レンズフードの役割とは?レンズフードの種類と意味を知って脱初心者になろう!





レンズフードってご存じですか?一眼レフ初心者の方はわからない方も多いかもしれませんが、レンズフードとはレンズの帽子のようなものです。一眼レフのレンズにはだいたいついているこんなやつです。

Canonレンズフード

レンズフードがついていると、お、一眼レフだと思えるだけではなく実はその他にもいろいろとメリットがあります。

スポンサーリンク

レンズフードの役割

不要な光をカットする

レンズフードの一番の役割と言うと、不要な光の映り込みをなくすということです。

レンズフードは主に日中の撮影時にその力を発揮してくれます。フレアやゴーストと呼ばれる現象を防いでくれるのですが、具体的にどれだけ違うのかを見てみましょう。

フレアとゴースト

レンズフード使用時の違い

Photo Credit:日経トレンディネット

日中にレンズフードを付けずに風景を撮影したものですが、画面の赤枠内に変な模様が映りこんでしまっているのがわかります。これゴーストと呼びます。ちなみにおばけではありませんよ(笑)

不要な光の反射が写真に写りこんでしまっています。これではせっかく撮った大事な写真が台無しですよね。

フレアの実例

Photo Credit:日経トレンディネット

こちらはフレアの説明画像を引用させてもらいました。余計な光が入ってしまって写真の色味がおかしくなってしまっていますね。

これも日中の強い太陽光の光が必要以上に写りこんでしまっており、本来の色を変えてしまうものでフレアと呼びます。

このフレアやゴーストを逆に利用して撮影するテクニックもありますが、ちょっと上級者向けの話になるので割愛させていただきます。

フレアやゴーストは逆光で撮影する時に出やすい現象です。逆光下で撮影する時は意識しておくといいいでしょう。

レンズの保護

見たままでレンズフードがついていることで、レンズに直接物があたったりすることを防ぐことができます。

万が一どこかにぶつけてしまってもレンズフードがついていれば、レンズに直接ダメージがいくことはありません。

レンズは下手すると、カメラ本体よりも高額なものもあるので、レンズ保護のためにもレンズフードは必ずつけておくようにしましょう。

交換レンズで最初からセットでついているものもありますが、レンズによっては最初からついていないものもあるので、ついていない場合は別途買っておいてもいいと思います。

1000円ちょいくらいで買えると思うので、もしない場合は買っておくのも手です。

見た目がいい

これも見たままですが、単純にレンズフードをつけていると、見た目が豪華になりかっこいいです。

ミラーレス一眼ではレンズフードがついていないものも多く、ザ・一眼レフという感じにもなるのでつけておくと周りからの印象も変わってきます。

あの人写真うまそうというイメージを持たれることが多く、初心者のうちは戸惑うことも多いと思いますが、やはり見た目は大事ですからね。

自分のモチベーションアップにもつながるので、持っている場合は進んでつけることをおすすめします。

レンズフードの種類

レンズフードと一言で言っても種類があります。有名なのは花形と筒形のレンズフードになります。

レンズフードの種類

Photo Credit:デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座

花形のレンズフードは広角レンズに多く採用されています。筒形のレンズフードは、標準レンズによく使われているタイプです。

レンズによって向いているもの向いていないものがあるので、レンズフードを選ぶ時はできればレンズメーカー純正のものを使うにこしたことはありませんが、基本的には付属でついているレンズフードか推奨されているレンズフードを選ぶといいでしょう。

レンズフードの使い方

レンズフードは常につけたままでいると、撮影しないときはかさばって邪魔になってしまいます。

特にカバンに入れて持ち歩くときなどはそのまま入れるとかさばってしまうので持ち運びもしにくくなってしまいます。

撮影する時は通常のスタイルで使用しましょう。ただ装着する向きには注意してください。反対につけてしまうと逆効果になってしまいます。

撮影時のレンズフードの付け方

撮影しない時はレンズフードを反対向きに付けることでコンパクトになります。

撮影しない時のレンズフードの付け方

Photo Credit:デジカメWatch

撮影する時としない時で向きを反対にすることで、かさばることもなく持ち運びが可能となります。

私は恥ずかしながら、最初のうちはいちいちはずして持ち歩いていて、撮影する時にわざわざレンズフードを付けていました。

レンズフード まとめ

日頃何気なく使っているレンズフードですが、実は結構深い意味があるということがお分かりいただけたのではないかと思います。

恥ずかしながら私は長い間、ただかっこいいからという理由でレンズフードを使ってきていました。

意味をわかって使うのとそうでないのでは撮影する写真のレベルにも差が出てくると思い、今回記事にして紹介してみました。

 

一眼レフはスマホや普通のコンデジと比べて、ボタンやダイヤルも多いので設定や撮り方などが難しいと思われがちです。

確かに慣れるまでは何から触っていいかわからずにつまづいてしまうことも多いです。

しかし、設定や使い方に慣れてしまえば雑誌やプロのカメラマンが撮っていたような写真でも撮ることはできます

設定や撮り方を体系的に学べる教材で勉強するのも1つの手です。

>>買い切りでずっと使える一眼レフ上達講座の詳細はこちらへ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

シェアしてもらえると喜びます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。