スマホにたまった写真の保存先はどこがいい?|容量を節約する小技

スマホの写真の保存方法を知って容量不足を解消


最近のスマホのカメラは簡単にきれいな写真が撮れるので、ついつい撮ってしまいますよね。

気がついたら、スマホの容量がいっぱいになっていることもよくあります。

大事にしたい写真は容量がないからといって、消すわけにいきません。

僕のスマホも気がつけば、8000枚を超えてしまっています。

 

そこで、今回はスマホの写真を効率よく保存する方法についてまとめました。

スマホの容量を節約するやり方も合わせて解説しています。

 

この記事は、子供やイベントの写真がたくさんで、スマホの写真整理にお悩みの方向けに書いています。

スマホの写真をきれいに整理しましょう。


スポンサーリンク



大量の写真がスマホの容量不足の原因になる

スマホのカメラで子供の写真を撮るのは簡単だがついつい撮りすぎてデータがたまる

すぐ取り出せて、簡単にきれいに撮れるのがスマホカメラのいいところです。

その分、ついたくさん撮りすぎてしまう人がほとんどではないかと思います。

特に、子供の写真は一眼レフよりもスマホで撮る人の方が多いかもしれません。

 

とっさの表情をサッと撮るには、スマホカメラは最適です。

ただ、手軽に撮れる分、気がついたら枚数が増えて容量を圧迫していることも…

 

スマホで撮った写真の容量

最近のスマホで撮れる写真は、高画質化が進んできています。

iPhone Xでも、写真1枚あたり2800KB(約3MB)くらいの容量になってきてます。

高画素カメラになれば、さらに容量も増えてきます。

 

カメオタくん
5000枚になると、写真だけで15GBを超えちゃいます。

 

スマホの容量が小さいと、あっという間に容量が足りなくなってしまいます。

いろいろ考えると、写真の容量は節約できた方がいいわけです。

 

機種変で前のデータを引き継ぐとさらに容量が減る

スマホの写真データは撮り続けるとたまってしまってデータ容量がパンクしてしまう

スマホを機種変する時、前のスマホに入っていた写真も一緒に移しますよね。

せっかく新しいスマホに変えても、昔の写真を移すと容量が一気に増えてしまいます。

 

カメオタくん
たまに見たいけど、普段は見ない写真が増えてしまう…

 

まさに負のスパイラルです。

そこで、スマホの中にある写真の保存先を変えるのがおすすめです。

 

たまったスマホの写真を保存する6つの方法

スマホにたまった写真を整理して、容量を増やす方法を6つご紹介します。

スマホの写真が8000枚を超えた僕が、普段からやっているバックアップ術です。

たまった写真の悩みを解決することができます。

 

スマホのSDカードに保存する

Android端末限定になりますが、スマホの写真をSDカードに移します。

ただ、この方法はiPhoneだとSDカードが入らないので使えません。

Androidなら、SDカードを挿すことでスマホの外部ストレージとして使えます

 

カメオタくん
今ある写真はもちろん、撮影した写真の保存先をSDにも設定可能。

 

写真の保存先をSDにしておけば、容量がなくなってきても新しいSDカードを買い換えるだけですみます。

 

iCloudなどのクラウドサービスに保存する

iPhoneなどのようにSDカードが入らない場合は、クラウドサービスを利用しましょう。

インターネット上に写真データを保存することができます。

クラウドサービスいろいろ

  1. iCloud(アップル限定)
  2. Dropbox
  3. プライムフォト
  4. グーグルフォト

 

プライムフォトやグーグルフォトなどはスマホアプリでも使えます。

ログインすれば他のスマホやパソコンからでも写真を見ることができます。

iPhoneなら、最初から入っている写真アプリをiCloudで共有すると、他のiPhoneやiPad、Macbookなどでも見ることができます。

 

プライムフォトは有料ですが、写真以外にもたくさんメリットがあるので、すぐにもとを取れておすすめです。

Amazonプライムフォトの特徴や使い方を解説

アマゾンプライムフォトの魅力とメリット|使い方・セキュリティの解説

2018年7月8日

 

パソコン本体に古い写真データを移す

たまった写真データのバックアップはパソコンへデータを転送する方法が一番簡単

 

パソコンにスマホの写真を保存してしまうという方法もあります。

やり方は簡単で、パソコンにスマホを繋いで写真データをパソコンへ転送します。

Macの場合は、写真アプリでiCloudフォトライブラリを設定しておきます。

それで、パソコン上にデータを保存すればOKです。

 

Windowsの場合

  1. スマホのケーブルでパソコンにつなぐ
  2. コンピュータに出てきたスマホを選択
  3. DCIMフォルダを探す
  4. フォルダごとパソコンへコピーする

 

カメオタくん
パソコンならスマホよりも容量が大きいので、データ量がパンクする心配はありません。

 

パソコンへ写真を転送すれば、スマホ内の写真を削除してもまた元に戻せるので安心です。

 

USBのHDDにバックアップをとる

写真の容量が増えてきたら、パソコンとさらに外付けHDDにも保存しておくと安心です。

ノートパソコンの場合は、HDDではなくSSDが増えてきており、容量も少ないためです。

 

SSDとは?

