合うかというとまた話は変わってきます。

子供を逆光でふんわりしたイメージで撮りたい時は、適正露出以上に露出を上げて撮ったり、日陰部分の被写体をあえて暗く写したい時などは適正露出をはずすこともあります。

あくまで自動露出なので、状況によって適正露出は変わってくるため、ダイヤルで明るさを変えながら撮っていくと違いもわかっていいと思います。

露出の違いによる写り方の違い

露出を変えることによって写真の写り方がとれぐらい変わってくるのかを実際に写真を撮って比べてみました。

わかりやすいようにあえて極端に暗い、明るい、普通と差を出して撮影してみました。

露出値を大幅に下げて撮影。光が足りず露出アンダーと呼ばれる状態になっています。明らかに暗いですね。

自然な色が出ており、明るすぎず暗すぎない適正露出と言えます。

露出オーバーとなっている状態。背景の色合いと服の色など不自然な色合いとなっています。

露出を下げて撮ると暗く写ります。暗い状態のことを『露出アンダー』と呼びます。た暗く調整することをマイナス補正と言います。

次に明るくなりすぎることを『露出オーバー』と呼びます。暗い写真を明るく補正することをプラス補正と呼びます。

一眼レフの露出補正について知る

露出は一眼レフの機種にもよりますが、カメラ上部のダイヤルで変えることができます。

最近流行のEVFファインダー以外では、露出を変えても写真を撮るまで確認はできないので、露出の数値を変えて、数枚撮ってみて合わなければ撮り直すということになります。

オートブラケット撮影といって、3種類ほどの露出値で同じ写真を明るさ違いで3枚撮れる機能もあります。+0.3,+0.7,+1.0とか自動で露出値を変えて撮影してくれるので明るさがイメージできない時などは最適です。

オートブラケット撮影機能は、一眼レフ本体によってついていない機種もあるので、ない場合は自分で露出を変えて撮りましょう。

露出を大げさに変えるハイキーとローキー

露出値を極端に変えるテクニック?あります。通常のカメラの適正露出で撮ると、ごく普通のきれいな写真というだけなのが、露出値のマジックによって一風変わった写真にすることができます。

ハイキーとは?

ハイキーとは、high keyのことであえて露出オーバーの状態にしてふんわり優しいイメージの仕上がりにするテクニックです。

通常の露出補正幅は+1.0~+2.0くらいが目安です。

単なる露出オーバーの写真ではなく、意図的に露出オーバーにさせた写真というところがミソです。

子供や女性、花などを撮るときにこのテクニックはよく使われます。

ハイキーの注意点

露出を上げすぎることで、背景が白くなってしまうことを白とびと言い、露出の上げすぎを意味します。

被写体を中心に持ってきて考えますが、背景等も写真には大事な要素となるため、一歩間違うと露出オーバーとなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

ローキーとは?

ローキーとは逆でlow key のことで、あえて露出アンダーにして撮影することで、重厚感やシャープさを与える撮影テクニックです。

コントラストや影を強く出すことでどっしりしたイメージを出すことができます。露出補正は-1.0~-2.0くらいが目安です。

男性や機械、オブジェや風景画などにも影の演出ができるのでいろいろなシーンに応用が可能です。

ハイキーとローキーで撮影するには、露出についての知識が必要になり、少し慣れも必要です。どちらにおいても、まずは適正露出を頭に入れてから、応用していくようにしていくといいと思います。意図しない写真になってしまいかねませんので。。

今回は一眼レフで写真の明るさを変えるメリットについて話してきました。写真の明るさを変えるだけで写真の雰囲気が大きく変わってくるので、初心者にもおすすめなテクニックの一つです。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>一眼レフを最短で使いこなす講座の詳細へ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。