一眼レフの撮影モードの種類と初心者におすすめしたいモードの解説

一眼レフの撮影モードダイヤル





一眼レフには撮影モードが結構いろいろとあります。今回は撮影モードの解説をしていきたいと思います。

カメラメーカーによって撮影モードの呼び方は異なりますが、おおよそのモードは同じなので詳しくは割愛させていただきます。撮影モードの切り替えはカメラ上部のダイヤルを回して変更することができます。

スポンサーリンク

【Auto】全自動モード

カメラが全ての設定を自動でしてくれるモードで、シャッターボタンを押すだけの初心者向けの撮影モードです。手軽に一眼レフを体験してみたい方はまずこのモードで撮影することが多いと思います。

全自動モードで撮影しても、一眼レフならではの高画質でそれなりにクオリティの高い写真を撮ることができます。

カメラ自体の性能が良いこともあって、このモードで撮っても十分に満足のいく写真はとれますが、背景をぼかしたりとかいった写真はこのモードでは難しいです。

自動で設定してくれるというメリットがあるという反面で、明るさやぼけ感、色味などの設定がうまく反映されないことが多く、慣れてくるとちょっと物足りなくなってくることがあるかもしれません。

まず一眼レフの画質を体感してみたい方におすすめの撮影モードです。

【P】プログラムAEモード

全自動モードから最初のステップアップにふさわしい撮影モードです。初心者にはとっつきにくい『絞り』と『シャッター速度』をカメラ側で自動で設定してくれます。

ISO感度や色味を調整するホワイトバランスを自分で設定することができ、少し勉強の幅が広がるモードです。全自動モードで少し慣れてきて物足りなくなってきたら、次はこのモードがおすすめです。

このモードであれば、絞りの調整ができるので、背景をぼかした写真をとることも可能です。

『絞り』については過去記事で説明していますので、参考にしてみてください。

一眼レフで背景をぼかした写真の撮り方|カメラの設定も実例ありで解説

2016.06.28

カメラの設定やモードに慣れるまではこのモードでも十分に対応していけるので、当面の間は問題なく使えると思います。絞りとシャッター速度、ISO感度の関係性をいろいろと調べるには最適のモードと言えるかもしれません。

【A,AV】絞り優先モード

文字通り絞りを優先して調整できる撮影モードです。背景をぼかした写真を撮りたい時は主にこのモードを使用します。

絞りの数値を決めると、他の設定値を自動で決めてくれるので、F値優先で写真を撮りたい方には最適なモードです。初心者から上級者まで融通のきく撮影モードなのでカメラ好きには人気のモードではないかと思います。

【S,TV】シャッター速度優先モード

主にシャッター速度を優先して調整できる撮影モードです。動態撮影時に使用するモードです。

ホワイトバランスやISO感度などいろいろと設定も自分でできるので中級者向けの撮影モードではないかと思います。こどもやスポーツでのシーンなど動きのある被写体を撮影する時はこのモードを使用します。

スローシャッターで一風変わった写真を撮りたいときなど少し上級者向けの撮影モードではないかと思います。

シャッター速度については、こちらの過去記事で説明していますので参考にしてみてください。

シャッタースピードを操って動きのある写真を撮影する

2016.07.02

【M】マニュアル露出モード

マニュアルというだけあって、全ての設定を自分で決めることができるモードになります。カメラの設定や仕組みにある程度精通している中級者~上級者向けの撮影モードで、なかなか初心者には敷居の高いモードかと思います。

普通にこのモードで撮影をしようとしても、うまく撮れないことが多いと思います。何か写真が暗くなってしまったり、変に明るすぎたり…

初心者や中級者は花火を撮ったり、月を撮ったりする特殊な時などその他の撮影モードでは対応できない時にこのモードで撮影することをおすすめします。私自身も特定の状況下以外では基本的にはこのモードは使っていません。

撮りたい写真に合わせた撮影モードを選ぶ

一眼レフにはいろいろな撮影モードが用意されており、とにかくいろんな写真が撮れますが、撮影モードの使い方によって全く違った写真を撮ることができます。

こんなシーンではこのモードを使った方がいいということをまとめてみました。

  • 絞り優先モード → 背景をぼかした写真が撮りたいとき
  • シャッター速度優先モード → 動きのある被写体を撮りたいとき
  • プログラムAEモード → 絞りとかよくわからないけど、一眼レフっぽい写真を撮ってみたいとき
  • マニュアル露出モード → 絞り優先やシャッター優先モードでは対応しきれないようなとき

 

一眼レフカメラを買っていろいろな写真を撮ってみたいという気持ちになりますが、まずはステップを踏んで全自動モードからステップアップしていくことをおすすめします。

カメラ上達の近道はとにかく写真を撮ることです。

わからない状態でもいろいろと触ってみてあれ、これは違うなーこうしたらどうかなとかという感じでいろいろと設定を触って調べて上達していくものです。

私もそうでした。最初は何もわからない状態からはじめたので、全自動モードからはじめました。

一眼レフ=背景がぼけた写真というイメージを持っていたので、買ったのになんで背景がぼけなんだと悩んでいました。

そこからいろいろ調べて絞り優先モードの存在を知り、シャッター速度のことを知り、マニュアル撮影モードも使えるようになりました。

とにかく経験です!まずはシャッターを切ることからはじめましょう!

一眼レフなのにうまく撮れない 一眼レフは専門用語が多くてわからない 一眼レフが上達できない 一眼レフ下手だった僕が上達できた理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

一眼レフの撮影モードダイヤル

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ryopeijun

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。
当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。