フラッシュメモリと同じ仕組みでできている記憶媒体。

磁気ではなく電気で書き込みするため、処理速度がHDDより圧倒的に早い。

その代わり容量が少なく値段が高い。

 

HDDなら記録容量は1TB以上が普通です。

しかし、SSDはハイスペックのノートでも多くて512GBくらいしかありません。

SSDは普通だと256GBくらいしか容量がないので、たまった写真データを入れていたらすぐにいっぱいになってしまいます。

 

そこで、パソコンにUSBの外付けHDDをつないで、そこへ保存します。

そうすれば、スマホだけでなくパソコンの容量も節約することができて一石二鳥です。

2TBの大容量で1万円を切っているので、1台持っていても損はありません。

 

写真に現像して保管

スマホにたまった写真はL判写真にして印刷すればスマホのデータ容量も節約できる

 

スマホにある写真をプリントして現像する方法もあります。

ただ、枚数が多いとプリント料金もかさみますし、枚数次第なところもあります。

写真にすると、アルバムを買ってきたり整理するのに時間もかかってきます。

 

カメオタくん
いい写りや思い入れの強い写真はプリントもあり。

 

カメラのキタムラだとL版で1枚29円ですが、プリントラッコなら1枚5円で印刷ができます。

さらに、初めての注文なら1枚3円で利用できるのでお得です。

 

フォトブックを作る

スマホの写真をフォトブックにする

最近は、写真をフォトブックとして受け取れるサービスが増えてきています。

値段の相場は2000円〜5000円くらいの間で、文庫本スタイルからA4サイズのアルバムまで幅広い種類があります。

 

ノートタイプやアルバムのようなハードカバータイプまでいろんな種類があります。

写真を整理せずに長期的に保存したい場合はおすすめです。

フォトブックなら、自分で写真をアルバムに入れる作業もいりません。

レイアウトを調整して注文するだけで、アルバムとして出来上がったものが届くので楽ですね。

 



保存・プリント・フォトブックが使えるおすすめサービス

スマホの写真整理が楽になるプリミィ

プリミィを詳しく見てみる

自分でその都度、写真を選んで保存・プリントしたり、フォトブックを申し込めばいいのですが、面倒でお金もかかります。

写真プリントで1枚30円、フォトブックで1回3000円は現実的な金額ではありません。

しかし、プリミィなら全てのことが1ヶ月たった300円だけでできます。

  • 写真プリント 1枚5円
  • フォトブックが毎月1冊無料
  • クラウド上に写真を保存

 

写真プリントも普通の業者より圧倒的に安く、なんとフォトブックが毎月1冊無料でもらえます。

 

 

スマホの写真をバックアップする時の注意点

スマホの写真をバックアップする時に気をつけておきたいことがあります。

バックアップは、あくまで完全なものではありません。

保存先のディスクが壊れたり、サービスに不具合が出ることもあります。

そのため、バックアップは保険をとっておくことが大切です。

 

クラウドサービスだけに頼らない

iCloudなどのクラウドサービスで保存する場合も、万が一に備えておきましょう。

大手の企業がやっているものなので、写真が全部消えることは少ないです。

ただ、何があるかわかりませんよね。

 

カメオタくん
HDDの故障よりはリスク少ないけど、ゼロではない。

 

大事な写真が消えてしまったら、ショックで夜も眠れませんよね。

 

保存先はオンラインとオフラインで2ヶ所作っておく

万が一の保険に備えて、保存先を2つ以上持っておくと安心です。

ネット上とローカル(PCやHDD内)に同じように保存しておきましょう。

 

管理人のおすすめ保存法

  1. PCか外付けHDDに保存
  2. プライムフォトでバックアップ

 

まずは、PCかあれば外付けHDDにスマホの写真をまるごとコピーします。

それと並行して、プライムフォトでネット上に写真を保存します。

グーグルフォトでもOKですが、画像が圧縮されるため、非圧縮のプライムフォトの方がおすすめです。

 

カメオタくん
2カ所に保存しておけば、どっちかがダメになっても片方から復旧することができます。

 



スマホの写真の保存方法【まとめ】

スマホの写真は撮り続けると、容量が大きくなり、動作が遅くなる原因にもなります。

こまめにバックアップをとり、普段あまり見ない写真はスマホからは削除しておきましょう。

 

プリミィなら写真にするのも安く、フォトブックが毎月無料でもらえてお得です。

万が一のために、クラウド上に写真も保存できるので安心です。

1ヶ月300円だけなので、ぜひ試してみてください。

 

スマホの写真を有効活用

 



関連コンテンツ一覧



          data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”>

スマホの写真の保存方法を知って容量不足を解消

内容をみんなに紹介する

ABOUTこの記事をかいた人

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。