写真でよく見るJPEGやRAWって?知っておきたい画像ファイルの形式いろいろ





デジカメで写真を撮って、パソコンに入れるとよく見る『JPEG』。ジェイペグと呼ばれ、他に.jpgとか略したりもします。

一眼レフで撮影形式を選んでみると、RAW(ロウ)というものも出てきます。

これらは画像のファイル形式の拡張子です。画像の後ろに必ずつく目印のようなものと考えてください。ファイル名が『夕日.jpg』だと、夕日という名前の圧縮された画像ファイルですという解釈になります。

簡単なことで写真のデータは8割以上がこのJPEGで統一されており、今ではかなり有名な拡張子になっています。


スポンサーリンク



画像ファイルの代表的な拡張子の種類

画像ファイルだけではなく、パソコンで扱う全てのファイルには形式があり、拡張子というものがつきます。ワードファイルであれば、.doc、エクセルファイルであれば、.xlsというような感じです。静止画像ファイルとしては代表的な拡張子は下記の通りです。

JPEG(ジェイペグ)

初心者~上級者を問わず、カメラを使う人であれば必ず使うファイル形式です。

写真データを中心とした色数の多い画像を保存する形式で、写真の後ろには8割以上これがつきます。あらかじめ色の情報を小さく圧縮しており、もともとある色の数が少ない状態で保存されます。

フルカラーで1670万色を表現でき、圧縮されたファイルになります。圧縮率を変えて保存することができ、圧縮率を上げればファイルの容量は小さくすることができますが、色の情報が減るため、保存すればするほど画質は荒くなり、画像は劣化してしまいます。

そして保存する時に、一部のデータを切り捨ててしまい、その捨ててしまったデータは元に戻すことはできなくなります。

簡単にきれいな画像を保存できる反面、撮った写真の明るさや色合いを編集して保存するたびに、画質が悪くなるというデメリットがあります

写真サイトでよく書かれているJPEG撮って出しというのは、JPEGで撮って編集とか一切してないよっていう意味です。

TIFF(ティフ)

JPEGよりもファイルの容量が大きく、JPEGと大きく違う点は、圧縮されていないファイル形式で保存することが可能になります。

メリットしては、保存を繰り返ししても画質の劣化がないということです。

ただ使い勝手が悪いファイルで、近年はあまり使用しないようになってきているようです。

RAW(ロウ)

一眼レフ中級者~上級者がよく使うファイル形式で、日本語に直訳すると、『未加工』とか『生の』という意味になります。

つまり、撮影したままの生データということになります。JPEGはこの状態から圧縮して保存されますが、RAWでは圧縮されずに保存されます。

当たり前ですが、圧縮されていないため、ファイルの容量は大きくなります。色の情報が全て入っているので、ホワイトバランス等を撮影後に自由に変更して何度でも保存しても画像の劣化がありません

ホワイトバランスについては、過去記事を参考にしてみてくださいね。

画像の編集用で保存するには最適な保存形式ですが、RAWファイルを開くにはWindowsなどに最初から入っているソフトではなく、専用のソフトが必要になり、いろんな意味で上級者向けになってしまいます。

編集にはRAWと覚えておけばOKです。

画像ファイルの特徴まとめ

一眼レフで扱える画像ファイルの特徴をまとめてみました。

   JPEG(ジェイペグ)  TIFF(ティフ)  RAW(ロウ)
画質  〇  ◎  ◎
表現色数約1670万色約1670万色6870万色
ファイル容量小さい大きい普通
メリットデータの書き込みが早い。高速連射も可能。JPEGよりきれい露出やホワイトバランスをパソコンで後から自由に変えられる
デメリット露出やホワイトバランスは撮影時に合わせないといけない。撮ったもの勝負。露出・ホワイトバランスの調整と連射撮影は難しい連射が難しく、ファイル容量を消費する
扱いやすさどんなソフトでも閲覧・編集が可能とにかくファイルの容量が大きい専用ソフトでなければ閲覧・編集ができない
こんな使い方がおすすめ露出やホワイトバランスを変えながら撮りまくって、後からいいものを選ぶ。JPEGで代用できるようになってきており、最近はあまり使われない。色合いが難しいシーンでとりあえず1枚撮っておいて、後から色合い等を編集する。

TIFFは最近ではもう使われることがなくなりました。ホワイトバランスの調整が後から自由にできるRAWファイルは、カメラに慣れてきたら一度トライしてみるのもありだと思います。なかなかびっくりしますよ。

真っ暗なところで撮った写真でも、露出を上げれば画像の劣化なしで全く別物の写真に変えることができます。

RAW現像についてはまたどこかで解説したいと思います。



関連コンテンツ一覧



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。